考古学と社会教育と


▲ 『中日新聞』、1970年3月19日。


▲ 『朝日新聞』、市内版、1971年8月4日。

婦人学級から自主グループが誕生して、講義や体験学習を継続するとは、なんと理想的、模範的な社会教育実践であることか。

考古学と社会教育──。たとえば「考古学と社会教育はいかにあるべきか」という問いを立てることも思いつかないほどに、いまでは自明の両者である。社会教育法-博物館法上の学芸員を流用、濫用して、埋蔵文化財担当職員に充当してきた世俗的事情もあるに違いない。もちろん、そうでない自治体、企業があることは百も承知である。

ところで、名古屋市において、考古学と社会教育の共存が明示的になったのはいつ頃からだろうか。見晴台遺跡発掘調査で概観すると、第9次以前の報告書に「社会教育」の語はなく(1)、第10次のそれから登場する。

見晴台遺跡の調査を、一方では科学的な調査研究の場としていくとともに、他方では多くの市民に支えられた文化活動・社会教育の場としていくことが強く意図されていたからである(2)

これは、名古屋市見晴台考古資料館じしんも引用しており(3)、記念碑的な一文である。これが発掘調査について説くのに対し、次は見晴台遺跡総体に言い及んでいる。

さいわい、見晴台遺跡は史跡公園として保存することが決定され、資料館の建設も予定されて、市民の社会教育と歴史教育の場として活用する方針が明らかにされている(4)

考古学と社会教育の語の存否は、奇しくも発掘調査団団長が吉田富夫の時代(第1~9次)とその後とに分かれるかたちとなった。当の吉田も、史跡公園論や博物館論を披露しながら、そこに「社会教育」の語はなかった。吉田に限らず、考古学関係者の術語に普及していなかったと言ってよいだろう。学芸員有資格者を採用するシステムが登場し、資格を取得することを目的とした個人、世代が登場して、はじめて意識されるようになってゆく。1951年に博物館法が制定され、学芸員の制度が誕生してようやく20年が過ぎる頃のことであった。

そして「社会教育」の語は、従来の考古学関係者には、役人用語ととらえられることも往々にしてあった。さらにこの傾向は、学芸員として行政に内在した考古学研究者にも、こののち散見することになってゆく。これは、ひろく博物館一般に見られる、「研究」と「教育」の対立に通じる問題群、その一端と言うことができるが、別の機会に考えてみたい。

それはさて措き、吉田富夫と蓬左グループ。考古学と社会教育が、たがいをよく知ることがなくても、おおきな物語─たとえば国民国家のような幻想─のもと無自覚にあったからこそ築きえた理想的、模範的関係。とりあえず、そのように記憶しておこう。

  1. 名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第I・II・III次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1966年3月25日、1-72頁、同編『見晴台遺跡第IV・V次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日、1-58頁、『名古屋市南区見晴台遺跡第IX次発掘調査の記録』、見晴台遺跡発掘調査団、1971年10月1日、1-13頁。
  2. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、1頁。
  3. 『─第20次記念─見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』、名古屋市見晴台考古資料館、1981年7月20日、28頁。
  4. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、15頁。
Share

吉田富夫の史跡公園論

検見塚に関する吉田富夫の希望すなわち保存活用論は、検見塚限りのものではなかった。

同じ時に吉田は、公園整備を間近に控えた見晴台遺跡(南区)を主題に、名古屋市の史跡公園について書いていた。

(略)上述のいろいろな遺構(住居跡、濠状遺構、貝塚のほか、当時トピカルだった焼失住居跡、縄文晩期貯蔵穴など──引用者注)がそのまま展示されたり、復元家屋が建てられたりすることになるのも、もうそんなに遠い日のことではあるまい。そして完成の暁には、果実や花粉の調査で知られるはずの林相をそなえ、発見された獣骨等に基づいて、シカ・イノシシなどを飼い、当時の自然環境をもできる限り復元し、できれば夏季などのキャンプに復元家屋を貸して弥生時代の生活を実際に送らせてみてはどうかなどと、夢は果しなくひろがっていく(1)

史跡公園のイメージはオーソドクスである。吉田は、1966年8月に登呂遺跡と蜆塚遺跡を見学しており、これらの成果も勘案した当時の平均的水準だったと想像する。ちなみに、吉田の挙げた項目のうち現在までに実現されているのは、遺構展示、復元住居、林相の復元である。

これに続けて、史跡公園の博物館施設についても、吉田は言い及ぶ。

ここから出土した遺物は、もちろん小博物館に展示され、復元図・想像図などを豊富にまじえて、理解を容易にさせる。学習室もあって、いつも一学級ずつ引率されて来た社会科の実習クラスが、スライド等による学習のほか、粘土を使って土器を作つてみたり、破片から実測図を書く方法を教わったりしたら、どんなに楽しいことであろう。一日も早く完成するのを期待しようではないか(2)

学校教育の延長のイメージとともに、専門教育でおこなわれる考古学実習の要素も見られて、考古学プロパーの博物館像となっている。

こうした見晴台遺跡でのプラクティスを導き手としながら、鉾ノ木貝塚(緑区)、小幡長塚古墳(守山区)、瓢箪山古墳(同)、白鳥塚古墳(同)、白鳥第1号墳(同)、東谷第16号墳(同)を挙げて、名古屋市における史跡公園継続の可能性を説き、さらに古窯跡の保存にも言及するのであった。

ところで吉田富夫の史跡公園論は、同じく見晴台遺跡の公園化に関して各論を列記した「保存に関する意見」が、1966年に披露されている(3)。これを発展的に継承したのが、上記の所論とみなせる。ちなみに、このときは「史跡公園」の名称を用いていないが、2年後の1968年になると「史跡公園」の語が登場する(4)。これは、行政における公園計画の性格変更に拠っていた。

閑話休題。吉田の史跡公園論は、長らくそれのみが単独でおこなわれてきたが、ここではそうでなくなっている。

そこで工事計画を曲げても永久保存を要する場合と、計画通りに工事の実施はするが、事前に発掘調査を行なって記録保存にとどめる場合とができて来る。前者の場合には史跡公園設置という考え方が、後者の場合には博物館という施設の必要が浮かび上がって来る(5)

史跡公園論は、博物館論とともに構造化されていることがわかる。博物館論は別に見る予定だが、総じて、開発と保存を前にした埋蔵文化財処遇のリアリズムであり、そのなかでも史跡公園は、より原理主義的位置を占めていたと言える。

しかし検見塚は、「工事計画を曲げても永久保存を要する場合」に相当しながら、愛知県指定史跡でありながら、史跡公園とはならないことが予想された。検見塚の不具を吉田が危惧していたことは、先に見たとおりである。吉田のリアリズムを否定する現実が、将来されようとしていたのであり、現にそうなるのであった。

  1. 吉田富夫「埋蔵文化財のはなし─歴史のなぞとその解明─」名古屋市教育委員会事務局総務部調査企画課編『教育だより』昭和45年1月号、名古屋市教育委員会、1970年1月16日、8頁。
  2. 同論文、8頁。
  3. 同「結語」名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第I・II・III次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1966年3月25日、53-54頁。
  4. 同「付言」名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第IV・V次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日、34頁。
  5. 同「埋蔵文化財のはなし─歴史のなぞとその解明─」、7頁。
Share

10・25

1969年10月25日。

そのときはまだ、「目で見る名古屋の文化史展」最終日前日の土曜日でしかなかった。

そのときはまだ、考古学関係の新聞切り抜きのひとつにすぎなかった。

その約2ヶ月前、見晴台遺跡第8次発掘調査の終盤、台地斜面に設けたトレンチで、意気込んで深掘りに汗する人がいた。その人がこの日、平博に突入したということを、わたしが知るのはずっとあとのことであった。

Share

名古屋市教育館の展示

名古屋市教育館の展示 1969年

名古屋市博物館は1968年計画、1977年開館、名古屋市見晴台考古資料館は1971年計画、1979年開館である。これ以前、「大都市」名古屋に歴史系博物館はなかった。

「一九二〇年代後半、名古屋市は「大正天皇即位記念」「市民の精神統一」を掲げて史伝参考品陳列館設置を計画し、募金活動も進めたが実現していない(1)」。「一九三〇年頃、名古屋商工会議所による名古屋博物館計画や、名古屋郷土会による郷土博物館計画が登場する(2)」が、それ以上のものとはならなかった。

敗戦後の1950年4月、「塚本名古屋市長と徳川義知黎明会々長との間で文庫の購入契約結ばれ(3)」て開設された蓬左文庫は、博物館ではなく図書館であった。1930年に宮内省から下賜された離宮すなわち名古屋城は、翌年から公開され、国宝(のちに重要文化財)を擁し、戦後はそれ自体が特別史跡、名勝となるが、これを歴史系博物館とい言うには未分化であった。戦後、復元天守閣で歴史の展示を催したり、焼失した天守閣の跡地から出土した考古資料を展示するなど、歴史系博物館の様相を呈するも、基本的性格は古美術館だったからである。このように名古屋市は、1970年代後半まで歴史系博物館を自ら実現できずにいた。

そうした博物館以前、資料館以前、名古屋市教育館で見晴台遺跡の出土遺物が、小規模ながら常設で展示されていた。2階の暗いロビーの壁際に設えられた展示ケース(4)に、土器、石器などが列んでいた。いつからおこなわれていたのかは知らないが、博物館、資料館まだなき頃の、名古屋市における歴史および考古プロパーの展示、その嚆矢であった。それは、教育館の利用者の中心すなわち学校の教員を対象にした普及、宣伝だったのかもしれない。私たちが、学校から引率されて見学したことはなかったが。

この展示には、吉田富夫や三渡俊一郎をはじめ名古屋考古学会の人たちがかかわったのであろう。1964年に発掘調査が始まった見晴台遺跡をめぐる「ひと」「もの」「こと」は、ひとり名古屋市見晴台考古資料館に継続しただけでなく、同市における歴史系博物館的実践一般、その原像の一端を担っていたのではないか。そう思わずにはいられないのである(5)             

  1. 犬塚康博「一九四五年以前名古屋の博物館発達史ノート」『関西大学博物館紀要』第10号、関西大学博物館、2004年3月31日、286頁。
  2. 同論文、285頁。
  3. 「蓬左文庫略年表」名古屋市博物館編『名古屋市移管三十周年記念 蓬左文庫名品展』、名古屋市博物館、1980年12月1日、74頁。
  4. その後この展示ケースは、仮設考古資料館、考古資料館の地下で、それと意識することなく見ていたように思い起こすが、記憶違いかもしれない。
  5. このほかに、熱田図書館がよく展示を開催していた。初代館長・服部鉦太郎の尽くすところ大きく、館報『ライブラリーあつた』でそのようすを知ることができる。徳川美術館でも歴史の展覧会を開催していた。いずれも常設ではなかった。常設としては、1970年10月31日に開館した荒木集成館が先駆である。
Share