30年めの8月、32年めの8月

見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日
▲ 見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日

見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日
▲ 見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日

見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日
▲ 見晴台遺跡の赤松啓介氏 1985年8月4日

(承前)そして、赤松啓介氏がはじめて見晴台遺跡に立たれた8月から、30年である。

1985年8月3日(土)夕方、名古屋市千種区の王山会館(現在のルブラ王山)で、『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記―日本考古学の変革と実践的精神―』の「出版記念大パーティー」が開催された。大阪からの参加者の自動車に同乗して、神戸から赤松氏が駆けつけられた。翌4日(日)は、午前中に見晴台遺跡第24次発掘調査と考古資料館の見学、ならびに映画「遺跡を掘る」を鑑賞し、午後、八事霊園で墓参した。

それから30年めの8月、岡本さんが逝ってから32年めの8月が、過ぎる。

Share

「名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い」開催29年を記念する

『名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い資料集』(表紙)
▲ 『名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い資料集』(表紙、部分)

あす20日は、「名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い」開催から29年。埋文センター策動を粉砕した運動の一階梯。資料集の装丁は、29年前のわたくし。

資料集目次
名古屋市の埋蔵文化財保護行政の経過と現状 1-8
財団法人愛知県埋蔵文化財センターの現状 9
埋蔵文化財ニュース 10-16
見晴台考古資料館の活動~遺跡の活用を中心に~ 17-18
文化財保護の強化(文化課文化財係) 19
志段味地区文化財の取り扱いについて 20-28

Share

『日刊あした』No.1615発刊29年を記念する

●
▲ 『日刊あした』No.1615(1面・部分、PDFファイル on click)

29年前のきょう、「名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い」を告知する『日刊あした』No.1615が発刊された。『日刊あした』は、名古屋市職員労働組合教育委員会事務局支部機関紙。裏面に「名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集いへの呼びかけ」(下記)を掲載。この号の制作・編集は、29年前のわたくし。

名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集いへの呼びかけ
残暑もようやく峠を越して、日増しに秋の気配深まる頃となりました。皆様には益々ご健勝のことと存じます。 続きを読む →

Share

見晴台学園

池田陸介先生の著書の著者紹介には、「退職後、南社教センター、見晴台考古資料館、見晴台学園、豊田高専(1)」として、先生の活動の場が列記されている。過日池田先生とお会いしたとき、そのうちの「見晴台学園」(http://www.miharashidai.com/)に話題がおよんだ。

同学園設立前後、関係の方たちが池田先生を見晴台考古資料館にたずねて来られたという。相談を受けた池田先生は、以後同学園に深く関わってゆく。南区で誕生した同学園は、見晴台の名を冠するのであった。

見晴台の理性は、考古学にとどまることなく、自由に拡張していった。小原博樹が、岡本俊朗が、そうであったように―。大衆の考古学の精神は、物質化していったのである。

北海道家庭学校(http://kateigakko.org/)の第5代校長をつとめた谷昌恒を想起しよう。東大地質の教員の将来を嘱望されながら、終戦直後の戦災孤児に打たれ、それまでの専門を離れて社会福祉へと進んだその人、その精神、その物質を。

一昨年か一昨々年、大須通を西へ向かい、黄金跨線橋をくぐってさらに行ったとき、見晴台学園と書かれた建物に出くわすことがあった。「ああ、ここなのか・・・」。中川区にある見晴台学園は、いまもなお、「見晴台」と有縁なのだ。

  1. 「Amazon.co.jp: あゆち風土記: 池田 陸介: 本」http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%82%86%E3%81%A1%E9%A2%A8%E5%9C%9F%E8%A8%98-%E6%B1%A0%E7%94%B0-%E9%99%B8%E4%BB%8B/dp/4885193524、2014年5月28日
Share

「運動として参加した見晴台」

1970年代前半、小原博樹に引率され見晴台遺跡の発掘調査に参加した男子中学生が、参加の感想を求められたとき、「運動ができるからよいと思う」旨の応答をした。それを聞いた小原が、「一瞬、運動のことかと思ってびっくりした」と、うれしそうに話す場に居合わせたことがある。中学生が、身体を動かすことの意で言った運動を、小原は別の運動の意に受け取ったのである。小原にとって運動の語は、格別有意のように私には見えた。

小原の「運動として参加した見晴台(1)」とは何だったのか。

そのひとつは、逆説としての「運動として」である。調査としての(=素朴調査主義)、研究として(=研究主義)への反対である。調査のためだけの見晴台、研究のためだけの見晴台、つまり考古学だけの見晴台への反対である。大学で考古学を学んだ、小原ゆえのアンチと言える。そして小原自身、1977年に、考古学に関する蔵書を、仮設だった見晴台考古資料館に寄贈して、自己の考古学と訣別する。

もうひとつは、順説としての「運動として」である。どういう運動だったのか。オフィシャルな文章を引けば、次のとおりである。

発掘期間中、見晴台では、数々の企画を試み実行に移していった。毎日の見晴台ニュースの発行、案内板の設置、作業前後の集会、周辺遺跡の見学会、参加者全員の討論会等は、参加者が見晴台遺跡の性格と調査の目的をできるだけ理解しあい、同時に、発掘を通じて考古学の方法をともに学んでいくための試みであった。さらに、見学者へのニュースの配布と説明、現地見学会なども企画実行された。このような企画を通じて、見晴台遺跡の保存と活用への一般市民の参加の糸口は、わずかずつではあっても開かれてゆくであろう(2)

「市民参加」である。見晴台遺跡の市民参加運動と、仮に呼んでおこう。

ところで、この活動のメニューを見て想起するのは、満洲国国立中央博物館がおこなった博物館エキステンションである(3)。博物館エキステンションは、恐慌後のアメリカの博物館がおこなったmuseum extentionを参照した活動で、museum extentionは従来サービスを届けることのなかった地域、住民、総じて社会に博物館を拡張する運動であった。あらためてこの経験を踏まえれば、見晴台の運動は、見晴台を市民に拡張する見晴台エキステンションであり、考古学を主語にすれば考古学を市民に拡張する考古学エキステンションであったと言うことができる。その上で小原の関心の中心が、見晴台エキステンションの方にあったことは言を俟たない。

1979年に考古資料館が開館し、職員が配置され、見晴台エキステンションは行政の制度となった。満洲国の博物館エキステンションも、戦後日本の博物館法に越境して「定着」した。

わたしはいつしか見晴台とは疎遠になってしまったが、教育現場の一つの問題としてこだわり続けている(4)

1985年に小原がそう書いたのは、運動が去ったことの別の謂いであった。

  1. 小原博樹「韓国、朝鮮問題、差別撤廃運動と岡本さん」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記─日本考古学の変革と実践的精神─』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、179頁。
  2. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、6頁。
  3. 犬塚康博「満洲国国立中央博物館とその教育活動」『名古屋市博物館研究紀要』第16巻、名古屋市博物館、1993年3月30日、11-50頁、同「再び満洲国の博物館に学ぶ-危機における博物館の運動論」『美術館教育研究』Vol.8、No.1、美術館教育研究会、1997年3月1日、3-12頁、など。
  4. 小原博樹、前掲論文、179頁。
Share