2014年11月26日

「大衆の考古学」42年を記念する

Posted by fische in Activity, Theory

42年前のきょう、「大衆の考古学」が実践的かつ理論的に登場した。考古学運動、考古学闘争におけるその世界史的意義については、追って明らかにしたい。

「大衆の考古学」の第一文献は次のとおり。これまで著者を明示してこなかったが、ご本人に了解いただいたので、以後明記する。

斎藤宏「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。

2014年8月17日

蛸畑遺跡〔5〕

Posted by fische in History, Site

蛸畑貝塚
緑区鳴海町蛸畑
『尾張志』などに、鳴海宿の東北三十丁、蛸畑の地は海岸から三十丁も遠く距つのに、海の貝殻を出すことがしるされていて、貝塚の存在を暗示する記事が見える。
現在のどこに当たるかが長年の問題であつたが。結局蛸畑の地名が古来細根の西をさすことが、正徳五年(一七一五)九月の『見取り新田畑たこ畑・ほそね・おく新田小作帳』(家蔵)の存在によつて知られ、現在もその字名で呼ばれているし、相原から川を渡つて細根へ通ずる道路の、水田から台地の畑にかかる西側の台地縁に、ハマグリ・カキ・アサリ・シジミを出すことを実見し得たので、『尾張志』等の記載は、鳴海からの方角、実は南東なのを誤つて記載したものと判断してよかろう。(吉田(1)

前回の「蛸畑」に新しい情報が加わっている。この間に吉田は、「見取り新田畑たこ畑・ほそね・おく新田小作帳」を入手し、現地踏査をおこなった。その詳細は、「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置(2)」に発表されている。上記は、その結果のダイジェストである。

  1. 吉田富夫「蛸畑貝塚」尾崎久弥・佐々木隆美・城戸久・市橋鐸・坪井忠彦・伊藤亮三・吉田富夫・芥子川律治・藤井制心・高木栄一郎・岡本柳英・小島広次・林董一・水野時二・桜井龍一『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、18-19頁。
  2. 吉田富夫「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置」『名古屋考古学会会報』11号、名古屋考古学会、1969年6月1日、8頁。
2014年6月8日

堀越町遺跡発見44年

Posted by fische in History, Site

堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場
▲ 堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場

名古屋市西区の堀越町遺跡(1)が発見されたのは、44年前のきょう。東洋レーヨンのグランド入り口内側でおこなわれていた工事現場で。月曜日であった。私の人生を、少なからず左右することになる事件であった。

  1. 飯尾恭之・犬塚康博「名古屋市堀越町遺跡調査概報」『古代人』第24号、名古屋考古学会、1972年9月15日、13-22頁。
2014年4月5日

蛸畑遺跡

Posted by fische in History, Site

名古屋市緑区の蛸畑遺跡を踏査したのは、44年前のきょう。

吉田富夫「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置(1)」に刺激されてのことだったように思う。くわえて、東枇杷島、名西橋と、西区の庄内川沿いを生活圏としてきた10代の私にとり緑区は別世界だったが、1969年夏の第8次見晴台遺跡発掘調査参加を経て、同様に別世界の南区、名鉄笠寺駅まで行動範囲が広がっていたことが、緑区への延長を容易にしたと言える。

かくして名鉄名古屋本線の有松駅で降り、11時から15時頃にかけて歩いた。3箇所で貝殻の散布を見るが、農作業者への聴き取りなどから新しいものではないか、というのが当時の印象である。そのうち1箇所で、条痕のある土器片1点を採集。

ところで、撮影データのない一連の写真がある。蛸畑遺跡踏査時のものと記憶してきたが、今回、当時の都市計画図と比較して、そうであることがわかった。4棟の民家が写真と地図(赤色)とで対応する。現在、民家のある場所は、名古屋第二環状自動車道が通っている。

S48-S52 名古屋市都市計画基本図(一部改変)
▲ S48-S52 名古屋市都市計画基本図(一部改変)

蛸畑遺跡 1970年4月5日 〔2/4〕
▲ 蛸畑遺跡 1970年4月5日 〔2/4〕

  1. 吉田富夫「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置」『名古屋考古学会会報』11号、名古屋考古学会、1969年6月1日、8頁。
2013年11月21日

吉田富夫忌

Posted by fische in History, Homage

その日私は、名古屋考古学会の定期大会にゆき、最新刊の『古代人』の記事と吉田富夫の欠席に異変を感じた。しかし、それ以上に思うことは何もなかった。出席の人の多くがそうだっと思う。

さて、本会発足以来会長として発展のため御尽力いただきました吉田富夫氏に11月より会長をやめていただきました。まことに残念なことではありますが、同人会にて数次にわたり討論しての結果ですので、会員各位におしらせ致します。
その理由は「見晴台遺跡発掘団」の性格が同人会の問題となりました。すなわち名古屋市教育委員会社会教育課は名古屋考古学会へ見晴台遺跡の発掘を一度も依頼したことはなく、名古屋市文化財調査委員の吉田富夫氏へ団長を依嘱したと言明しており、吉田氏自身もまた10月の同人会でその通りであったと證言せられた。すなわち名古屋考古学会が見晴台遺跡の発掘には一度も参加したことはないという解釈であります。これにより、当会は吉田会長により無視されていたという事実がはっきりしました。かかる誤解は吉田氏が会長である限りづっとつづき、無用の混乱をまねきますので会長の地位をさっていただいたわけです(1)

その日、奥さまが帰宅されると、ご主人は亡くなっておられた。奥さまはどうしてよいかわからず、隣家に助けを求められた。隣人は、そのままにして連絡されるようすすめた。

(筆者はさる21日に死去した市文化財調査委員吉田富夫氏、本稿は同氏の絶筆である)(2)

11月25日から翌年3月20日にかけて、『中日新聞』市民版の題字下に「遺跡ここかしこ」が100回連載される。主なきまま。

昨年の11月21日、定期大会を名古屋市瑞穂図書館で盛会裡に終了したが、同日夕刻元吉田富夫会長が急逝されたことを翌日知らされ、思いもかけぬ悲しみであった。23日午後2時、自宅で告別式があり多数の会員、同人がお別れに集り、会も御仏前を供えた。
本号では故人と永い御交際のあった北村斌夫先生におねがいをして故人の面影を綴っていただいた。吉田先生の御冥福を祈る(3)

みんな、イントラ・フェストゥム(木村敏)だったのだ。

8年後には見晴台考古資料館を見られたのに。
6年後には博物館が見られたのに。

  1. 三渡俊一郎「事務局だより」『古代人』第21号、名古屋考古学会事務局、1971年11月20日、14頁。
  2. 吉田富夫「遺跡ここかしこ はじめに・・・」『中日新聞』、1971年11月25日。
  3. 三渡俊一郎「事務局だより」『古代人』第22号、名古屋考古学会事務局、1972年2月20日、27頁。
2013年10月19日

見晴台最初の「現地見学会」

Posted by fische in Activity, History

『見晴台発掘ニュース』No.10(臨時増刊号)、見晴台遺跡発掘調査団、1972年8月6日、1-6頁。
▲ 『見晴台発掘ニュース』No.10(臨時増刊号)、見晴台遺跡発掘調査団、1972年8月6日、1-6頁。

見晴台遺跡第10次発掘調査で、はじめて「現地見学会」がおこなわれた。1972年8月6日(日)の午前、午後の2回。翌日の『見晴台発掘ニュース』は次のように伝えている。

見学会! 成功のうちに終わる!! 約400人の市民を向えて!!
昨日は、市民に呼びかけて発掘見学会が行なわれました。すでに数日前からこの見学会のために、わたしたちは付近の家々にビラ配りをしたりしていろいろな準備をしてきましたが、その努力の成果があってか、午前・午後2回の見学会にいずれも200人近い市民の参加をかちとることができました。これは、おそらく見晴台はじまって以来の人間ラッシュだったと思います(1)

現地見学会は、いくつかの事業のひとつとしておこなわれた。

発掘期間中、見晴台では、数々の企画を試み実行に移していった。毎日の見晴台ニュースの発行、案内板の設置、作業前後の集会、周辺遺跡の見学会、参加者全員の討論会等は、参加者が見晴台遺跡の性格と調査の目的をできるだけ理解しあい、同時に、発掘を通じて考古学の方法をともに学んでいくための試みであった。さらに、見学者へのニュースの配布と説明、現地見学会なども企画実行された(2)

参加者向けと見学者向けの事業があった。両者を通じて、「見晴台遺跡の保存と活用への一般市民の参加の糸口(3)」を開いていこうとしたのである。

「市民参加」それ自体は、過去の調査でもおこなわれていた。会員非会員を問わず何らかのかたちで名古屋考古学会に有縁の人であれば参加することができた。このことはハードルの高さを言っているのではない。蓬左グループが参加していたし(4)、私も中学生で参加することができた。

しかし、それはあくまで考古学プロパーとその周辺という「内部」にとっての市民参加であり、第10次発掘調査以降求められたのは、「内部」と「外部」すなわち非考古学プロパーとの障壁の撤廃であった。先の現地見学会の報告は、次のように続けた。

薄曇りの空もようとはいえ、風のないむし暑い状態の中で、約30分の大参先生の話に熱心に耳をかたむけ、遺構に目をくばる人々のようすをみて、みなさんはどう感じたでしょうか? なにかみせ物みたいでいやだ!だとか、発掘の邪魔になる!だとか言っていた人もあるようですが、見晴台遺は決してわたしたちだけのものではないのだ!ということを充分考えてほしいと思います(5)

そして、「見晴遺跡はみんなのものだ!と大声で言えるような発掘、さらには史跡公園をきずくために、これからも見学者を暖かく向え、見晴台遺跡を充分理解してもらおうではありませんか(6)」と結んでゆくまで、くどいくらいに見晴台遺跡の開放の意義、方法を説いていた。

いまや発掘調査の見学会は、工程化して、「内部」と「外部」の障壁を隠蔽し、専門権力を固定化するまったき装置である。しかし、見晴台遺跡では、これに対立するものとして始まった。その意味で、『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』の表紙・裏表紙に、見学者と参加者が集合する現地見学会の写真を使用したのは、「社会教育としての見晴台」の正しい表象だったのである。


▲ 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、表紙・裏表紙。

  1. 「見学会! 成功のうちに終わる!! 約400人の市民を向えて!!」『見晴台発掘ニュース』No.12、見晴台発掘調査団、1972年8月7日、1頁。
  2. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、6頁。
  3. 同書、6頁。
  4. 「しゃもじ持つ手で土器発掘/蓬左婦人グループ/見晴台遺跡に取組む/発足4年 最高68歳の”情熱”」『朝日新聞』、市内版、1971年8月4日。
  5. 「見学会! 成功のうちに終わる!! 約400人の市民を向えて!!」、1頁。
  6. 同記事、1頁。
2013年9月28日

見晴台と名考会に関する問題提起

Posted by fische in Activity, History

▲ 「見晴台と名考会に関する問題提起」のパンフレット、1972年5月・11月。

小原博樹の行動、言動等を通じて、1972年、1973年頃の見晴台の一端を見てきたが、これは、見晴台遺跡の発掘調査と公園化の進め方が、それ以前と大きく変わろうとしていたときの、独り小原にとどまらない集合的な体験であった。

1972年に2度おこなわれた「見晴台と名考会に関する問題提起」が、運動としての見晴台の、直接のはじまりである。用意されたパンフレットの、1度めの全文と2度めの一部が、『見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-(1)』に復刻されている。その際に、私が書いたコメントは次のとおり。

市民参加の見晴台遺跡発掘調査の確立とは、即ちそれを担う主体の確立であり、在野の研究団体たる名古屋考古学会を通じてその実現を構想する事は、必然であった。そして、それは名考会の運営体制の改革をも意味し、その実現を迫る事になった。彼(岡本俊朗のこと─引用者注)と伊藤禎樹・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂の会員諸氏によって、名考会の’72年春の大会(5月21日)席上、問題提起はなされた(2)

名考会の’72年秋の大会(11月26日)に於て、問題提起は、彼(岡本俊朗のこと─引用者注)と伊藤禎樹・犬塚康博・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之ら会員諸氏によって再びなされた。この時既に、第10次見晴台遺跡発掘調査の成功、桜本町遺跡破壊事件への直面という経験を得ており、問題提起は、その報告という性格を帯びた。これを機に、〈在野の研究者集団〉という回路を離れ、より直接的に〈非専門家たる市民〉が、見晴台の主人公となっていくのである(3)

第1次から第8次が、まずあった。そして、第10次とその前後の「見晴台と名考会に関する問題提起」が、それ以降を決定した。そのとき、第9次はアモルファス(4)となった。

見晴台の転換期が、急ぎ足で通り過ぎていった。

  1. 岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、1-588頁。
  2. 同書、103頁
  3. 同書、113頁
  4. 夏の遺跡(2)」『ore nest : blog』、2011年9月29日。
Top