昭和堂書店

昭和堂書店の書皮
▲ 昭和堂書店の書皮

伊藤禎樹さんが経営されていた、昭和堂書店の書皮にくるまれたこの本は、井上清『「尖閣」列島―釣魚諸島の史的解明』の1972年初版本。私の体験はこの頃に集中している。原初的蓄積哉。

小林義孝さんが書いている。

筆者(小林)が、伊藤氏と邂逅したのは一九七三年、大学入学の直前であった。昭和堂書店の奥の棚にズラリと考古学の報告書が並んでいて少し眩しかったのを覚えている(1)

伊藤さんの書店で、考古学の報告書を買った記憶はない。高校生には高くて手が出なかった、というのが実際で、一般の図書をたまに買うくらいであった。

のちに、大学で同級となる山口卓也が、昭和堂書店で Star Carr の報告書があるのを見たらしく、感心していた。ずっと後、伊藤さんにそれを告げたら、いまも自宅にあるそうで、「なんだったら売ろうか?」といたずらっぽく言われたことがある。売れなかったということ。

ちなみに、私の「電車通り」という歌に出てくる「Star Carr」はこれに由来する。ただし、設定は異なっている。歌はフィクションである。

昭和堂書店のあった昭和ビルのことは、別のブログで触れた。
名古屋市電が走った街 今昔 2005年7月28日
昭和ビル 2005年8月4日
すべてが大人の世界だった。 2012年10月5日
階段下の三角形のトイレのことは書いていないが、不思議な空間だった。

  1. 小林義孝「「市民考古学」の達成」伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日、386頁。
Share

戸坂潤

 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)
▲ 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)

過日刊行された『伊勢湾地域古代世界の形成』に、次のようにある。

この運動の過程で昭和堂クラブと呼ばれる市民の学習会を催す。昭和堂書店を会場に岡本俊朗君、桜井隆司、犬塚康博君たちと戸坂潤の『日本イデオロギー論』などを輪読したのを憶えている(1)

『日本イデオロギー論』は記憶にないが、「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」は憶えているし、そのときのブルーコピーがいまも手許にある。『イデオロギーの論理学』のなかの二章で、齋藤宏さんが用意された。この学習の成果が、「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―(2)」である。

このほかに、フリードリヒ・エンゲルス『猿が人間になるにあたって労働の役割』、考古学研究会編『新しい日本の歴史』を読んだ。

なお、『イデオロギーの論理学』は以下で読める。
青空文庫
Kindle版

  1. 伊藤禎樹「あとがきにかえて―わたしの考古学」伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日、375頁。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。
Share