「大衆の考古学」を生きた人

この正月、「1970年代初頭―1972年だったと思う―、秀吉の朝鮮出兵に関する批判的な内容のプリントを抱え、小原さんは私の前にあらわれた(1)」と書いた。暮れ、年賀欠礼状に接して、1ヶ月ほどした頃のことである。このとき、「秀吉の朝鮮出兵に関する批判的な内容のプリント」は手もとになく、記憶にあるだけであった。

これがそれであろうか。1972年11月の日付から、見晴台遺跡第10次発掘調査のあとで、11月26日おこなう予定の、2回目の「名考会と見晴台に関する問題提起」の打ち合わせの際に持参されたものと思う。ちょうど41年前のいま頃である。多少、時間の誤差はあるかもしれない。補足すれば、発掘調査ですでに会っているため、このプリントを抱えて現れたときが初対面ではない。あるいは11月以前に、別のプリントを抱えて現れていたかもしれない。定かでないが、いずれにしても1972年のことである。

小原は考古学と朝鮮問題を併行させていた。やがて考古学は後景化するが、課題の中心や重心が、考古学から別の問題に移ってゆくことがあったとしても、それは「大衆の考古学」の立場からすれば、延長あるいは変差として理解可能である。次の定義が、このことを支持する。

西欧帝国主義のアジア・アフリカ人民の抑圧政策のなかで生まれた排外主義的性格、暴虐的な天皇制ファシズムに屈服し、日本文化の中の朝鮮的性格、沖縄的性格、アイヌ的性格を抹殺し、多くアジアの人々への犯罪的行為=侵略戦争へ加担していった日本考古学を、正しく綜括し、発展させていく内容が、「大衆の考古学」である(2)

日本史・世界史を、考古学に内在させる「大衆の考古学」は、それゆえ常に外部に開かれている。外部を内在しているのである。考古学から逸脱する契機を内在するということであり、無限の自己言及性を有することを意味する。考古学の解体をはらむ考古学である。だから小原が、「いつしか見晴台とは疎遠になってしまった(3)」あとも、彼に考古学の匂いや色を私が感じ続けたのは、小原がむかし考古学をしていたからではなく、ずっと「大衆の考古学」を生きていたからだと思う。

思想家や、理論家や、研究者を、ある種、蔑むまなざしの持ち主だった小原は、それゆえにキュートでナイーブだった。彼のなすレジュメ、プリント、ビラ、エトセトラ、活動家のそれではなかった。それでいて、小原の筆跡になるものの多いことにいまあらためて気づく。活動家っぽくない活動家。追悼してもしきれぬが、ひとまず小原の話題を積極的にすることは了おうと思う。いいかな?

合唱。



  1. 追悼 小原博樹さん」『ore nest : blog』、2013年1月2日。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学─「職人の考古学」↔「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!─ 」伊藤禎樹、犬塚康博、岡本俊朗、小原博樹、斎藤宏、桜井隆司、村越博茂、安田利之『名考会と見晴台に関する問題提起─その2』、1972年11月26日、13頁。
  3. 小原博樹「韓国、朝鮮問題、差別撤廃運動と岡本さん」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記─日本考古学の変革と実践的精神─』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、179頁。
Share

「「大衆の考古学」の具体化な第1歩」

小原博樹の行動と言動および公式の記録によって見晴台遺跡第10次発掘調査を見てきたが、「見晴台と名考会に関する問題提起」をおこなった伊藤禎樹以下8名は、この調査を次のように総括した。名文である。

では、「大衆の考古学」の具体的な第1歩であった見晴台の発掘を見てみよう。発掘期間中ほとんど毎日のように発行した『見晴台発掘ニュース』(No.1~16)は参加した人達に自らが発掘作業の主人公であることの自覚を促し、(=主体性の主張)自らの作業と発掘全体とを正しく把握し、科学的な判断が日常的なできごとの中で発揮できるようにということを編集方針にしていた。この『ニュース』は、いくつかの矛盾をかかえていたことは事実であるが、その編集方針の正しさは、編集・発行作業に従ってゆく人達がかなりの数になったことによって証明されている。このように編集・編集作業・・・従さわった人達はいうまでもなく、発掘参加者の組織化を計り、発掘の科学性を保証する基盤になったことは、いうまでもないことである。同時に、発掘のシステムも、常に徹底して話し合うことを原則とし、経験の多少、年令、学校、男女などの色々の差に関係なく、それぞれうまく発掘作業に参加しうる形態を大衆的に生み出したことを述べておかなくてはならない。作業から自主的な研究活動としての発掘参加へと質的な質的な飛躍を獲得するために、学習会、舌状台地周辺の遺跡見学、踏査が、自主的に企画され、実践されたこともぜひ述べておかなくては、ならないことである。一方、発掘現場への見学者等に対する活動は、どうであったろうか。見学者は、とりもなおさず、遺跡を生活空間の中に持っている地域の住民であり、また、社会的な関心を持って遠くから、わざわざ見学に来た人たちある以上、そうした見学者と発掘参加者との見晴台遺跡の共有化をめざしたのである。その媒介は、とりもなおさず、発掘の大衆的な成果の具体物としての『ニュース』と案内板であった。こうしたことは、遺跡が、お役所の管理や、破壊されるべきものでなく、地域の大衆が、文化的所産として継承し、活用してゆかねばならない重要性と実現の可能性を明らかにしてゆく第一歩であった。こうした毎日の蓄積の集約─さらなる飛躍としてあった8.6現地見学会の圧倒的成功は、発掘現場における、大衆的な民主主義的な発掘の学的成果と、参加者全体の主体的発展の勝利の1つの記念碑的なものである。このような発掘活動を通じてのみ、正しい古代史像を想像することができるのである(1)

  1. 「見晴台発掘と僕達の考古学─「職人の考古学」↔「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!─」(伊藤禎樹、犬塚康博、岡本俊朗、小原博樹、斎藤宏、桜井隆司、村越博茂、安田利之)、1972年11月26日、12-13頁。
Share

小原博樹の独占資本主義考古学批判

小原博樹の旧蔵書『考古学の方法』の見返しに、小原の筆跡の書き込みがある。小原の著述なのか、他人の著作物の写しなのか不明だが、小原の考古学批判が奈辺にあったのかを知ることができる。

現在、学問や研究は、それを担っている教授個々人の主観的意図とは別に、その総体としての成果は独占資本の私有物としてある。学問の成果が人民に還元されるといっても、現在の資本主義的生産関係を媒介にしている以上、それは独占資本の財産を増すことを通じ、かつまた労働者に対する合理化や商品の洪水を通じてしかでない。
ただ研究者をかりたてるのは、彼らのもつ小所有者意識であり、自己の論文があたかも自己の私有財産であるかのように蓄積され、そのことにより学界での地位や社会的地位が確立してゆくというそのことである。
そのためには、本来なら認識はトータルなものとしてあるにもかかわらず、およそ普遍性を欠き、細分化された領域の中へ、馬車馬のように自らを閉じ込めて成果をあげんとしている。研究至上主義なるものも「何はともあれ研究第1」という形で、体制に対する批判も、学問の位置も目的も見失わせるものでしかない。同時にそれは一皮むけば現世的利害関係によって支えられている。

※自己否定と変革
個別改良
闘争の否定

ステレオタイプで聞き飽きた感がする。だが、正しい。

さらにしかし、正しさだけで万事オーライとはゆかぬもの。状況は、その正しさの前で我関せず焉とステレオタイプにあり続け、正しさもまたステレオタイプにあり続ける。

両者安定のもと世人能く生きる哉。プリミティブだったりナイーブだったり。

Share

吉田富夫の史跡公園論

検見塚に関する吉田富夫の希望すなわち保存活用論は、検見塚限りのものではなかった。

同じ時に吉田は、公園整備を間近に控えた見晴台遺跡(南区)を主題に、名古屋市の史跡公園について書いていた。

(略)上述のいろいろな遺構(住居跡、濠状遺構、貝塚のほか、当時トピカルだった焼失住居跡、縄文晩期貯蔵穴など──引用者注)がそのまま展示されたり、復元家屋が建てられたりすることになるのも、もうそんなに遠い日のことではあるまい。そして完成の暁には、果実や花粉の調査で知られるはずの林相をそなえ、発見された獣骨等に基づいて、シカ・イノシシなどを飼い、当時の自然環境をもできる限り復元し、できれば夏季などのキャンプに復元家屋を貸して弥生時代の生活を実際に送らせてみてはどうかなどと、夢は果しなくひろがっていく(1)

史跡公園のイメージはオーソドクスである。吉田は、1966年8月に登呂遺跡と蜆塚遺跡を見学しており、これらの成果も勘案した当時の平均的水準だったと想像する。ちなみに、吉田の挙げた項目のうち現在までに実現されているのは、遺構展示、復元住居、林相の復元である。

これに続けて、史跡公園の博物館施設についても、吉田は言い及ぶ。

ここから出土した遺物は、もちろん小博物館に展示され、復元図・想像図などを豊富にまじえて、理解を容易にさせる。学習室もあって、いつも一学級ずつ引率されて来た社会科の実習クラスが、スライド等による学習のほか、粘土を使って土器を作つてみたり、破片から実測図を書く方法を教わったりしたら、どんなに楽しいことであろう。一日も早く完成するのを期待しようではないか(2)

学校教育の延長のイメージとともに、専門教育でおこなわれる考古学実習の要素も見られて、考古学プロパーの博物館像となっている。

こうした見晴台遺跡でのプラクティスを導き手としながら、鉾ノ木貝塚(緑区)、小幡長塚古墳(守山区)、瓢箪山古墳(同)、白鳥塚古墳(同)、白鳥第1号墳(同)、東谷第16号墳(同)を挙げて、名古屋市における史跡公園継続の可能性を説き、さらに古窯跡の保存にも言及するのであった。

ところで吉田富夫の史跡公園論は、同じく見晴台遺跡の公園化に関して各論を列記した「保存に関する意見」が、1966年に披露されている(3)。これを発展的に継承したのが、上記の所論とみなせる。ちなみに、このときは「史跡公園」の名称を用いていないが、2年後の1968年になると「史跡公園」の語が登場する(4)。これは、行政における公園計画の性格変更に拠っていた。

閑話休題。吉田の史跡公園論は、長らくそれのみが単独でおこなわれてきたが、ここではそうでなくなっている。

そこで工事計画を曲げても永久保存を要する場合と、計画通りに工事の実施はするが、事前に発掘調査を行なって記録保存にとどめる場合とができて来る。前者の場合には史跡公園設置という考え方が、後者の場合には博物館という施設の必要が浮かび上がって来る(5)

史跡公園論は、博物館論とともに構造化されていることがわかる。博物館論は別に見る予定だが、総じて、開発と保存を前にした埋蔵文化財処遇のリアリズムであり、そのなかでも史跡公園は、より原理主義的位置を占めていたと言える。

しかし検見塚は、「工事計画を曲げても永久保存を要する場合」に相当しながら、愛知県指定史跡でありながら、史跡公園とはならないことが予想された。検見塚の不具を吉田が危惧していたことは、先に見たとおりである。吉田のリアリズムを否定する現実が、将来されようとしていたのであり、現にそうなるのであった。

  1. 吉田富夫「埋蔵文化財のはなし─歴史のなぞとその解明─」名古屋市教育委員会事務局総務部調査企画課編『教育だより』昭和45年1月号、名古屋市教育委員会、1970年1月16日、8頁。
  2. 同論文、8頁。
  3. 同「結語」名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第I・II・III次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1966年3月25日、53-54頁。
  4. 同「付言」名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第IV・V次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日、34頁。
  5. 同「埋蔵文化財のはなし─歴史のなぞとその解明─」、7頁。
Share

いゆきかへらふ

1988年にわたしは書いた。

戦後40年以上が過ぎ、考古学を取り巻く状況は大きく変化した。考古学もまた変貌した。都市の再開発とイベント、地上げと地価の高騰。土地をめぐる話題の尽きない昨今である。考古学は、土地に刻まれた歴史を解明する学問であった。土地に深くかかわる考古学はどう移ろっていくのであろうか。この時代も、いつの日か一つの風景として記憶されることになるであろう(1)

文末の「風景」、すなわち展示タイトル「考古学の風景」の「風景」は、松田政男の風景論に依る。松田は、自身が製作を担当した映画『略称・連続射殺魔』(1969年)で、「ただひたすら永山則夫の眼もまた見たであろうところの各地の風景のみを撮りまくっ(2)」た理由について、次のように書いていた。

ひとえに、風景こそが、まずもって私たちに敵対してくる〈権力〉そのものとして意識されたからなのである。おそらく、永山則夫は、風景を切り裂くために、弾丸を発射したに違いないのである。国家権力ならば、風景をば大胆に切断して、たとえば東名高速道路をぶち抜いてしまう。私たちが、快適なドライブを楽しんだ時、まさにその瞬間に、風景は私たちを呪縛し、〈権力〉は私たちをからめとってしまうのだ。だから、情況も、情け無用の状況も、いまの私たちにとってはどうでもいいのだ、とあえて言っておこう。私たちは、風景をさえ超えていないのではないか(3)

この風景論は、わたしのウェブサイト「博物館風景」にも継続した。ちなみに、「博物館の風景」にしなかったのは、同名の書籍がこの世にあり、松田の風景論とは無縁なそれに連なる印象を避けたためである。

先の「考古学の風景」は、江戸時代から1945年8月15日までの「名古屋における発見と調査のあゆみ」であった。戦後論は未発である。後の大須二子山古墳の個別研究(1989-1990年)や、『新修名古屋市史』第1巻(1997年)叙述の途上、期せずしてその一端に触れることはあったが――。

その戦後論に進もうと思う。ついては前回の終点から始めず、わたしを出発点とする。それは、わたし「に敵対してくる〈権力〉そのものとして意識された」「風景」が現前するからであり、わたし自身が戦後論の只中にあるからである。松田政男の言葉を借りれば、こういうことになろう。

内に向っては、ついに不可能性の領域にまで突き抜ける想像力の極限での駆使として、そして、外に向っては、私たちを呪縛する〈権力〉としての風景もすべて密室に変えてしまうまでの強靱な方向性をもって、私たちは、ただひたすら、考え抜かなければならぬのだ(4)

諾。ウェブサイト「考古学の風景」を開始する。

  1. 犬塚康博「考古学の風景」名古屋市博物館編『考古学の風景 名古屋における発見と調査のあゆみ』、名古屋市博物館、1988年3月5日、86頁。
  2. 松田政男「密室・風景・権力 *若松映画と性の「解放」」『松田政男評論集 薔薇と無名者』、芳賀書店、1970年5月10日、123頁。
  3. 同論文、123-124頁。
  4. 同論文、125頁。
Share