2014年10月25日

10・25平博闘争45年を記念する

Posted by fische in Activity, History

●
▲ 『10・25闘争意見陳述』第1集、全国考古学闘争委員会連合、(1972年1月18日)、表紙(部分)。

日本考古学協会解体!10・25平博闘争45年を記念する。

10月25日、私達が入場して5分余り後、受付にもどり係り員等と入場制限の不当性、入場の必然性等について話して合っている時に、機動隊の諸君が平安博物館に来て「暴力学生を一人も逃がすな」等と叫び、入口を固め、退去命令等警告も一切ないまま、すぐさま警棒を抜いておそいかかってきたのであります。当時、私達は手になにも「兇器」等は持たず、全く無抵抗であり、この様な機動隊諸君の暴行は予想しなかったので、その意志も用意もありませんでした。従って、その様な私達に対して突如暴行に出た行為は、はじめから私達を所謂「暴徒」と決めつけた上での行動であり、何も暴力をふるっていない、その意志もなかった私達に対し、いきなり警棒を抜いておそいかかり、仲間の女子学友の頭を割る等の暴行はまさに過剰警備に他ならず、私達の入場の必然性と相まって、この過剰警備によるところの私達の逮捕は極めて不当であると考えます。くり返しますが、この様な警備は当然協会側と警察側の周倒な事前の相互の連絡があってはじめて形づくられたものであり、事実、江坂委員等がかなり以前から警察庁と話し合っていたという事や、平安博物館々長角田文衛氏等が文化庁建造物課から京都五条署へ、警備を要請してもらいたい旨申し入れたり、又同じく角田氏が、前日、10月24日に五条署から私達を建造物不法侵入罪で検挙する為の口実として関係者以外立入禁止の立て看板を立てる様に指示を受けた事や、当日、受け付けに五条署から出向いて来た私服警官を座らせていた事を知るに至っては、明らかに警察の不当な介入であると考えます。この様に、極めて編見に満ち満ちており、春の総会で提起された問題を自らに帰って深刻に検討する事もなく、私達を「暴力学生」「破壊者」と決めつけ、一切私達を警備の対象としてしかとらえられない協会は極めて不当であると考えます(1)

  1. 岡本俊朗[意見陳述]『10・25闘争意見陳述』第1集、全国考古学闘争委員会連合、(1972年1月18日)、23-24頁。
Share
2014年9月21日

蛸畑遺跡〔7〕

Posted by fische in History, Site, Theory

蛸畑遺跡の「物語」は、少なくとも次の三項から成り立っている。

  • 近世の文献に記述があること。
  • 貝が出土すること。
  • 吉田富夫が関与すること。

この構造は、蛸畑遺跡が最初ではなかった。吉田が沢観音堂貝塚址(1)として紹介したものをはじめ、類例はいくつかあるが、西志賀貝塚と御塚を以下に見よう。

西志賀遺跡については、綿神社の西方に「貝塚」と呼ぶ場所のあることが『尾張名所図会』後編に記されていて、そのことを吉田が紹介している(2)。この報告以降に西志賀貝塚の前期弥生土器研究で、吉田が考古学界の第一線に登場していったことにあきらかなように、西志賀貝塚は吉田にとって記念すべき遺跡であった。紅村弘が書いた「この名所図会に記載あることは、吉田氏の父君が見出されたものという(3)」ことも考慮すると、吉田には格別の意味を持つ遺跡であったに違いない。

御塚は、『金鱗九十九之塵』巻九十に記述があること、貝が出ること、そして吉田富夫が熱心に調べていた。これに関連して、「昭和三十九年夏、沢上中学南西隅にプールを設けたとき、大量の貝殻が出たことを、同校卒業生で桜台高校生であった岡本俊朗君(今は岡山大学で考古学専攻の学生)から聞き、もしまた将来何か工事が行なわれるようだったら知らせてほしいと頼んでおいたところ、昭和四十一年七月体育館等増設工事のこと聞き、早速六日に実査した」が、江戸時代の貝塚だったため、「私はひそかに縄文の、それも古い時期のものを期待していたのに―(4)」と、落胆を隠さない吉田であった。

このように見来たるときに、蛸畑遺跡は、吉田富夫が見た最後の夢だったと言える。その最初は、言うまでもなく、正夢として始まった西志賀貝塚であった。

そして、吉田の夢をなぞる生徒たちがいた。御塚に岡本俊朗が、蛸畑遺跡に私が。構造的であるがゆえに、吉田じしんが御塚や蛸畑遺跡の虜になったように、生徒たちにもわかりやすかったのだろう。

私は、蛸畑遺跡を踏査したのちじきに堀越町遺跡に遭遇する。この遺跡は、西志賀貝塚に近く、吉田は船人夫町貝塚(5)と呼んでいた。西志賀貝塚が所在する地の一方の字名「船人作」と酷似するこの名の地の遺跡に、吉田が西志賀貝塚の夢を投影していたとしても不思議ではない。堀越町遺跡も、吉田の夢の最後のひとつだったと思うのである。

これにて、蛸畑遺跡の連載は終了するが、連載中、蛸畑遺跡について飯尾恭之氏から教示いただく好機を得た。かつて私が、『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図(6)』を手がかりに踏査した場所は台地上だが、飯尾氏が発見し吉田富夫に示した場所は低地だったとのことである。このことを当時のわたしは知らなかったため、同地図の指示する地点を現地に復しての作業であった。地図の誤差による誤解も含めて、「蛸畑遺跡」が人々にいかに伝えられ、理解されていったかという、いわば民族誌的な視点で行文してきたことを付記する。

  1. 吉田富夫「沢観音堂貝塚址」『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、14頁。
  2. 吉田富夫「尾張国名古屋市西志賀貝塚に就いて」『考古学雑誌』第23巻第6号、日本考古学会、1933年6月5日、40頁。
  3. 名古屋市文化財調査保存委員会(吉田富夫・紅村弘)『名古屋市西志賀貝塚』(文化財叢書第19号)、名古屋市経済局貿易観光課、1958年1月3日、7頁。
  4. 吉田富夫「郷土の考古学入門(7)―中央部(東・中・熱田区)の巻(3)―」『郷土文化』第23巻第3号、名古屋郷土文化会、1969年3月、35頁。
  5. 吉田富夫「則武向貝塚・船人夫町貝塚」『名古屋の史跡と文化財』、前掲書、23-24頁。
  6. 『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日。
Share
2014年5月31日

見晴台学園

Posted by fische in Activity, History

池田陸介先生の著書の著者紹介には、「退職後、南社教センター、見晴台考古資料館、見晴台学園、豊田高専(1)」として、先生の活動の場が列記されている。過日池田先生とお会いしたとき、そのうちの「見晴台学園」(http://www.miharashidai.com/)に話題がおよんだ。

同学園設立前後、関係の方たちが池田先生を見晴台考古資料館にたずねて来られたという。相談を受けた池田先生は、以後同学園に深く関わってゆく。南区で誕生した同学園は、見晴台の名を冠するのであった。

見晴台の理性は、考古学にとどまることなく、自由に拡張していった。小原博樹が、岡本俊朗が、そうであったように―。大衆の考古学の精神は、物質化していったのである。

北海道家庭学校(http://kateigakko.org/)の第5代校長をつとめた谷昌恒を想起しよう。東大地質の教員の将来を嘱望されながら、終戦直後の戦災孤児に打たれ、それまでの専門を離れて社会福祉へと進んだその人、その精神、その物質を。

一昨年か一昨々年、大須通を西へ向かい、黄金跨線橋をくぐってさらに行ったとき、見晴台学園と書かれた建物に出くわすことがあった。「ああ、ここなのか・・・」。中川区にある見晴台学園は、いまもなお、「見晴台」と有縁なのだ。

  1. 「Amazon.co.jp: あゆち風土記: 池田 陸介: 本」http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%A1%E9%A2%A8%E5%9C%9F%E8%A8%98-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%99%B8%E4%BB%8B/dp/4885193524、2014年5月28日
Share
2014年5月17日

「考古学だけやっていると頭が悪くなる」

Posted by fische in History, Miscellanea

小原博樹は、岡本俊朗を回顧して、次のように書いていた。

さて、名古屋に帰ってくることになった彼が「考古学だけやっていると頭が悪くなるから運動を紹介してくれ」(彼独特のいいまわしですので誤解なきよう)ということで、数年の間、見晴台と差別撤廃運動で歩みを共にした(1)

「頭が悪くなる」ことを「バカ」と言うならば、岡本の謂いは「専門バカ」批判のレトリックである。

私もこれをよく聞いていたが、職場の上司だった三輪克さんは、さらに、「専門バカではなくバカ専門」と言っていた。「専門をやっているとバカになるのではなく、バカが専門をやっているのである」と。名古屋大学の坂田昌一のもとで学んだ人らしく、〈理論的〉であった。

  1. 小原博樹「韓国、朝鮮問題、差別撤廃運動と岡本さん」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記─日本考古学の変革と実践的精神─』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、179頁。
Share
2014年4月19日

戸坂潤

Posted by fische in History, Theory

 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)
▲ 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)

過日刊行された『伊勢湾地域古代世界の形成』に、次のようにある。

この運動の過程で昭和堂クラブと呼ばれる市民の学習会を催す。昭和堂書店を会場に岡本俊朗君、桜井隆司、犬塚康博君たちと戸坂潤の『日本イデオロギー論』などを輪読したのを憶えている(1)

『日本イデオロギー論』は記憶にないが、「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」は憶えているし、そのときのブルーコピーがいまも手許にある。『イデオロギーの論理学』のなかの二章で、齋藤宏さんが用意された。この学習の成果が、「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―(2)」である。

このほかに、フリードリヒ・エンゲルス『猿が人間になるにあたって労働の役割』、考古学研究会編『新しい日本の歴史』を読んだ。

なお、『イデオロギーの論理学』は以下で読める。
青空文庫
Kindle版

  1. 伊藤禎樹「あとがきにかえて―わたしの考古学」伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日、375頁。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。
Share
2014年4月12日

マルクス主義歴史学の系譜

Posted by fische in History, Theory

1983年の岡本俊朗急逝後、2年をかけてつくった遺稿追悼集に、「日本考古学の変革と実践的精神」の副題をつけた(1)。これは、三澤章(和島誠一)の「日本考古学の発達と科学的精神(2)」の、いわゆる本歌取であり、提起したのは齋藤宏さんだったと憶う。辻内義浩さんだったかもしれない。

伊藤禎樹さんの『伊勢湾地域古代世界の形成(3)』は、藤間生大の『東アジア世界の形成』であろうか。

伊藤さんは、高校生の頃に「学校の図書館で出版されたばかりの藤間生大『日本民族の形成』に心を揺さぶられる(4)」ことがあったと書いている。

「このような問題を少くとも自覚的にとりあげたのは藤間生大氏の『東アジア世界の形成』だけではないか(5)」と評したのは石母田正であり、このような問題とは「「交通」を媒介とするこの「内」と「外」との相互関係、両者の相互転化と相互浸透の問題(6)」の、近代史と古代史とでの差異性の如何であった。

そして伊藤さんは、「政治勢力相互の戦争状態をも含む広義の交流である石母田正のいう「交通」の意義に思いをいたす(7)」とも書く。

マルクス主義歴史学の系譜がある。

  1. 岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日。
  2. 三澤章「「日本考古学の発達と科学的精神」『唯物論研究』第60号、唯物論研究会、1937年10月1日、104-115頁、同「日本考古学の発達と科学的精神(二)」『唯物論研究』第62号、唯物論研究会、1937年12月1日、120-135頁。
  3. 伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日。
  4. 同「あとがきにかえて―わたしの考古学―」、同書、369頁。
  5. 石母田生「古代における「帝国主義」について―レーニンのノートから―」歴史科学協議会編『歴史評論』No.265、株式会社校倉書房、1972年8月1日、46頁。
  6. 同論文、46頁。
  7. 伊藤禎樹「はじめに」、前掲書、9頁。
Share
2014年1月11日

朝日遺跡群破壊43年を記念する

Posted by fische in Activity, History, Homage, Site

43年前のいまごろである。清洲町(当時)朝日にある大遺跡の一帯に重機が入り、大規模破壊を開始したのは。

ところで、朝日遺跡群(1982年以降は朝日遺跡)破壊事件と保存運動に言及した所論に接した記憶がない。私が、忘れているだけなのだろうか。愛知県の考古学の状況を批判した渡辺英樹の論文「愛知県下の考古学研究者―戦後の潮流― 」(1)」も、数行触れるだけであった。あるのは、行政権力による万歳総括だけである。この不健全な社会。38度線以北の同工異曲。

そういう事情もあったからだろう。この問題を論じようとしていた岡本俊朗のメモを、よく憶えている。できあがった遺稿追悼集では、コメントでひとことするにとどまったが(写真(2))、もとのメモはもう少し具体的なものであった。いまただちに、岡本の書いた原本にアクセスできないため、ここではコメントの草稿を掲げる。

当時の岡本の課題意識を、そのまま再現して展開することはすでにかなわぬが、1971年の朝日遺跡群破壊事件と保存運動の意味は問われてしかるべきである。

彼の一時期のノートには、「学問論」に関するメモがいたる所に残されている。これを詳細にたどると、当時愛知県下で問題化していた、朝日遺跡群保存運動に対する批判として書かれようとしてたものである事が判る。「遺跡保存運動の論理」と題されたこの草稿は、

Ⅰ.環2と土地改良事業と朝日遺跡群

Ⅱ.71年度中の朝日遺跡群の保存運動(朝日遺跡群保存会、東海の文化財を守る会)

Ⅲ.かつての保存運動と論理―新しい萌芽、賀茂の場合

Ⅳ.保存運動の論理と〈学〉の社会への権力志向(社会的存在価値の確立)

という構成で、構想されており、「学問論」はこの前提―プロローグないしはエピローグ?として用意されていたようである。
現在、手許に残されているメモは、いずれも断片的なものである。しかしそこに展開されている内容は、彼の〈学〉に対する考え方が判るものであり、捨象し難いため、その中で一番文章化されている稿を軸に据えて、他の稿で展開されている内容・表現等を挿入する等して、編集した。原則的に、全文彼の文章で構成し、若干の接続詞等補った。

「学問論」コメント
▲ 「学問論」コメント

  1. 渡辺英樹「愛知県下の考古学研究者―戦後の潮流― 」『プロレタリア考古』第15号、「プロレタリア考古」編集局、1974年11月1日、2-3頁。
  2. (「学問論」コメント)岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、143頁。
Share
Top