蛸畑遺跡再訪

蛸畑遺跡 2014年7月2日
▲ 「蛸畑遺跡 1970年4月5日 〔1/4〕」と同じ方向から見る。

2014年7月2日、蛸畑遺跡にゆく。

名二環をゆくとき、この上の高架を通過しているが、地上でこの遺跡をたずねたのは44年ぶり。かつては名鉄名古屋本線有松駅から徒歩で、この日は国道302号を自動車で。

Google マップ、ストリートビュー、名古屋市都市計画基本図などインターネット上の情報でだいたい把握していたとおりに、現地は大きく様変わりしていた。あの民家2軒4棟はなく、名二環の敷地になっていた。高架のせいで空間の感覚が狂うが、歩いてみると微妙な地形の変化に体が反応する。あの2軒は、北にくだる緩やかな坂の途中にあったのだ。

ところで、かつての2軒のあいだを通っていた道路、つまり有松と相原郷をむすぶ道路の交通量の多さに驚く。片側に幅1mほどの歩道があるばかりで、そこを人や高校生の自転車が往くから、自動車は接触しないよう減速したり避けたりする。急速に都市化した地域の、都市化以前のままの道路にありがちな光景であった。

「右 白土/左 相原」の刻字のある石仏があったが、もとあった場所からは多少移動しているのだろう。「相原から川を渡つて細根へ通ずる道路(1)」と吉田富夫が書いた道路の細根側で、行く先を指示する道標である。旧道の様相を呈する両側は、比較的古い住宅街で、東側の小谷へくだると、地形、林相、畑など昔のままのようだった。もちろん、44年前の中学生は遺跡のことしか眼中になく、周囲への注意はなかったが・・・。そのかわり今回は、遺物の散布が見られるかなど、まったく気にしなかった。

  1. 吉田富夫「蛸畑貝塚」尾崎久弥・佐々木隆美・城戸久・市橋鐸・坪井忠彦・伊藤亮三・吉田富夫・芥子川律治・藤井制心・高木栄一郎・岡本柳英・小島広次・林董一・水野時二・桜井龍一『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、19頁。
Share

古墳、サブカル、ポピュリズム

『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』と『歴史の里/志段味古墳群』。
▲ 『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』と『歴史の里/志段味古墳群』。

左は、過日引用した『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳(1)』。右も、先月発行されたばかりの『歴史の里/志段味古墳群(2)』。本文縦組み/横組みの違いはあるが、A5判、16頁、ホチキス中綴じ、オールカラーが共通する。対象が古墳であること、キャラクターを用いる点も同然である。

一時期アートマネジメントが流行し、その後どうなったか知らないが、なるほど、ふたつのパンフレット相似の背景に、古墳マネジメントのようなものの存在を強く感じる。それには、考古学の方法論のひとつ形態学的想像力を動員するまでもない。古墳の「保護活用」と言うよりは、マーケチング、マネジメント等々商売であり、グローバリゼーションと封建制の結合の産物と言える。

形式は無論のこと、内容もステレオタイプの物語であり、ここには構造しかない。古墳のサブカルチャー化である。

「いま、古墳はブームである」と唱えて、古墳をもてあそぶ宗教じみた騒ぎがある。それは、自然発生的にブーム化しているのではない。行政とその外郭による仕掛けに、人々がかかり(かかったふりをし)、動員されている(されたふりをしている)にすぎない。行政と外郭の自走化、保身化、持続化のための、ポピュリズム、トンデモである。

このサブカルチャー(さらにはポップカルチャー)の、決してカウンターカルチャーでないところが味噌である。サブカル古墳は、生権力のための官製ツールなのだ。

これは考古学ではない。博物館(収集保管、調査研究、公開教育)でもない。

  1. 豊橋市文化財センター編『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』、豊橋市文化財センター、2014年3月16日。
  2. 『歴史の里/志段味古墳群 』、名古屋市教育委員会文化財保護室、2014年3月。
Share

なぜ、「なぜ、古墳はおもしろいのか?」なのか?

豊橋市文化財センター編『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』、豊橋市文化財センター、2014年3月16日、15頁(部分)。
▲ 豊橋市文化財センター編『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』、豊橋市文化財センター、2014年3月16日、15頁(部分)。

このパンフレット(1)は、「目に見える遺跡」だから「古墳はおもしろい」と説く。80余年前に連れ戻されたような目眩がするが、1930年の棚橋源太郎『眼に訴える教育機関』は、はるかに理論的であった。

「目に見える遺跡」だから「古墳はおもしろい」――。これは、目に見えない遺跡だからおもしろくない、の意に等しい。そして、視覚障害者には「古墳はおもしろ」くない、という差別が論理的に導かれる。そして私たちは、以下の見飽きた風景を見るだろう。「差別するつもりは決してございません。誤解を与えたとしたらまことに遺憾なことで・・・」と、理解者の誤解を取り沙汰する。自らの無配慮、無遠慮、無思想を棚に上げて。

「目に見える遺跡」イコール「体験型の遺跡」――。「視覚的に感じとることができる」と続くように、体験は徹底して目、視覚において強調される。「石積みから感じ取ること」も、行文の趨勢から、目、視覚の優越下に存する。「緻密に組み上げられた」ようすの認識も同然である。しかし、1990年を境にする頃から、博物館教育で追求された体験は、そのようなものではなかった(2)

「古文書のような難しさがなく」――。古文書の難しさが断定されている。豊橋市文化財センターの権力すなわち埋蔵文化財にとどまらない文化財行政権力による断定である。何をか言わんや。

「集落の遺跡のように地中にあって見えない」「現実に目の前にあるからこそ、わかりやすく、感じやすい」――。執拗にくりかえされる、目、視覚の中央集権論、帝国論。

「われわれが日常からはなれ」――。古墳に向き合うときに私たちは、日常すなわち私たちをとりまく政治、経済、文化の諸問題から離れなければいけないのだろうか?古墳時代の政治、経済、文化を顧みながら、日常を思惟することは、歴史ではないのか?離れるすなわち逃避以外の選択肢がここにはない。日常からの逃避がアプリオリである。これを、逃避の強制と言わずして何と言おう。

「これほど容易に歴史の深みと醍醐味を味わえるところはありません」――。ほんとうにそうか?豊橋市文化財センターは、考えたことがないのだろうか?城はどう?近代建築―かの豊橋市公会堂―はどう?「容易に歴史の深みと醍醐味を味わえるところは」枚挙に暇がない。

「だからこそ、古墳は豊橋市がほこる文化遺産なのです」――。以上の過程とこの結語の関係は支離滅裂である。名古屋市教育委員会の「歴史の里」にみた考古学、文化財保護の中枢の空洞化が、ここにもある(3)。この空洞化が、歴史修正主義やトンデモを支えてもいるのだ。

「なぜ、古墳はおもしろいのか?」とは、古墳がおもしろくなければならないと命題することから来す、誤謬ゆえの押しつけがましさなのではないか。「なぜ、古墳はおもしろいのか?」とは、マネジメント、マーケチングから来す、ポピュリズムよろしきサブカルなのではないか?「なぜ、古墳はおもしろいのか?」とは、公費私費問わず他人の金を投じさせて古墳を掘り「おもしろ」がっている斯界の民俗それじしん、岸田秀的自己愛なのではないか?そのように仮説して、古墳のエスノグラフィーの進捗を期すものである。

  1. 豊橋市文化財センター編『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』、豊橋市文化財センター、2014年3月16日。
  2. 該期博物館における体験学習、エクスプロラトリウム、チルドレンズミュージアム、障害者の博物館利用等については、別に論じる予定である。
  3. 犬塚康博「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討」『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、234頁。
Share

『上志段味誌』

『上志段味誌』奥付
▲ 『上志段味誌』奥付

この本が作られることになったとき、組合長が私をたずねて来られ、監修や執筆を手伝ってほしい旨要請されることがあった。私は、本業の公務労働との関係や、いまひとつはっきりしないわからなさを思って丁重にお断りし、「文化財課の人に頼んだらどうか」と対案を提示した。その頃、名古屋市教育委員会社会教育部文化財課が、区画整理事業によって遺跡が破壊される志段味・吉根地区で文化財処理をおこなっており、その関係者を組合長も知らないわけではなかったため、そのように言ったのである。その後、その通りになったことを知り、やがて本もできあがって、私の職場にも届けられた。新着図書の書架にあったのを、ちらっと見たことはあったかもしれない。

今回、多少の要あって、図書館でリクエストして取り寄せてもらい通覧した。関係者には物故した人も多く、監修者もすでに亡い。そして、奇異だったのが奥付。監修のクレジットラインがあるのはよいが、組織名と個人名がある。これは連名なのか。それとも所属名と個人名なのか、よくわからない。こういうわからなさが、最初からあったような気がする。

好意的に見て後者なのだろうが、不遜な印象は免れない。本文中では、「名古屋市教育委員会学芸員 小島一夫・記」(68頁)ともあり、定まっていない。組織の許認可を得ているいないにかかわらず、こういうわからなさで、この界隈は成り立っているのであろう。このように考えてくると、ここには私の名前があったかもしれず、じしんで難じていたに違いない。この仕事を安請け合いしないでよかったと思うのである。桑原、桑原。

かつて教官をつるし上げたその人も、大人になって、政策的に政治的に必要があれば、こういうわけのわからなさ―たぶん前近代的な―も了とするのか、と感じ入った。がしかし、そういえばつるし上げていた頃にその人も、考闘委の人からはつるし上げられていたのだから、わけのわからなさはもとよりだったのかもしれない。

その人の政策、政治、権謀術数、陰謀の延長が、「歴史の里」である。ただいま、鵺の「尾張氏」が跋扈して、わけのわからなさは極相を呈しているが、監修者署名入り原稿の一節にも頻出していた。考えることをしないのは、むかしからのようである。

Share

チベット、尾張氏、志段味差別

昨日14日、名古屋市歴史的風致維持向上計画が国の認定を受けた。「名古屋市歴史的風致維持向上計画のあらまし」は次のように書く。

名古屋市の維持向上すべき歴史的風致
名古屋市歴史的風致維持向上計画では、以下の6つを「名古屋市の維持向上すべき歴史的風致」として取り上げています。

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼に見られる歴史的風致
  2. 熱田神宮等に見られる歴史的風致
  3. 尾張氏ゆかりの地、志段味に見られる歴史的風致
  4. 堀川・四間道界隈に見られる歴史的風致
  5. 街道や城下町の周辺地域等に見られる歴史的風致
  6. 大都市名古屋の発展過程に見られる歴史的風致(1)

3に「尾張氏」があるのはなぜか―。

別に、「名古屋は、古くは地方勢力の拠点として、江戸時代は御三家筆頭である尾張徳川家の城下町として、また近代以降は我が国における経済産業の一大拠点として発展してきました(2)」と書くが、言いうるのはせいぜいここまでである。そして、「地方勢力」は中央以外のどこにでも存したから、何も言っていないに等しい。その「地方勢力」は「尾張氏」で構わず、当然のことながら何も言っていないに等しい。それで正当である。それを、「志段味」(上志段味の古墳群)にゆかりあるとするときに不当が生じる。別の論理をもつ、別の領域の事項だからである。

テクストとして見てみよう。6つの項目は「に見られる歴史的風致」を構文としている。これを除くと、

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼
  2. 熱田神宮等
  3. 尾張氏ゆかりの地、志段味
  4. 堀川・四間道界隈
  5. 街道や城下町の周辺地域等
  6. 大都市名古屋の発展過程

となる。そのうえで、今回の認定は「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律」にもとづくため、場所を示す固有名詞および集合名詞は先験的である。それ以外の形容を省くと、

  1. 名古屋城と名古屋城下町を舞台に展開した祭礼
  2. 熱田神宮等
  3. 志段味
  4. 堀川・四間道界隈
  5. 街道や城下町の周辺地域等
  6. 名古屋の発展過程

となる。

「大都市」はなくても、6の意味は通じる。同様に「尾張氏ゆかりの地」はなくても3の意味は通じる、と行文するところだが、そうはゆかない。「熱田神宮等に見られる歴史的風致」と言うように、「志段味に見られる歴史的風致」と端的には言わないところに、このテクストの本質がある。皮相には、志段味の無名性に来すレトリックなのであろう。3の論法にならえば、2も「日本武尊、宮簀媛、尾張氏ゆかりの地、熱田神宮等に見られる歴史的風致」となるが、そう言わないのは熱田神宮の有名性にあるからとみなせる。

ありていに言えば、志段味をわかりやすくするために「尾張氏」を動員したのかもしれない。しかし、トンデモ考古屋には自家中毒的自明の「尾張氏」も、その世間の外部で流通していなければ画餅である。それゆえに、広報大使OS☆UをしてPRすると言うのであれば、屋下に屋を架す行為であり、倒錯と言わざるをえない。

それはさて措き、「尾張氏」を動員した当事者の主観的意図をこえて存する社会史、精神史に、私たちの注意は自ずと向いてゆく。1963年名守合併後の半世紀余にわたり、名古屋市内にありながら、それゆえの政治・経済・文化における不均等発展を強いられ、やはりそれゆえに現在の特定土地区画整理事業を選択せざるをえなかった志段味。むろん吉根も含む。「名古屋のチベット」という形容を甘受してきた志段味が、今度は「尾張氏ゆかりの地」なのである。

そういえばこの区画整理の宣伝文句、少し前までは「志段味ヒューマン・サイエンス・タウン」だった。それも失敗して「塩漬け土地の志段味」と触れまわるわけにもいかず、一転、地理的文明的辺境から神話時代へと拉されたのである。志段味を「尾張氏ゆかりの地」と名指す、名古屋市教育委員会の精神の奈辺にあるかを知ることができよう。もちろん、政治であることは隠されなくてよい。

3だけに「尾張氏」があるのはなぜか―。この問いを、名古屋市史に記憶して私たちは、近現代志段味の精神史にこれからも立ち会ってゆくのである。

  1. 「名古屋市:名古屋市歴史的風致維持向上計画(暮らしの情報)」、2014年2月14日、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000054494.html(2014年2月14日)
  2. 「名古屋市の維持向上すべき歴史的風致」、2014年2月14日、http://www.bunka.go.jp/bunkazai/rekishifuchi/pdf/nagoya_gaiyo.pdf(2014年2月14日)
Share