池田陸介先生ご逝去

●
▲ 池田陸介先生の長寿と出版を祝う会(2016年6月11日)

2017年6月18日、池田陸介先生がお亡くなりになりました。享年九十四。
私事、1971年の第9次見晴台遺跡発掘調査以来、多くの場面でお付き合いくださいますとともにお力添えを賜り、心から御礼申しあげます。ありがとうございました。どうぞ安らかにお眠りください。

http://archaeologyscape.kustos.ac/index.php?s=池田陸介&Submit=Search

Share

池田陸介先生の長寿と出版を祝う会

●
▲ チラシ掲載の新聞記事から
池田陸介先生からおたよりをいただきました。

「池田陸介先生の長寿と出版を祝う会」が開催されます。1986年に出版された先生の著書『南区の歴史探訪』の、30年ぶりの増補再版にあたりおこなわれるものです。くわしくは写真をクリックしてひらくチラシをご覧ください。

日時 2016年6月11日(土)午前10時~12時
場所 名古屋市南生涯学習センター視聴覚室
内容 名古屋南部の大古墳群――カブト山古墳・三ッ屋古墳・斎山古墳・石神古墳――
主催 南歴遊会、ブックショップマイタウン

Share

蛸畑遺跡〔4〕

『緑区の考古遺跡(1)』によると、次の記事が、蛸畑遺跡に関する考古学的なそれの最初という。

蛸畑
緑区鳴海町蛸畑
「尾張志」などの古文献に、この地貝殻を出すよしを記しているが、現在具体的な位置はあまり明確ではない。したがって、それが確実に貝塚であるかどうか、その性質は今日学問的に解明できないが、発見史的に鳴海としては古く、しかも唯一の文献的事実としてよく知られているものである。将来その位置もわかり、性質も明らかになる日が来るならば、きわめておもしろかろう。(吉田(2)

1963年4月1日、愛知郡鳴海町が名古屋市に編入されて緑区となったことを受けて、『名古屋史蹟名勝紀要』は「緑区」の事蹟を増補した。その中に「蛸畑」が加えられた。これ以前における近代の考古学的言及の存否は、現時点で不明である。たとえば、鳴海町町長で雷貝塚を調査した野村三郎は、知り及んでいただろうか。

  1. 三渡俊一郎・松岡浩・吉村睦志・池田陸介『緑区の考古遺跡』(文化財叢書第69号)、名古屋市教育委員会、1976年10月15日、1-88頁。
  2. 吉田富夫「蛸畑」名古屋市文化財調査保存委員会『改訂増補版名古屋史蹟名勝紀要』、株式会社名古屋泰文堂、1963年11月12日(初版:1951年11月18日)、177頁。
Share