蛸畑遺跡〔6〕

蛸畑貝塚(緑区)
「尾張志」などに、鳴海宿の東北三十丁(約三・三キロ)にある蛸(たこ)畑の地は、海岸から遠くへだつのに海の貝殻を出すことを記すのは、貝塚の存在を暗示するようである。「尾張名所図会」には「章魚(たこ)畠の古覧」と題して、大だこが芋畑に上がり、芋を食べる図まで入れて、話題の興味を一層引き立てている。
それはさておき、この地、その記事に迷わされていっこうにわからなかったが、蛸畑の地名は、実は鳴海の南東、細根の手前にあり、相原から扇川を渡って、細根へ通ずる道路が、低地の水田から、台地の畑へかかる西側の台地縁に、ハマグリ・カキ・アサリ・シジミを出すことを発見したから、ここを指すのであろう。学史的な遺跡だから、大切にしたい(1)

「学史的な遺跡だから、大切にしたい」。ここに自動車道が通過することを吉田は知っていて、このように書いたのだろうか。検見塚にそうしたように。しかし、吉田の希望に反して、蛸畑遺跡は滅失した(2)

ところで、「名古屋における発見と調査のあゆみ」と副題して開催した1988年の名古屋市博物館特別展「考古学の風景」は、蛸畑遺跡をとりあげなかった。遅きに失したが、26年後のこの「考古学の風景」で明記する。

  1. 吉田富夫「遺跡ここかしこ/蛸畑貝塚(緑区)」『中日新聞』第10662号、1972年1月31日、7面。
  2. 名古屋市教育委員会『名古屋市遺跡地図(緑区)』、1979年3月。
Share

蛸畑遺跡〔5〕

蛸畑貝塚
緑区鳴海町蛸畑
『尾張志』などに、鳴海宿の東北三十丁、蛸畑の地は海岸から三十丁も遠く距つのに、海の貝殻を出すことがしるされていて、貝塚の存在を暗示する記事が見える。
現在のどこに当たるかが長年の問題であつたが。結局蛸畑の地名が古来細根の西をさすことが、正徳五年(一七一五)九月の『見取り新田畑たこ畑・ほそね・おく新田小作帳』(家蔵)の存在によつて知られ、現在もその字名で呼ばれているし、相原から川を渡つて細根へ通ずる道路の、水田から台地の畑にかかる西側の台地縁に、ハマグリ・カキ・アサリ・シジミを出すことを実見し得たので、『尾張志』等の記載は、鳴海からの方角、実は南東なのを誤つて記載したものと判断してよかろう。(吉田(1)

前回の「蛸畑」に新しい情報が加わっている。この間に吉田は、「見取り新田畑たこ畑・ほそね・おく新田小作帳」を入手し、現地踏査をおこなった。その詳細は、「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置(2)」に発表されている。上記は、その結果のダイジェストである。

  1. 吉田富夫「蛸畑貝塚」尾崎久弥・佐々木隆美・城戸久・市橋鐸・坪井忠彦・伊藤亮三・吉田富夫・芥子川律治・藤井制心・高木栄一郎・岡本柳英・小島広次・林董一・水野時二・桜井龍一『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、18-19頁。
  2. 吉田富夫「緑区鳴海町蛸畑遺跡の位置」『名古屋考古学会会報』11号、名古屋考古学会、1969年6月1日、8頁。
Share

蛸畑遺跡〔3〕

『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日。(部分)
▲ 『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日。(部分)

1970年4月5日に、名古屋市緑区蛸畑遺跡を踏査した際のノートは、私が第1地点とした場所について「ここが地図に記載されている地点と思われるが」と書きはじめている。その地図が、『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図(1)』である。蛸畑遺跡を示す「▲」は、前回掲示した地図の民家4棟の付近に当たる。

同図裏面には、次の説明がある。

蛸畑貝塚 緑区蛸畑
江戸時代文献に蛸畑から海の貝殻を出すと記す。細根に至る道路が蛸畑の台地に上る西側に、貝殻の散布を見るが、あるいはここであろうか。将来の精査を待つ。

吉田富夫が書いたに違いない「将来の精査を待つ」の結語に、私は動かされた。

  1. 『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日。
Share

蛸畑遺跡再訪

蛸畑遺跡 2014年7月2日
▲ 「蛸畑遺跡 1970年4月5日 〔1/4〕」と同じ方向から見る。

2014年7月2日、蛸畑遺跡にゆく。

名二環をゆくとき、この上の高架を通過しているが、地上でこの遺跡をたずねたのは44年ぶり。かつては名鉄名古屋本線有松駅から徒歩で、この日は国道302号を自動車で。

Google マップ、ストリートビュー、名古屋市都市計画基本図などインターネット上の情報でだいたい把握していたとおりに、現地は大きく様変わりしていた。あの民家2軒4棟はなく、名二環の敷地になっていた。高架のせいで空間の感覚が狂うが、歩いてみると微妙な地形の変化に体が反応する。あの2軒は、北にくだる緩やかな坂の途中にあったのだ。

ところで、かつての2軒のあいだを通っていた道路、つまり有松と相原郷をむすぶ道路の交通量の多さに驚く。片側に幅1mほどの歩道があるばかりで、そこを人や高校生の自転車が往くから、自動車は接触しないよう減速したり避けたりする。急速に都市化した地域の、都市化以前のままの道路にありがちな光景であった。

「右 白土/左 相原」の刻字のある石仏があったが、もとあった場所からは多少移動しているのだろう。「相原から川を渡つて細根へ通ずる道路(1)」と吉田富夫が書いた道路の細根側で、行く先を指示する道標である。旧道の様相を呈する両側は、比較的古い住宅街で、東側の小谷へくだると、地形、林相、畑など昔のままのようだった。もちろん、44年前の中学生は遺跡のことしか眼中になく、周囲への注意はなかったが・・・。そのかわり今回は、遺物の散布が見られるかなど、まったく気にしなかった。

  1. 吉田富夫「蛸畑貝塚」尾崎久弥・佐々木隆美・城戸久・市橋鐸・坪井忠彦・伊藤亮三・吉田富夫・芥子川律治・藤井制心・高木栄一郎・岡本柳英・小島広次・林董一・水野時二・桜井龍一『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、19頁。
Share