2015年9月6日

小原博樹忌

Posted by fische in Homage

あすは小原博樹さんが亡くなって3年。2012年9月7日逝去。

2014年11月26日

「大衆の考古学」42年を記念する

Posted by fische in Activity, Theory

42年前のきょう、「大衆の考古学」が実践的かつ理論的に登場した。考古学運動、考古学闘争におけるその世界史的意義については、追って明らかにしたい。

「大衆の考古学」の第一文献は次のとおり。これまで著者を明示してこなかったが、ご本人に了解いただいたので、以後明記する。

斎藤宏「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。

2014年9月7日

小原博樹三回忌

Posted by fische in Homage

小原博樹、2012年9月7日逝去。

2014年6月9日

沃野千里に眠る人

Posted by fische in Homage

2014年年6月8日
▲ 2014年年6月8日

昨夕、小原博樹さんのお墓参りをする。ご長男真史さんにあないいただき、齋藤宏さんと。

朝日遺跡群にじかに地続きの、沃野に眠っておられた。広い空、広い地面。

ずっと来なかった、あるいは二度と来なかったかもしれない朝日遺跡群。自発的に来たのは去年、40余年ぶりのこと。小原さんが呼んだからだろうか。東海の文化財を守る会、と。

2014年5月31日

見晴台学園

Posted by fische in Activity, History

池田陸介先生の著書の著者紹介には、「退職後、南社教センター、見晴台考古資料館、見晴台学園、豊田高専(1)」として、先生の活動の場が列記されている。過日池田先生とお会いしたとき、そのうちの「見晴台学園」(http://www.miharashidai.com/)に話題がおよんだ。

同学園設立前後、関係の方たちが池田先生を見晴台考古資料館にたずねて来られたという。相談を受けた池田先生は、以後同学園に深く関わってゆく。南区で誕生した同学園は、見晴台の名を冠するのであった。

見晴台の理性は、考古学にとどまることなく、自由に拡張していった。小原博樹が、岡本俊朗が、そうであったように―。大衆の考古学の精神は、物質化していったのである。

北海道家庭学校(http://kateigakko.org/)の第5代校長をつとめた谷昌恒を想起しよう。東大地質の教員の将来を嘱望されながら、終戦直後の戦災孤児に打たれ、それまでの専門を離れて社会福祉へと進んだその人、その精神、その物質を。

一昨年か一昨々年、大須通を西へ向かい、黄金跨線橋をくぐってさらに行ったとき、見晴台学園と書かれた建物に出くわすことがあった。「ああ、ここなのか・・・」。中川区にある見晴台学園は、いまもなお、「見晴台」と有縁なのだ。

  1. 「Amazon.co.jp: あゆち風土記: 池田 陸介: 本」http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%A1%E9%A2%A8%E5%9C%9F%E8%A8%98-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%99%B8%E4%BB%8B/dp/4885193524、2014年5月28日
2014年5月17日

「考古学だけやっていると頭が悪くなる」

Posted by fische in History, Miscellanea

小原博樹は、岡本俊朗を回顧して、次のように書いていた。

さて、名古屋に帰ってくることになった彼が「考古学だけやっていると頭が悪くなるから運動を紹介してくれ」(彼独特のいいまわしですので誤解なきよう)ということで、数年の間、見晴台と差別撤廃運動で歩みを共にした(1)

「頭が悪くなる」ことを「バカ」と言うならば、岡本の謂いは「専門バカ」批判のレトリックである。

私もこれをよく聞いていたが、職場の上司だった三輪克さんは、さらに、「専門バカではなくバカ専門」と言っていた。「専門をやっているとバカになるのではなく、バカが専門をやっているのである」と。名古屋大学の坂田昌一のもとで学んだ人らしく、〈理論的〉であった。

  1. 小原博樹「韓国、朝鮮問題、差別撤廃運動と岡本さん」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記─日本考古学の変革と実践的精神─』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、179頁。
2014年4月19日

戸坂潤

Posted by fische in History, Theory

 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)
▲ 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)

過日刊行された『伊勢湾地域古代世界の形成』に、次のようにある。

この運動の過程で昭和堂クラブと呼ばれる市民の学習会を催す。昭和堂書店を会場に岡本俊朗君、桜井隆司、犬塚康博君たちと戸坂潤の『日本イデオロギー論』などを輪読したのを憶えている(1)

『日本イデオロギー論』は記憶にないが、「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」は憶えているし、そのときのブルーコピーがいまも手許にある。『イデオロギーの論理学』のなかの二章で、齋藤宏さんが用意された。この学習の成果が、「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―(2)」である。

このほかに、フリードリヒ・エンゲルス『猿が人間になるにあたって労働の役割』、考古学研究会編『新しい日本の歴史』を読んだ。

なお、『イデオロギーの論理学』は以下で読める。
青空文庫
Kindle版

  1. 伊藤禎樹「あとがきにかえて―わたしの考古学」伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日、375頁。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。
Top