「天白・元屋敷遺跡の未来」

発掘調査が終了し、発掘会社も撤収した翌日の7月2日(木)、天白・元屋敷遺跡の破壊がはじまりました。保存と活用を求める声を無視して、丁寧に丁寧に検出されてきた、中世城館や古代大溝、古代の住居跡群など貴重な遺構がどんどん壊されてゆきます。言葉を失います。

過日、「志段味の遺跡をたずねて」と題して講演することがありました。その際、「天白・元屋敷遺跡の未来」と立項して、私たちが目の当たりにする遺跡破壊とは何なのかについて触れました。その部分の講演原稿を、以下に再録します。

天白・元屋敷遺跡のお話をしてまいりました。最初に申し上げましたように、この遺跡は区画整理のまっただなかにあります。地盤改良で不法に壊されました。そしていまおこなわれている発掘調査は、調整池をつくるための調査です。つまり、調査が済めば、また根こそぎ破壊されてしまうわけです。遺跡のすべてが失われるわけではありませんが、主要な遺構、つまり中世城館や大溝はなくなってしまいます。これをどうにかして守りたいと思いますが、市も教育委員会も区画整理組合も、公社もまったく熱心ではありません。

私たちは、つい最近、イスラム国、イスラミクステートが博物館の陳列品や遺跡を破壊するのをニュースで見聞きしました。少し前、2001年には、タリバンがバーミヤンの石仏を破壊したニュースに接しました。わたしたち日本人も。これと何ら変わらないことを、日々おこなっているのかもしれないと思えてきます。わが国の、わが民族の、貴重な歴史遺産を、この手で破壊しているわけです。

日本人は、彼らのことをあれこれ言える立場にないでしょう。イスラミクステートやタリバンは、イスラムの信仰を背景としていました。明治維新のときの廃仏毀釈も、政治体制の変化に反応した、神道と仏教という宗教にかかわる動きでした。現在のわが国の遺跡破壊は、信仰ではなく、ただ単に金儲け、拝金です。遺跡の未来は、暗黒と言わざるをえません。そう言えば、金儲けのために戦争をしようという動きもただいま急です。しかし、遺跡の保護、文化財と人のコミュニケーションの幸福なあるべきすがたは、平和な世界のなかにしかあり得ません。イスラミクステートもタリバンも戦時下です。明治維新は内戦状態でした。いまは、復元だ木造再建だとにぎやかな名古屋城ですが、天守閣も御殿も、日米のおろかな戦争指導者とそれを支えた両国民のせいで、失われてしまったことを忘れてはならないと思います。でなければ、きっと繰りかえすでしょう。

長くなりました。以上です。ご静聴、ありがとうございました(1)

  1. 「志段味の遺跡をたずねて」の「6.天白・元屋敷遺跡の未来」講演原稿。2015年6月10日。
Share

続・「名古屋城石垣 古墳の石転用か」異論

「㉞刻印石」
▲ 「㉞刻印石」(部分)

先の正編で、次のように書いた。

さらに学芸員の言う、「今後、古墳周辺で刻印石が見つかれば、名古屋城への転用を証明できる」は倒錯である。東谷山で刻印石が見つかっても、名古屋城への転用は直接に証明することはできない(1)

以下は、証明できないことの証明である。

刻印石は、名古屋市中区の紫川遺跡の発掘調査で見つかっている。これを出品した展覧会図録は、写真とともに次のように書いた。

㉞刻印石
江戸時代の城下町に流れていた紫川(水路)の護岸の敷石として使われていたもので、名古屋城の石垣に見える刻印に酷似した印が刻まれている。築城時代の残石が利用されたものか。(現中区大須一丁目出土(2)

「築城時代の残石が利用されたものか」とは、疑問形で書く通りにこれは想像であり、刻印石が名古屋城以外で知られていなかった当時の現状を背景に、「城下町・名古屋」という展覧会タイトルに寄せて、名古屋城への想像力を誘ったものと考えられる。このキャプションの執筆者は不明だが、展覧会の主担当は岸雅裕氏であり、厳しい史料批判で知られる研究者であったから、逸脱はしていないとみなしてよい。

事実は、刻印石が名古屋城と紫川遺跡で確認されているということである。展覧会が開催された1987年以後の、発見例があるかもしれない。いずれにしても、「今後、古墳周辺で刻印石が見つかれば、名古屋城への転用を証明できる」というのは明白な虚偽で、名古屋城または紫川への転用が想念される程度なのである。厳密には、前回書いた次のとおりである。

論理的には、名古屋城石垣の石に東谷山の古墳の石であることを証明するものがなければならない。つまり、たとえば楔痕を境にして分かれてしまった石の片方が東谷山に、もう一方が名古屋城にあるような接合資料の確認こそが、明々白々な証拠となる。石の目が接合する場合も含まれるだろう(3)

なお、この刻印石は名古屋市博物館に蔵されている。

  1. 「名古屋城石垣 古墳の石転用か」異論
  2. 名古屋市博物館編『開館10周年記念特別展 城下町・名古屋 江戸時代の町と人 一九八七・九・二十六~十一・一』、名古屋市博物館、1987年9月25日、21頁。
  3. 「名古屋城石垣 古墳の石転用か」異論
Share

「名古屋城石垣 古墳の石転用か」異論

●
▲ 「第2図 東禅寺第2号墳構造図(1)」(部分)

4月15日、読売新聞(YOMIURI ONLINE)が配信した「名古屋城石垣 古墳の石転用か」について少々。他社の記事があるかもしれないが、取り急ぎこれで。

東谷山の古墳の石室に使用されていた石が、名古屋城築城の際に転用されたという物語は、事実かどうか別として、遅くとも大正の頃には知られていた。

里老云ふ、往時名古屋城を築くに方り、此の地方より石垣使用の岩石を給せり、其の時此等の塚を多くを発掘して其の石槨の岩石を運べり、此れより塚に完全なるもの無しと、一帯の古墳は皆之れを発かれ、槨蓋、及槨側岩の良材は殆んど之れを失ひたり(2)

東谷山ではないが、名古屋市守山区下志段味の東禅寺第2号墳の発掘調査では、横穴式石室の両側の柱石に楔の跡が確認され、次のように報告されてもいる。

後世における石室石材の略取であるが、西柱石は現存する先端部と中央部に楔を水平にうちんこで切りだしをはかった痕跡をのこし、相対していたであろう東の柱石は床面に楔痕のある基部をのこすのみである(3)

ここでは、石材略取の理由にまでは踏み込んでいない。当然であろう。この調査からは証明できないためで、考古学の実証主義が守られたかっこうとなっている。もちろん調査者が、『東春日井郡誌』を知らなかったわけはなく、知識、教養として上の報告の背景にあったことは疑い得ない。

以上は、取り急ぎアクセスできた事例にすぎず、このほかにも多くあるであろう。なぜなら、古墳の石の城の石垣への転用は、フィクションも含めて封建時代、封建遺制の時代の、恰好の「物語」あるいは「ジャンル」としてあるからである。ハイカルチャーの裾野を形成する、サブカルチャーと言い得る。

それは措いて、このような先行の事例がありながら、先行とさほど変わりのないことを、あたかもこの記事のもととなった調査や調査者をもって始まりであるかのように、この記事は報道する。楔の痕跡の大きさに関する時代観は、先行に対する新規性と言えるが、この記事が扱う中心にはなく、また「12㎝以上=慶長期」と「名古屋城」とのあいだには論理の溝があり、状況証拠の域をでない。

さらに学芸員の言う、「今後、古墳周辺で刻印石が見つかれば、名古屋城への転用を証明できる」は倒錯である。東谷山で刻印石が見つかっても、名古屋城への転用は直接に証明することはできない。論理的には、名古屋城石垣の石に東谷山の古墳の石であることを証明するものがなければならない。つまり、たとえば楔痕を境にして分かれてしまった石の片方が東谷山に、もう一方が名古屋城にあるような接合資料の確認こそが、明々白々な証拠となる。石の目が接合する場合も含まれるだろう。

前近代的、郷土的物語が、論理性を欠如したままこのようなかたちで21世紀に露出することは異様であり、ただ単に稚拙なだけかもしれないが、一種の歴史修正主義を感じざるを得ない。「歴史の里」の歴史修正主義については別稿(4)で触れたが、名古屋城もまた罹患していることを知るのである。

先行する調査、研究、人、すべてに謙虚であるように。

以下は、記事の転載。写真は省略した。

名古屋城石垣 古墳の石転用か

名古屋城の石垣に、名古屋市守山区内の古墳の石が転用された可能性が、同市名古屋城総合事務所と市教委の調査で明らかになった。石室の石に近世になって開けられた「矢穴」や、クサビを打ち込んで割られた「矢穴跡」が発見されたためで、総合事務所学芸員の市沢泰峰さんは「このようにして切り出された石の用途は城郭の石垣しか考えられない」としている。

発見場所は名古屋城の北東約15キロの東谷山(とうごくさん)古墳群。昨年までの調査で、崩落し露出した数か所の円墳跡から、1列に並んだ矢穴(長さ12~15センチ)や、矢穴跡のある石が見つかった。種類は花こう岩やせん緑岩で、同城でも数多く使われている。

同城の石垣は1610年(慶長15年)、徳川家康の命令で加藤清正、黒田長政ら西国大名による天下普請で築かれた。高さは天守閣の建つ天守台が約20メートル、その他の石垣も5~13メートル、総延長は約8キロに及ぶ。石は各大名が自前で調達し、採石地は小牧市岩崎山や三河湾沿岸、岐阜県海津市の養老山系、三重県尾鷲市周辺などに広がっている。

古墳から転用したとの記録はないが、同古墳群の周辺で、大規模な石垣造成は名古屋城と犬山城(犬山市)だけ。市沢さんは「犬山城は木曽川沿岸の石材が使われ、可能性が残るのは名古屋城」と指摘している。

大名は自分の石である証拠に、採石地で独自の文様を刻んだ例があり、市沢さんは「今後、古墳周辺で刻印石が見つかれば、名古屋城への転用を証明できる」と期待を寄せる。兵庫県姫路市の姫路城などでは、古墳の石棺、石材の石垣への転用が確認されている。

城郭に詳しい三浦正幸・広島大学教授(文化財学)の話「江戸時代、古墳からの転用は特別なことではない。石を割るなどして集めたのは城郭の石垣用ぐらいだ。矢穴は時代が下るほど小さくなり、長さ12センチ以上なら名古屋城が築城された慶長期と考えられる」
2015年04月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun

  1. 杉崎章・宮石宗弘・立松宏・伊藤敬行「名古屋市守山区東禅寺第2号墳」『東名高速道路関係遺跡第1次第2次調査概報』、愛知県教育委員会、1965年、6頁。
  2. 『東春日井郡誌』、ブックショップ「マイタウン」、1987年、1075頁(原本:東春日井郡役所編、1923年)。
  3. 杉崎章・宮石宗弘・立松宏・伊藤敬行、前掲論文、7頁。
  4. 犬塚康博「経験と歴史の断絶――『志段味古墳群』の検討」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、228-236頁、参照。
Share

チベット、尾張氏、志段味差別

昨日14日、名古屋市歴史的風致維持向上計画が国の認定を受けた。「名古屋市歴史的風致維持向上計画のあらまし」は次のように書く。

名古屋市の維持向上すべき歴史的風致
名古屋市歴史的風致維持向上計画では、以下の6つを「名古屋市の維持向上すべき歴史的風致」として取り上げています。

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼に見られる歴史的風致
  2. 熱田神宮等に見られる歴史的風致
  3. 尾張氏ゆかりの地、志段味に見られる歴史的風致
  4. 堀川・四間道界隈に見られる歴史的風致
  5. 街道や城下町の周辺地域等に見られる歴史的風致
  6. 大都市名古屋の発展過程に見られる歴史的風致(1)

3に「尾張氏」があるのはなぜか―。

別に、「名古屋は、古くは地方勢力の拠点として、江戸時代は御三家筆頭である尾張徳川家の城下町として、また近代以降は我が国における経済産業の一大拠点として発展してきました(2)」と書くが、言いうるのはせいぜいここまでである。そして、「地方勢力」は中央以外のどこにでも存したから、何も言っていないに等しい。その「地方勢力」は「尾張氏」で構わず、当然のことながら何も言っていないに等しい。それで正当である。それを、「志段味」(上志段味の古墳群)にゆかりあるとするときに不当が生じる。別の論理をもつ、別の領域の事項だからである。

テクストとして見てみよう。6つの項目は「に見られる歴史的風致」を構文としている。これを除くと、

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼
  2. 熱田神宮等
  3. 尾張氏ゆかりの地、志段味
  4. 堀川・四間道界隈
  5. 街道や城下町の周辺地域等
  6. 大都市名古屋の発展過程

となる。そのうえで、今回の認定は「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」にもとづくため、場所を示す固有名詞および集合名詞は先験的である。それ以外の形容を省くと、

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼
  2. 熱田神宮等
  3. 志段味
  4. 堀川・四間道界隈
  5. 街道や城下町の周辺地域等
  6. 名古屋の発展過程

となる。

「大都市」はなくても、6の意味は通じる。同様に「尾張氏ゆかりの地」はなくても3の意味は通じる、と行文するところだが、そうはゆかない。「熱田神宮等に見られる歴史的風致」と言うように、「志段味に見られる歴史的風致」と端的には言わないところに、このテクストの本質がある。皮相には、志段味の無名性に来すレトリックなのであろう。3の論法にならえば、2も「日本武尊、宮簀媛、尾張氏ゆかりの地、熱田神宮等に見られる歴史的風致」となるが、そう言わないのは熱田神宮の有名性にあるからとみなせる。

ありていに言えば、志段味をわかりやすくするために「尾張氏」を動員したのかもしれない。しかし、トンデモ考古屋には自家中毒的自明の「尾張氏」も、その世間の外部で流通していなければ画餅である。それゆえに、広報大使OS☆UをしてPRすると言うのであれば、屋下に屋を架す行為であり、倒錯と言わざるをえない。

それはさて措き、「尾張氏」を動員した当事者の主観的意図をこえて存する社会史、精神史に、私たちの注意は自ずと向いてゆく。1963年名守合併後の半世紀余にわたり、名古屋市内にありながら、それゆえの政治・経済・文化における不均等発展を強いられ、やはりそれゆえに現在の特定土地区画整理事業を選択せざるをえなかった志段味。むろん吉根も含む。「名古屋のチベット」という形容を甘受してきた志段味が、今度は「尾張氏ゆかりの地」なのである。

そういえばこの区画整理の宣伝文句、少し前までは「志段味ヒューマン・サイエンス・タウン」だった。それも失敗して「塩漬け土地の志段味」と触れまわるわけにもいかず、一転、地理的文明的辺境から神話時代へと拉されたのである。志段味を「尾張氏ゆかりの地」と名指す、名古屋市教育委員会の精神の奈辺にあるかを知ることができよう。もちろん、政治であることは隠されなくてよい。

3だけに「尾張氏」があるのはなぜか―。この問いを、名古屋市史に記憶して私たちは、近現代志段味の精神史にこれからも立ち会ってゆくのである。

  1. 「名古屋市:名古屋市歴史的風致維持向上計画(暮らしの情報)」、2014年2月14日、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000054494.html(2014年2月14日)
  2. 「名古屋市の維持向上すべき歴史的風致」、2014年2月14日、http://www.bunka.go.jp/bunkazai/rekishifuchi/pdf/nagoya_gaiyo.pdf(2014年2月14日)
Share

名古屋市教育館の展示

名古屋市教育館の展示 1969年

名古屋市博物館は1968年計画、1977年開館、名古屋市見晴台考古資料館は1971年計画、1979年開館である。これ以前、「大都市」名古屋に歴史系博物館はなかった。

「一九二〇年代後半、名古屋市は「大正天皇即位記念」「市民の精神統一」を掲げて史伝参考品陳列館設置を計画し、募金活動も進めたが実現していない(1)」。「一九三〇年頃、名古屋商工会議所による名古屋博物館計画や、名古屋郷土会による郷土博物館計画が登場する(2)」が、それ以上のものとはならなかった。

敗戦後の1950年4月、「塚本名古屋市長と徳川義知黎明会々長との間で文庫の購入契約結ばれ(3)」て開設された蓬左文庫は、博物館ではなく図書館であった。1930年に宮内省から下賜された離宮すなわち名古屋城は、翌年から公開され、国宝(のちに重要文化財)を擁し、戦後はそれ自体が特別史跡、名勝となるが、これを歴史系博物館とい言うには未分化であった。戦後、復元天守閣で歴史の展示を催したり、焼失した天守閣の跡地から出土した考古資料を展示するなど、歴史系博物館の様相を呈するも、基本的性格は古美術館だったからである。このように名古屋市は、1970年代後半まで歴史系博物館を自ら実現できずにいた。

そうした博物館以前、資料館以前、名古屋市教育館で見晴台遺跡の出土遺物が、小規模ながら常設で展示されていた。2階の暗いロビーの壁際に設えられた展示ケース(4)に、土器、石器などが列んでいた。いつからおこなわれていたのかは知らないが、博物館、資料館まだなき頃の、名古屋市における歴史および考古プロパーの展示、その嚆矢であった。それは、教育館の利用者の中心すなわち学校の教員を対象にした普及、宣伝だったのかもしれない。私たちが、学校から引率されて見学したことはなかったが。

この展示には、吉田富夫や三渡俊一郎をはじめ名古屋考古学会の人たちがかかわったのであろう。1964年に発掘調査が始まった見晴台遺跡をめぐる「ひと」「もの」「こと」は、ひとり名古屋市見晴台考古資料館に継続しただけでなく、同市における歴史系博物館的実践一般、その原像の一端を担っていたのではないか。そう思わずにはいられないのである(5)             

  1. 犬塚康博「一九四五年以前名古屋の博物館発達史ノート」『関西大学博物館紀要』第10号、関西大学博物館、2004年3月31日、286頁。
  2. 同論文、285頁。
  3. 「蓬左文庫略年表」名古屋市博物館編『名古屋市移管三十周年記念 蓬左文庫名品展』、名古屋市博物館、1980年12月1日、74頁。
  4. その後この展示ケースは、仮設考古資料館、考古資料館の地下で、それと意識することなく見ていたように思い起こすが、記憶違いかもしれない。
  5. このほかに、熱田図書館がよく展示を開催していた。初代館長・服部鉦太郎の尽くすところ大きく、館報『ライブラリーあつた』でそのようすを知ることができる。徳川美術館でも歴史の展覧会を開催していた。いずれも常設ではなかった。常設としては、1970年10月31日に開館した荒木集成館が先駆である。
Share