マンモスの毛と国指定史跡

「集客をあげるように」「マンモスの毛1本、抜き取り」は、「集客をあげるように」国指定史跡を発掘調査(現状変更)と通じる。

第一に、いずれも資料の現状変更による観光のマネジメントであること。

第二に、前者は日本科学未来館館長の実践、後者は文化庁の実践であり、いずれも国がおおいにかかわる事態であること。

文化財保護や博物館の倫理を損なって商売を優先する態度は、政治的倫理を損なって商売を優先する態度(たとえば不動産屋ドナルド・トランプのそれ)と平衡している。

https://www.asahi.com/articles/ASMDR663XMDRUTIL040.html
https://www.asahi.com/articles/DA3S14305721.html

Share