天白・元屋敷遺跡破壊事件の根源は名古屋市教育委員会にあり

昨日、中日新聞が最初に報道した天白・元屋敷遺跡破壊事件は、公社の問題に焦点化されているが、その根源は、40年以上続く名古屋市教育委員会の文化財行政の構造的欠陥にある。

文化財保護の断絶は、天白・元屋敷遺跡破壊事件が明証する。天白・元屋敷遺跡は、上志段味に西接する中志段味の遺跡で、1979年度の名古屋市教育委員会の遺跡分布調査で初めて確認され、同委員会による発掘調査が数度にわたっておこなわれてきた。区画整理事業に際しては、「埋立保存」する旨同委員会が強弁していた遺跡である。その遺跡が、2010年から翌年にかけて広範囲にわたり破壊された。「埋立保存」の強弁をも裏切る、地山から根こそぎの破壊に見舞われたのである。

事件は、2011年6月13日付の「野田農場ホームページ/農場だより」に「土器」の記事と写真が投稿されて公然となった。筆者は、これをコメント付きリツイートしたのち、同月15日に現地で遺物を実見し撮影する。そして、13日の野田農場のツイートにリプライするとともに、遺物の写真10点をFlickrに投稿した。以後、事業主体と名古屋市教育委員会とのあいだで折衝がはじまり、前代未聞の「遺物回収作業」ほかの調査にいたる。

天白・元屋敷遺跡は、『志段味古墳群』刊行にいたるまでの数年間、数多関係者が繁く過ぎったであろう地区にある。しかもそれは、上志段味の古墳群と歴史社会的に密接な関係が予想されもしてきた。さかのぼれば、名古屋市教育委員会史上初となった遺跡分布調査の最初のひとつが守山区だったのは、志段味・吉根地区の特定土地区画整理事業を想定していたからである。その象徴的な成果が、この遺跡―最初の名称は中志段味A遺跡―の発見であった。それを、根こそぎ破壊したのは、文化財保護の断絶、否定、破壊と言わずして何と言おう。畢竟、『志段味古墳群』は、天白・元屋敷遺跡破壊と一対だったのである(1)

『歴史の里』のおためごかし、天白・元屋敷遺跡破壊事件という現実──。

たとえば、『志段味古墳群』と天白・元屋敷遺跡破壊とが一対であったことが、断絶されたサンプルであることを「歴史の里」に強いるであろう。これが初めてではない。今日の見晴台遺跡の端緒たる1971年の史跡公園計画もまた、1972年の桜本町遺跡破壊、1974年の六本松遺跡破壊と一体であった。文化財保護の厚遇/冷遇という南北問題が、隣接して発生した共通も指摘しておこう。見晴台と「歴史の里」の意味は、冒頭に記した「調査され破壊され尽くした累々たる遺跡」、ひとこと「断絶」に還元されるのである(2)

  1. 犬塚康博「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討」『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、2232頁。
  2. 同論文、233-234頁。
Share

名古屋・中志段味の文化的ジェノサイド

9月22日、「計画提案に係る都市計画の素案の閲覧(地区計画(中志段味地区計画))(1)」がネットアップされた。これと同時に、当該地区で本件印刷物の各戸配布もはじまったようである(2)

素案は、「計画書」(6頁)、「総括図」(1頁)、「計画図」(1頁)(図1(3)参照)、「理由書」(2頁)から成り立っていて、「計画書」と「理由書」がテキスト、その他がイメージである。逐一の紹介は省くが、文化財保護の立場から結論を先取りすると、その特徴は「天白・元屋敷遺跡の抹消」にある、と言うことができる。

「計画書」は、次のように結語、自画自讃する。

以上のように、本提案の内容は、中志段味地区の生活圏の拠点の核となり、にぎわいの創出につながる計画であり、建築物等に関する必要な制限を一体的に講じることにより、周辺へ配慮した良好な都市環境の形成が図られたものであり、さらに防災等の多様な地域課題に対して取り組む計画であることから、都市環境の整備と良好な地域社会の形成に寄与しつつ都市機能の増進が図られることから、本計画は妥当であると考える(4)

典型的な役人-官僚の文書である。住宅都市局あたりによる作文であろう。それはさて措き、「生活圏の拠点の核」「にぎわいの創出」「建築物等に関する必要な制限」「周辺へ配慮」「防災等の多様な地域課題に対して取り組む」が、素案で繰り返し唱えられるキイワードである。このうち「周辺へ配慮」が、文化財保護の立場に関係する。

理由書は、次のように「周辺」を定義している。

本提案区域の周辺には農地があり、西側には守山高校、東側には住宅団地、南側には諏訪神社が位置している。また本提案区域の南側に流れている「才井戸流」と呼ばれる小川には、夏にホタルが見られる他、希少な動植物が生息している(5)

最初に、この文章のトリックを観ておく。西・東・南がありながら、北のないことに気づく。北側には何があるか。野田農場がある。つまり、「本提案区域の周辺には農地があり」とは、北側の野田農場のことであった。現在、野田農場以外に営農する農地は存在しない。にもかかわらず、「本提案区域の周辺には農地があり」という曖昧な表現で野田農場を隠蔽するところに、素案のトリックが存在する。

本題に入ろう。北側にあるのは、野田農場だけではない。天白・元屋敷遺跡がある(図2(6)参照)。野田農場からその西側にかけて、この遺跡の北半分が広がっている。素案は、「周辺」概念において、野田農場だけでなく、天白・元屋敷遺跡には一言も触れず隠蔽するのである。才井戸流の──1980年代以降人工放流されたホタルの末裔は論外だが──「希少な動植物」が言い立てられるのであれば、天白・元屋敷遺跡の稀少性はそれ以上に注意、揚言されなければならない。この不当な扱いは、「天白・元屋敷遺跡の抹消」を意味する。すなわち「文化的・宗教的な集団の文化的・宗教的・歴史的な存在等の全部または一部を破壊する意図をもって、1つの文化的・宗教的集団の構成員または文化的・宗教的・歴史的な資産に対して行われる行為(7)」、文化的ジェノサイドである。

素案の提案者である名古屋市中志段味特定土地区画整理組合が、天白・元屋敷遺跡を知らないはずはない。十二分に知っている。過去、同遺跡発掘調査の原因者であったし、2010-2011年には同遺跡の大規模破壊を実施し、名古屋市教育委員会から叱責を受け、始末書を提出する事件も起こしている。文化財保護のコンプライアンス欠如甚だしいその様子からは、素案に天白・元屋敷遺跡を記載しないのもうなずける。しかしそれは、無法者の暴挙以外のなにものでもない。

ひょっとして、2010-2011年の破壊は、調査費用負担を逃れるための計画的なものだったのだろうか。名古屋市当局の後ろ盾も考えられる。それはそうだろう。天白・元屋敷遺跡を抹消した素案を受理する名古屋市である。教育委員会への始末書提出は、予定された茶番劇だったのかもしれない。現実は、そのように思わせるに足るものがある。

閑話休題。天白・元屋敷遺跡は南半分を破壊されたが、北半分は遺存している。国民の共有財産である遺跡の保護・活用をめざすのは、文化財保護法の精神からして当然である。素案はこれを明記し、行政はそれを指導しなければならない。それをせずに、天白・元屋敷遺跡の北半分をも破壊し尽くすつもりであるならば、ユニー株式会社、名古屋市中志段味特定土地区画整理組合、名古屋市当局による文化的ジェノサイドに、私は心の底から反対する。

「計画図」
▲ 図1 「計画図」(クリックで拡大)

「計画図」と「名古屋市遺跡分布図(守山区)」の合成図
▲ 図2 「計画図」と「名古屋市遺跡分布図(守山区)」の合成図(クリックで拡大)

●
▲ 図3 「名古屋市遺跡分布図(守山区)」、名古屋市教育委員会、1985年3月、表面(部分) 〔1-65下寺林古墳(寺山2号墳)、1-66上寺林古墳(寺山1号墳)、1-67志段味城跡、1-68天白元屋敷遺跡、1-69湿ケ遺跡〕

  1. 住宅都市局都市計画部都市計画課総括係作成担当「名古屋市:計画提案に係る都市計画の素案の閲覧(地区計画(中志段味地区計画))(事業向け情報)」、2014年9月22日、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000063205.html、(2014年9月22日)。
  2. 野田留美「都市計画提案に関するお知らせ。 について」『愛知県議会議員 野田るみホームページ ブログ』、2014年9月22日、http://www.nodarumi.com/mailbbs.php、(2014年9月22日)、同「都市計画提案について、の続き。」同前。
  3. 「計画図」住宅都市局都市計画部都市計画課総括係(作成担当)、前掲書、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/cmsfiles/contents/0000063/63205/keikakuzu.pdf、(2014年9月22日)。
  4. 「計画書」、同書、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/cmsfiles/contents/0000063/63205/keikakusyo.pdf、(2014年9月22日)。
  5. 「理由書」、同書、http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/cmsfiles/contents/0000063/63205/riyuusyo.pdf、(2014年9月22日)。
  6. 「計画図」、前掲書、と「名古屋市遺跡分布図(守山区)」、名古屋市教育委員会、1985年3月、表面(部分)、を合成して作成。
  7. 「ジェノサイド – Wikipedia」http://tinyurl.com/mracp6k、(2014年9月22日)。
Share

与えられる / 取り上げられる

志段味大塚古墳 2014年8月19日
▲ 志段味大塚古墳 2014年8月19日

天白・元屋敷遺跡 2014年8月19日
▲ 天白・元屋敷遺跡 2014年8月19日

立秋、蒙霧升降の候、志段味大塚古墳の発掘調査現場と、天白・元屋敷遺跡の発掘調査現場とを見る。かたや、公有地化され見世物となる古墳。こなた、宅地やユニー用地のために掘り尽くされ消滅する遺跡。志段味大塚古墳は虚飾(「尾張氏」「倭王権」・・・)されてますます富み、天白・元屋敷遺跡はすべて奪われて貧する。

おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう(1)

For whosoever hath, to him shall be given, and he shall have abundance: but whosoever hath not, from him shall be taken away even that which he hath(2).

国-名古屋市教育委員会は、かたや近代の生権力として、こなた近代以前の権力として現前する。すなわちこれ、ダブルスタンダード哉。二枚舌哉。自家撞着哉。

  1. 『新約聖書』「マタイによる福音書」第13章
  2. New Testament; The Gospel According to St. Matthew
Share

上志段味歴史の里呪いの里

「呪いの人形(1983年4月11日撮影)」深田虎太郎「中世甕棺墓と呪いの人形」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』創刊号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1985年8月30日、20頁。
▲ 「呪いの人形(1983年4月11日撮影)(1)

31年前、呪いの藁人形に遭遇した。場所は、名古屋市守山区上志段味の東谷山上。尾張戸神社北西側、東谷山中世墓の上に設けられた小建屋のまわりを進んだとき、目の前に人形が突然現れ、私は肝を潰した。生々しかった。

以下は、同道の人による記録。

甕棺墓の時代はともかく祠の東南の角の柱に、呪いの藁人形が多数の釘でしっかりと打ちつけられているのには、すくなからず驚かされてしまった。
N大学I教授の講義を引用すると、アメリカの呪術学者フレーザーの学説によれば、呪術には3種類があり、類感呪術、感染呪術、意志呪術、藁人形などは最後の意志呪術に属するものであると教えられた。のろいを唱えながら暗夜に1人多数の釘を打ちこみ、最後に5寸釘を人形の心臓に当たる箇所に打ち込むのが呪いの藁人形のパターンである。
藁人形の実測値―頭から足の先まで全長19.5cm、足の部分で3cm、手を広げだ幅が13cm、打ち込まれている釘の数―頭部54本、左右の手に14本、胴9本、左足8本、右足9本、それに心臓部に1本大釘が打ってあり、ほとんど人形の全身にすきまなく打ってあるが、釘の深さがまちまちであまり上手な仕上げではないようである。藁は昨年とり入れたときのものか? 古くとも1昨年ではないかと思われた。それによって造られた時期がおおかた推定出来る。
釘の総数95本、発見日時昭和58年4月11日午前11時頃。当日は午前中くもり午後から又雨となる(2)

当時は、誰かが個人的な恨みをはらすためにおこなったものだろうと思ったが、1983年といえば志段味・吉根地区で区画整理事業が具体化していた時期。4地区最初となる吉根の土地区画整理促進区域決定が1983年3月25日、組合設立認可が1984年3月30日であった。個人にとどまらない、社会的な恨みがあったのかもしれないと、いまは思える。人口増とともに増える犯罪、それにともなう警察巡回の増加。2011年9月、台風15号の影響による吉根・下志段味・中志段味の洪水被害・・・。そうでなければよいが。

それにしても、アミューズメント(おかしさ、おもしろさ、慰み、楽しみ、気晴らし・・・)で古墳を掘ってはいけない。
「呪いの人形(1983年4月11日撮影)」深田虎太郎「中世甕棺墓と呪いの人形」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』創刊号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1985年8月30日、20頁。

  1. 深田虎太郎「中世甕棺墓と呪いの人形」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』創刊号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1985年8月30日、20頁。
  2. 同論文、19-20頁。
Share