天白・元屋敷遺跡の「びぎゃあてん」

●
▲ びぎゃあてんのマウンド(赤色▲)撮影方向。数字は写真番号と同じ。

連載記事「天白・元屋敷遺跡の範囲」では、名古屋市守山区中志段味字東海道の西半にあたる「びぎゃあてん(弁財天)」について何度か触れた。そこでは、地図と空中写真による検証であったが、若干の地上写真が見出されたため紹介しておきたい。

写真は、耕作地のなかにあった土の高まり(マウンド、写真赤色▲)を多方向から撮影したもので、1985–1986年冬の記録である。このマウンドの性格は不明だが、状況から人工の構築物であることは明らかで、「塚」の可能性を考慮して撮影した。当時、この付近がびぎゃあてんと呼ばれることを知らず、「天白・元屋敷遺跡の範囲」で考察したような認識に到っていない段階での観察のため、マウンド周囲への配慮はおこなわれていない。しかし、偶然おさめられた周囲の景色に、びぎゃあてんのようすをかいま見ることができる。注意されたことを、以下に記す。

写真1:マウンドを南方から見る。撮影場所側の水田に比べて、マウンドの向こうが若干高く荒れ地、畑になっている。左の草むらの奥に字東海道の塚と字宮浦の塚があり、左後方に「うじがみやぶ」のクロガネモチの巨木が見える。

写真2:マウンドを南東から見る。マウンドの左側が水田、右側が畑になっている。左後方に字宮浦の微高地が見える。

写真3:マウンドを東から見る。マウンドの左側が水田、右側が畑になっている。左後方の建物は守山高校。

写真4:マウンドを北東から見る。畑の向こう(南)とこちら(北)が水田となっていて、びぎゃあてんの土地利用は入り組んでいた。正面遠方の建物は守山高校。

写真5:マウンドを北から見る。マウンドのむこう(南)は水田だが、さらにそのむこうは耕起された畝が見え、畑のようである。正面に鉄塔がみえる。

写真6:マウンド付近から南東、字寺林の方面を見る。

Share

天白・元屋敷遺跡の塚(4)

字宮浦の塚(南から見る。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)
▲ 字宮浦の塚(南から見る。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)

字宮浦の塚(西から見る。1985–1986年冬撮影。)
▲ 字宮浦の塚(西から見る。1985–1986年冬撮影。)

字宮浦の塚(南東から見る。1985–1986年冬撮影。)
▲ 字宮浦の塚(南東から見る。1985–1986年冬撮影。)

字宮浦の塚。「天白・元屋敷遺跡の塚(2)」の図の
野田農場のビニールハウスの南側農道に接してあった。現在は取り除かれて存在しないが、跡地は残っている。

Share

天白・元屋敷遺跡の神社跡

「中志段味地区遺跡分布図」(部分)
▲ 「中志段味地区遺跡分布図(1)」(部分)

1984年12月16日に、志段味の自然と歴史に親しむ会が中志段味で開催した見学会には、折り込み図版1、全58頁のパンフレット『志段味の歴史を見て歩こう!(2)』が用意されて、貴重な情報を多く提供した。そのうち、「中志段味A遺跡」の項目に、次の記載がある。

▽1884(明治17)年の「地籍字分全図」によれば、以下の記載がある。(氾濫原関連分のみ)
・「塚」・・・字宮浦、細長い区画(1048番地。当時―以下同)

[残存。現在の地点は4–付2。]

・「村社」・・・字宮浦、三角形の区画(1108番地)

[残存、現在の地点は4–付3。尚、教育委員会が発掘調査を行なう「B地点・F地点」は、この中に当たる。]

・「小社」・・・字西田。台形の区画(1432番地)

[滅失。守山高校敷地内、4–付4]

▽江戸時代、17921796(寛政48)年の村絵図に(財団法人徳川黎明会蔵)には、この地に「熊野権現」と「天王」の二つの神社が載っている(3)

このうち最初の「塚」は、前回の記事写真の⑤である。別の機会に詳述したい。

寛政8年の村絵図と対比すると、「村社」は「天王」に、「小社」は「熊野権現」にあたる。1984年頃に94歳だった人の話では、熊野権現の場所を「おみやばた(お宮畑)」、天王の場所を「てんのうやぶ(天王薮)」と呼ぶことのほか、「熊野権現は7歳、8歳の頃まであった」「天王さんには提灯を灯しにいった」などの証言を得ている。

  1. 『志段味の歴史を見て歩こう!』、志段味の自然と歴史に親しむ会、1984年。
  2. 同書。
  3. 同書、6–7頁。
Share

天白・元屋敷遺跡の塚(2)

天白・元屋敷遺跡の空中写真〔加筆あり〕(国土地理院「地図・空中写真サービス」、CB855-C1-4(http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=285684、1985年4月28日撮影))
▲ 天白・元屋敷遺跡の空中写真(部分・クリックすると塚分布図)

天白・元屋敷遺跡の一帯には、字元屋敷の塚(空中写真①)のほかにも、塚がいくつかあった。

字宮浦(東半)の「つかのにし(塚の西)」は、地名の東側にあたる「びぎゃあてん(弁財天)」に塚があったことを暗示しており、野田美幸も「この辺に塚があったのかな?」と添えている。

いまは削り取られてしまったが、1980年代には小規模な塚状の高まりが複数(空中写真②~⑤)あった。外見は、耕作時に出た礫などを集めたもののようだったが、それらを指してつかのにしと言ったのだろうか。

あるいは、びぎゃあてんそのものを塚と呼んだのかもしれない。びぎゃあてんは、前方後円形の後円部にもあたり、全体が大きな塚だったことも、考えられないわけではない。

※天白・元屋敷遺跡の空中写真は、国土地理院「地図・空中写真サービス」、CB855-C1-4(http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=285684、1985年4月28日撮影、を使用し、野田美幸「中志段味の地名調べ」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』第31号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1992年6月10日、9-11・14頁、の地名、字名などを加筆した。

Share