池田陸介先生卒寿を祝う

「10・20名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い」で発言中の池田陸介先生(立つ人)。1985年。
▲ 「10・20名古屋の埋蔵文化財保護行政を考える学習交流の集い」で発言中の池田陸介先生(立つ人)。1985年。

1924年(大正13年)2月1日のお生まれ。

はじめてお目にかかったのは、1971年の第9次見晴台遺跡発掘調査。10次か11次のときには、発掘調査現場のテントでガリ切りの裏技-蝋原紙の扱い方を教わる。その後、「ある考古学研究者批判をするために」早期退職されたのは刺激的であった。書くことは多い。追って本サイトにて。

一層のご健康とご活躍を。

Share

恭賀新禧 2014甲午年

。

『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』を、ご希望の方にお譲りします。

編集者のお宅に保管されていた在庫を、譲っていただきました。経年変化等による褪色や擦れが外部にありますが、読書にはまったく問題ありません。なくなり次第終了します。

  • 「レターパックプラス」のみでの発送とします。
  • 1冊につき送料510円をご負担ください。
  • 1冊1梱包とします。省力化のため、複数冊あわせての発送は原則的にいたしません。
  • 本サイトの「Contact」の「Message」欄に、「①送付先郵便番号・住所」、「②送付先氏名」、「③送付先電話番号」、「④メールアドレス」、「⑤部数」を明記してお申し込みください。折り返し、ご送金先をメールにてお知らせします。送金にかかる手数料をご負担ください。
  • ご入金を確認し次第、発送いたします。
  • カンパをいただけると幸いです。本サイトの運営に利用させていただきます。
  • お知らせいただいた個人情報は、発送に使用したのち廃棄します。
Share

「ここは生かそう。ここも生かそう。」

「こわれたら、くっつければいいのです!(1)

岡本俊朗がそう言ったときの逸話は、これをタイトルに冠した片山千鶴子の追悼文が教えてくれた。これを収めた遺稿追悼集の帯にも用いた。岡本を象徴することばだった。

もうひとつ印象的な追悼文があった。1983年の『見晴台教室』に載っていた中学生の作文で、発掘調査に参加し、日刊の『見晴台ニュース』担当になったときのエピソードである。

ぼくは、一班のニュースの記事がまだできていなくて、整理室の中で記事を書いていた。そして、やっと、下書きができあがり、清書に移った。ぼくは、こういう仕事は、あまり得意でないのでいろいろ苦労していたら、おっちゃんが、いろいろ教えてくれた。それにぼくからの質問にも、わかりやすく、答えをくれた。
(略)
ぼくが、ニュースの清書ができたときに、ぼくの清書を見て、ある先生が、「ここはこうなおして、ここもこうなおして。」といったとき、おっちゃんは、「ここは生かそう、ここも生かそう(2)。」といってくれました。

いま読み返すと、中学生におこなった自分の指導が、教師に否定されたことへの反対とも受け取れるが、そこまで穿ってみなくてよいだろう。

岡本の重層的な態度はどこからくるのだろう。もちろん岡本は、ダメと言わないわけではない。「原則は断乎として原則であり/簡単に曲げられたり/とり替えられるべきものではない(3)」と頑なようすも見せる人であった。

  1. 片山千鶴子「「こわれたら、くっつければいい」」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、231頁。
  2. (矢田中 1年)「悲しい結末」岡本俊朗追悼集刊行会編、前掲書、84頁。
  3. 岡本俊朗「〔闘争は科学であり〕」、前掲書、37頁。
Share