天白・元屋敷遺跡「不法造成」発覚8周年

8年前のきょう、天白・元屋敷遺跡(名古屋市守山区中志段味)の大規模破壊が判明しました。

2010年から2011年にかけておこなわれた工事で、この遺跡が広範囲にわたり根こそぎ破壊されていたのです。そして3年後の2014年10月、「不法造成」(中日新聞)として大々的に報道されるのでした。

8年前に撮影した遺物写真10枚は、すぐに写真共有コミュニティサイトのFlickrで「中志段味「郷畑」の遺物」として公開してきました。そして今回、同時に撮影した風景写真12点とあわせた全22枚を公開します。

天白・元屋敷遺跡(2011年6月15日)

Image 1 of 22

志段味橋南詰、庄内川左岸堤防から上流左岸(名古屋市・瀬戸市)方面を見る。(撮影:犬塚康博)

Share

10年前、天白・元屋敷遺跡で

10年前、天白・元屋敷遺跡で

Image 1 of 3

コクヨ配送センター方面を見る。

10年前のきょう2009年1月22日、天白・元屋敷遺跡で見た景色。

写真に見える、立入禁止の看板とトラサクの列は、前年暮れに強行された野田農場破壊後の、破壊区域と農場とを画すもの。遠く野添川堤防そばには、破壊されたU字溝のコンクリート塊が列をなして置かれている。

このとき、天白・元屋敷遺跡はまだ旧状を保っているが、翌2010年から翌々2011年にかけて、名古屋まちづくり公社がおこなった広域の造成工事により大規模に破壊されてしまう。

この造成工事は、文化財保護法ならびに土地区画整理法に定められた手続きが必要であったにもかかわらず、これをせずにおこなわれた、正真正銘の「不法造成」(中日新聞、2014年10月20日)であった。

思えば、この写真を撮影した約1ヶ月前の2008年12月18日に勃発した、名古屋都市整備公社(名古屋まちづくり公社の前身)と名古屋市中志段味特定土地区画整理組合による野田農場破壊は、2010年以降の天白・元屋敷遺跡破壊の予兆だったのかもしれない。

撮影地:名古屋市守山区中志段味沢田(野田農場)、撮影者:犬塚康博

Share

湿ケ遺跡破壊!

以下、急ぎ引用転載。詳しくはあらためて。

2014年11月20日 20時50分

新たな無届け工事が判明 名古屋・守山区の遺跡で

名古屋市守山区の天白元屋敷遺跡内で市の外郭団体「名古屋まちづくり公社」が無届けで土地を造成し、大量の土器を破壊した問題で、古墳―室町時代の土器や陶器が出土している近くの湿ケ(しけ)遺跡(同区中志段味)内でも、無届けで工事をしていたことが新たに分かった。公社が20日に会見し、謝罪した。

公社は、土地区画整理事業を行っている湿ケ遺跡内で2007年以降、排水路や道路整備のために計8カ所で地面を1~2メートルほど掘削。その際、文化財保護法で義務付けられている市教委への事前の届け出を怠っていた。

担当者が届け出が不要と思い込んだことなどが原因。既に現場のほとんどは道路舗装などを終えており、文化財の有無や破壊されたかどうかも確認できない。

無届け工事をめぐっては、天白元屋敷遺跡の不法造成が10月に本紙の報道で発覚。公社が志段味地区全体で過去の状況を調べたところ、今回の無届け工事が判明した。

(中日新聞)

それにしても、上志段味の古墳調査に往き来した名古屋市教育委員会の職員は、県道志段味田代町線を通行しなかったのだろうか。それならば、7年間であろうと、何年であろうと、気づかないことはあるかもしれない。

しかし通っていたのなら、遺跡範囲を通過しながら、あちこちでおこなわれる工事に気づかなかったのだろうか。目先の職務は果たしても、文化財保護法の精神から来した物質であるところのおのれの根拠に、一度として立ち返ることはなかったのか。

破壊事件の根源は名古屋市教育委員会にあり、と言わざるを得ない。文化財保護後進都市名古屋。


▲ 「名古屋市遺跡分布図(守山区)」、名古屋市教育委員会、1985年3月、表面(部分) 〔1-65下寺林古墳(寺林2号墳)、1-66上寺林古墳(寺林1号墳)、1-67志段味城跡、1-68天白元屋敷遺跡、1-69湿ケ遺跡〕

Share