2015年9月20日

「名古屋市における埋蔵文化財発掘調査体制の委託「合理化」に反対する闘いについて」(2)

Posted by fische in Activity, History, Theory

「名古屋市における埋蔵文化財発掘調査体制の委託「合理化」に反対する闘いについて」(連載2回目
新ウィンドウまたはタブで開く

Share
2015年9月13日

「名古屋市における埋蔵文化財発掘調査体制の委託「合理化」に反対する闘いについて」

Posted by fische in Activity, History, Theory

●
▲ 「名古屋市における埋蔵文化財発掘調査体制の委託「合理化」に反対する闘いについて」(新ウィンドウまたはタブで開く

名古屋市に埋蔵文化財センターをつくる計画が、1986年度予算要求で提起されたのは、いまから30年前、1985年秋のこと。埋蔵文化財の調査体制を、直営から第三セクター方式に変えるこの計画は、費用の原因者負担が拡大すること、調査の責任があいまいになること、職員の労働条件の悪化など、問題をはらむものであった、反対運動がおこなわれ、計画は撤回された。

1986年、その成果を全国の関係者に紹介するために、「名古屋市における埋蔵文化財発掘調査体制の委託「合理化」に反対する闘いについて」と題する原稿を用意し、『考古学研究』誌に投稿した。考古学研究会編集委員会とのやりとりがあったのち、掲載にはいたらなかった。

その未発表原稿を、数回にわたり連載する。筆者は、「志段味の自然と文化財を考える連絡会(準備会)」で、志段味の自然と歴史に親しむ会、名古屋歴史科学研究会、愛知県歴史教育者協議会、文化財保存全国協議会、自治労名古屋市職員労働組合教育委員会事務局支部の5団体で構成されている。犬塚が草稿をなし、全体の協議に付した結果のものである。

Share
2015年3月23日

天白・元屋敷遺跡の保存と活用を求める署名

Posted by fische in Activity, Site

字元屋敷の塚とクロガネモチの木
▲ 字元屋敷の塚とクロガネモチの木

名古屋市長と名古屋市教育委員会教育長にあてた、天白・元屋敷遺跡の保存と活用を求める署名を、志段味の自然と歴史に親しむ会が募集しはじめました。賛同いただける方は、どうぞよろしくお願いいたします。第1次集約は4月10日です。

メールによるご賛同:リンク先のページにある、送信先メールアドレスをクリックするとメールソフトが起動します。

change.orgによるご賛同:いわゆるネット署名です。

Share
2015年3月15日

天白・元屋敷遺跡の塚(3)

Posted by fische in Site

前回紹介したパンフレット『志段味の歴史を見て歩こう!』の「中志段味A遺跡」の項目から、今回も引用する。

▽尚、この他にも塚はあったらしい。
◎「才井戸流の塚(1454番地―引用者註)は、現在守山高校のプールがある所で、プール築造の際、石組みが出たという(岡島豊彦さんの話による―原註)。」

(岡本正貴1983 「守山の古墳」)

・この塚は、「明治14年調の、東春日井郡中志段味村の地図に載っていた」(岡本正貴1983 「守山の古墳」)ものとして紹介されているが、1884(明治17)年の「地籍字分全図」では既に地目は「田」となっている。

・しかし、塚はあったらしく、野田幸子さんによると、「[4–付1]と同じようなものが守山高校のプールの位置する辺りにあって、その塚にはえていた木が、整地された後もしばらくそのまま残っていた」という。

・また、吉根の河本義孝さんの言う「守山高校を作る時に字大屋敷の塚を壊したが、その塚の松の木が切れないからといわれて、お払いをしに行ったことがあった。白い蛇も出たらしい」塚は、同じ塚の事と思われる。

・但し、才井戸流1454番地は、プールではなく、グランド東南隅に当たる。      [4–付5]

(略)

【参考文献】

○岡本正貴1983 「守山の古墳」(『もりやま』第2号 守山郷土史研究会(1)

前回掲示した地図の4–5が、この塚の場所である。守山高校が出来る以前の、都市計画図や空中写真には認められない。なお、野田幸子さんの話に出てくる4―1は、字元屋敷の塚のことである。

  1. 『志段味の歴史を見て歩こう!』、志段味の自然と歴史に親しむ会、1984年、7頁。
Share
2015年3月8日

Sticky: 第2回天白・元屋敷遺跡シンポジウム

Posted by fische in Activity, Site

2回目の天白・元屋敷遺跡のシンポジウムが開催されます。どうぞ、ご参加ください。詳しくは、次のURLのリンク先でご覧ください。
http://shitashimu.shidami.nagoya/tem-moto.php

第2回シンポジウム 天白・元屋敷遺跡
川湊・居館・志段味城を
考古学・古代史・中世史研究から検証する

日時
2015年3月21日(春分の日・土)午後1時~4時30分

会場
中部大学 名古屋(鶴舞)キャンパス 6階大ホール
JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ
地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100m

パネリスト
考古学研究から 伊藤秋男氏
古代史研究から 福岡猛志氏
中世史研究から 青山幹哉氏

主催
志段味の自然と歴史に親しむ会
名古屋歴史科学研究会

入場無料

Share
2015年3月1日

天白・元屋敷遺跡の神社跡

Posted by fische in Site

「中志段味地区遺跡分布図」(部分)
▲ 「中志段味地区遺跡分布図(1)」(部分)

1984年12月16日に、志段味の自然と歴史に親しむ会が中志段味で開催した見学会には、折り込み図版1、全58頁のパンフレット『志段味の歴史を見て歩こう!(2)』が用意されて、貴重な情報を多く提供した。そのうち、「中志段味A遺跡」の項目に、次の記載がある。

▽1884(明治17)年の「地籍字分全図」によれば、以下の記載がある。(氾濫原関連分のみ)
・「塚」・・・字宮浦、細長い区画(1048番地。当時―以下同)

[残存。現在の地点は4–付2。]

・「村社」・・・字宮浦、三角形の区画(1108番地)

[残存、現在の地点は4–付3。尚、教育委員会が発掘調査を行なう「B地点・F地点」は、この中に当たる。]

・「小社」・・・字西田。台形の区画(1432番地)

[滅失。守山高校敷地内、4–付4]

▽江戸時代、17921796(寛政48)年の村絵図に(財団法人徳川黎明会蔵)には、この地に「熊野権現」と「天王」の二つの神社が載っている(3)

このうち最初の「塚」は、前回の記事写真の⑤である。別の機会に詳述したい。

寛政8年の村絵図と対比すると、「村社」は「天王」に、「小社」は「熊野権現」にあたる。1984年頃に94歳だった人の話では、熊野権現の場所を「おみやばた(お宮畑)」、天王の場所を「てんのうやぶ(天王薮)」と呼ぶことのほか、「熊野権現は7歳、8歳の頃まであった」「天王さんには提灯を灯しにいった」などの証言を得ている。

  1. 『志段味の歴史を見て歩こう!』、志段味の自然と歴史に親しむ会、1984年。
  2. 同書。
  3. 同書、6–7頁。
Share
2015年2月15日

天白・元屋敷遺跡の塚(2)

Posted by fische in History, Site

天白・元屋敷遺跡の空中写真〔加筆あり〕(国土地理院「地図・空中写真サービス」、CB855-C1-4(http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=285684、1985年4月28日撮影))
▲ 天白・元屋敷遺跡の空中写真(部分・クリックすると塚分布図)

天白・元屋敷遺跡の一帯には、字元屋敷の塚(空中写真①)のほかにも、塚がいくつかあった。

字宮浦(東半)の「つかのにし(塚の西)」は、地名の東側にあたる「びぎゃあてん(弁財天)」に塚があったことを暗示しており、野田美幸も「この辺に塚があったのかな?」と添えている。

いまは削り取られてしまったが、1980年代には小規模な塚状の高まりが複数(空中写真②~⑤)あった。外見は、耕作時に出た礫などを集めたもののようだったが、それらを指してつかのにしと言ったのだろうか。

あるいは、びぎゃあてんそのものを塚と呼んだのかもしれない。びぎゃあてんは、前方後円形の後円部にもあたり、全体が大きな塚だったことも、考えられないわけではない。

※天白・元屋敷遺跡の空中写真は、国土地理院「地図・空中写真サービス」、CB855-C1-4(http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=285684、1985年4月28日撮影、を使用し、野田美幸「中志段味の地名調べ」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』第31号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1992年6月10日、9-11・14頁、の地名、字名などを加筆した。

Share
Top