犬塚康博「朝日遺跡の精神史」

新しい論文、「朝日遺跡の精神史」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第30号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2015年3月30日、178–187頁、を発表しました。

要旨 愛知県清須市の朝日遺跡は、1968年の貝殻山貝塚と検見塚の愛知県史跡指定、1971年の大規模破壊–保存運動–貝殻山貝塚の国史跡指定、以後長期にわたる発掘調査を経て、2012年に出土品の国重要文化財指定を見た。この遺跡をめぐって、人びとは何を欲望したのか。遺跡名の変遷と、それにかかわる言説をとおして、この問題を検討した。特に1971年の大規模破壊と保存運動で、人びとの観念は、「貝塚」から「遺跡」への転換を果たし、「群」ならびにその論理的必然たる「全面」を獲得する。これにしたがい、遺跡の全面保存が叫ばれたが、一部の国史跡指定に結果した。保存運動の終焉によって、「全面」は保存から調査へと、自己実現の場を移してゆく。調査の「全面」は、行政–職業研究者の占有するところとなり、今日を迎えている。これを自賛する政治が、出土品の国重要文化財指定であった。では、「保存」はいかに。本稿は、この課題を爾後へ提出した。(1)

内容
1. はじめに
2. 朝日遺跡の名称
1) 朝日貝塚、朝日貝塚群
2) 朝日遺跡群
3. 「朝日遺跡群」の検討
1) 前史
2) 後史
4. 「朝日遺跡」の検討
1) 文化的連続
2) 政治的断絶
5. おわりに

  1. 犬塚康博「朝日遺跡の精神史」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第30号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2015年3月30日、177頁。
Share

沃野千里に眠る人

2014年年6月8日
▲ 2014年年6月8日

昨夕、小原博樹さんのお墓参りをする。ご長男真史さんにあないいただき、齋藤宏さんと。

朝日遺跡群にじかに地続きの、沃野に眠っておられた。広い空、広い地面。

ずっと来なかった、あるいは二度と来なかったかもしれない朝日遺跡群。自発的に来たのは去年、40余年ぶりのこと。小原さんが呼んだからだろうか。東海の文化財を守る会、と。

Share

「朝日遺跡群」命名43年を記念する

1971年2月6日、「朝日遺跡群保存会」誕生。

私達はこれら先学諸氏により今まで局地ごとに独立した名称をつけられてきた方法を排し、総括した「朝日遺跡群」という名称でこれらを統一し、(略)呼称していく事にした(1)

「朝日遺跡群」の名称はこれが初見ではないが、この遺跡の大規模破壊を眼前にして定立したことを記念したい。

行政によって「朝日遺跡」の名が執行される1982年9月20日まで、「朝日遺跡群」は続いた。

  1. 飯尾恭之『朝日遺跡群の土器』、朝日遺跡群保存会、1971年9月18日、7頁。
Share

「朝日遺跡群」以前のこと

FUJI Fujica Drive
▲ 1
FUJI Fujica Drive
▲ 2
FUJI Fujica Drive
▲ 3

撮影データは残っていないが、作付けのおこなわれていない時期の畑に、貝塚の貝殻が散布する状況を写したもの。

1と2は同じ地点の遠近で、二反地貝塚と思われる。3は、貝殻山貝塚の東側であろう。いずれも同日の夕方、西から東に向かって撮影しており、1と3の遠方には名岐バイパスが見える。

翌年「朝日遺跡群」と呼ばれるようになり、さらにいまでは行政的に「朝日遺跡」と呼ばれる、この遺跡の貝殻山貝塚には、1969年から1970年6月頃までよくおとずれたが、この写真は1970年のおそらく3月以前の撮影と思われる。

その1年後、この一帯はズタズタに蹂躙される。

その頃一度ここをたずねたが、トレンチがあけられ、黒黒とした土を露わにするそのさまは、失敗した外科手術の途中のような光景だった。

それから二度と来ようとは思わなかった。1980年以降、仕事で来ることがあるまでは。そして、仕事以外で来るのは、2013年のことであった。

Share

朝日遺跡群破壊43年を記念する

43年前のいまごろである。清洲町(当時)朝日にある大遺跡の一帯に重機が入り、大規模破壊を開始したのは。

ところで、朝日遺跡群(1982年以降は朝日遺跡)破壊事件と保存運動に言及した所論に接した記憶がない。私が、忘れているだけなのだろうか。愛知県の考古学の状況を批判した渡辺英樹の論文「愛知県下の考古学研究者―戦後の潮流― 」(1)」も、数行触れるだけであった。あるのは、行政権力による万歳総括だけである。この不健全な社会。38度線以北の同工異曲。

そういう事情もあったからだろう。この問題を論じようとしていた岡本俊朗のメモを、よく憶えている。できあがった遺稿追悼集では、コメントでひとことするにとどまったが(写真(2))、もとのメモはもう少し具体的なものであった。いまただちに、岡本の書いた原本にアクセスできないため、ここではコメントの草稿を掲げる。

当時の岡本の課題意識を、そのまま再現して展開することはすでにかなわぬが、1971年の朝日遺跡群破壊事件と保存運動の意味は問われてしかるべきである。

彼の一時期のノートには、「学問論」に関するメモがいたる所に残されている。これを詳細にたどると、当時愛知県下で問題化していた、朝日遺跡群保存運動に対する批判として書かれようとしてたものである事が判る。「遺跡保存運動の論理」と題されたこの草稿は、

Ⅰ.環2と土地改良事業と朝日遺跡群

Ⅱ.71年度中の朝日遺跡群の保存運動(朝日遺跡群保存会、東海の文化財を守る会)

Ⅲ.かつての保存運動と論理―新しい萌芽、賀茂の場合

Ⅳ.保存運動の論理と〈学〉の社会への権力志向(社会的存在価値の確立)

という構成で、構想されており、「学問論」はこの前提―プロローグないしはエピローグ?として用意されていたようである。
現在、手許に残されているメモは、いずれも断片的なものである。しかしそこに展開されている内容は、彼の〈学〉に対する考え方が判るものであり、捨象し難いため、その中で一番文章化されている稿を軸に据えて、他の稿で展開されている内容・表現等を挿入する等して、編集した。原則的に、全文彼の文章で構成し、若干の接続詞等補った。

「学問論」コメント
▲ 「学問論」コメント

  1. 渡辺英樹「愛知県下の考古学研究者―戦後の潮流― 」『プロレタリア考古』第15号、「プロレタリア考古」編集局、1974年11月1日、2-3頁。
  2. (「学問論」コメント)岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、143頁。
Share