野並谷1号墳 〔1〕

野並谷1号墳(1955年12月10日撮影) ▲ 野並谷1号墳(1955年12月10日撮影)

「野並谷1号墳」と名づけられた古墳がある。飯尾恭之氏が発見し、同氏指導のもと名古屋市立桜台高等学校歴史クラブによって調査された。その報告(1)については次の機会に譲り、先に空中写真(2)で知ることのできたようすを紹介したい。

1955年12月10日撮影分(3)に見られるものが、いまの時点での初見である。戸笠池(現・名古屋市天白区)上流の、大略東西方向の一支谷の中ほど、長軸を東西方向にもつ前方後円形の地形が見える。その上流と下流に、谷の軸線に垂直の直線地形があり、谷をせき止めた堰堤と思われる。前方後円形の地形はため池の中に位置し、写真は渇水状態のようだが、冠水状態では池の中で島状を呈していたものと思われる。

その後、1964年5月8日(4)1965年4月12日(5)の各撮影分では、当該地形および周囲において植物の生育したようすが見てとれる。その後一帯の開発が進み、1969年5月4日(6)撮影分ではかろうじて見えるが、その後1973年撮影分からは見えなくなっている。(つづく)

  1. 津田素夫「野並谷1号墳について」『あゆち』創刊号、名古屋市立桜台高等学校歴史クラブ、1966年3月19日、85–89頁。
  2. 「名古屋市都市計画情報提供サービス」の「都市計画写真地図情報」を利用した。
  3. http://scr.wagmap.jp/nagoya_tokeizu/files/photo/img/photo/s30/600/NA_19551210_c11_0_0196_600.jpg
  4. http://scr.wagmap.jp/nagoya_tokeizu/files/photo/img/photo/S39_43/600/NA_19640508_C04_0_00_2555_600.jpg
  5. http://scr.wagmap.jp/nagoya_tokeizu/files/photo/img/photo/S39_43/600/NA_19650412_C03_0_09_5124_600.jpg
  6. http://scr.wagmap.jp/nagoya_tokeizu/files/photo/img/photo/S44_47/600/NA_19690504_C08_0_00_8913_600.jpg
Share