考古学と社会教育と


▲ 『中日新聞』、1970年3月19日。


▲ 『朝日新聞』、市内版、1971年8月4日。

婦人学級から自主グループが誕生して、講義や体験学習を継続するとは、なんと理想的、模範的な社会教育実践であることか。

考古学と社会教育──。たとえば「考古学と社会教育はいかにあるべきか」という問いを立てることも思いつかないほどに、いまでは自明の両者である。社会教育法-博物館法上の学芸員を流用、濫用して、埋蔵文化財担当職員に充当してきた世俗的事情もあるに違いない。もちろん、そうでない自治体、企業があることは百も承知である。

ところで、名古屋市において、考古学と社会教育の共存が明示的になったのはいつ頃からだろうか。見晴台遺跡発掘調査で概観すると、第9次以前の報告書に「社会教育」の語はなく(1)、第10次のそれから登場する。

見晴台遺跡の調査を、一方では科学的な調査研究の場としていくとともに、他方では多くの市民に支えられた文化活動・社会教育の場としていくことが強く意図されていたからである(2)

これは、名古屋市見晴台考古資料館じしんも引用しており(3)、記念碑的な一文である。これが発掘調査について説くのに対し、次は見晴台遺跡総体に言い及んでいる。

さいわい、見晴台遺跡は史跡公園として保存することが決定され、資料館の建設も予定されて、市民の社会教育と歴史教育の場として活用する方針が明らかにされている(4)

考古学と社会教育の語の存否は、奇しくも発掘調査団団長が吉田富夫の時代(第1~9次)とその後とに分かれるかたちとなった。当の吉田も、史跡公園論や博物館論を披露しながら、そこに「社会教育」の語はなかった。吉田に限らず、考古学関係者の術語に普及していなかったと言ってよいだろう。学芸員有資格者を採用するシステムが登場し、資格を取得することを目的とした個人、世代が登場して、はじめて意識されるようになってゆく。1951年に博物館法が制定され、学芸員の制度が誕生してようやく20年が過ぎる頃のことであった。

そして「社会教育」の語は、従来の考古学関係者には、役人用語ととらえられることも往々にしてあった。さらにこの傾向は、学芸員として行政に内在した考古学研究者にも、こののち散見することになってゆく。これは、ひろく博物館一般に見られる、「研究」と「教育」の対立に通じる問題群、その一端と言うことができるが、別の機会に考えてみたい。

それはさて措き、吉田富夫と蓬左グループ。考古学と社会教育が、たがいをよく知ることがなくても、おおきな物語─たとえば国民国家のような幻想─のもと無自覚にあったからこそ築きえた理想的、模範的関係。とりあえず、そのように記憶しておこう。

  1. 名古屋市教育委員会編『見晴台遺跡第I・II・III次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1966年3月25日、1-72頁、同編『見晴台遺跡第IV・V次発掘調査概報』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日、1-58頁、『名古屋市南区見晴台遺跡第IX次発掘調査の記録』、見晴台遺跡発掘調査団、1971年10月1日、1-13頁。
  2. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、1頁。
  3. 『─第20次記念─見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』、名古屋市見晴台考古資料館、1981年7月20日、28頁。
  4. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、15頁。
Share

岡本俊朗

その人、岡本俊朗が逝って30年。

写真は、岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記-日本考古学の変革と実践的精神-』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、1-588頁、が刊行されたときの新聞報道。

※Windowsは、下の写真を左クリックして表示される写真上で右クリックし「画像だけを表示(I)」を選択、表示される画像上のルーペ+印カーソルを左クリックすると大きな画像が表示されます。記事中の刊行会連絡先は現存しません。頒布もしていません。


▲毎日新聞 1980年8月3日以前


▲中部讀賣新聞 1985年8月3日(土)市内版


▲朝日新聞 1985年8月12日(月)夕刊


▲中日新聞 1985年8月26日(月)県内版

Share

10・25

1969年10月25日。

そのときはまだ、「目で見る名古屋の文化史展」最終日前日の土曜日でしかなかった。

そのときはまだ、考古学関係の新聞切り抜きのひとつにすぎなかった。

その約2ヶ月前、見晴台遺跡第8次発掘調査の終盤、台地斜面に設けたトレンチで、意気込んで深掘りに汗する人がいた。その人がこの日、平博に突入したということを、わたしが知るのはずっとあとのことであった。

Share

目で見る名古屋の文化史展

吉田富夫は書いた。

私の収集は、小学校5~6年のころ、コインを親からもらうのを楽しみとすることにはじまる。そして中学に進んで、歴史の時間に、尾張国分寺の跡が矢合にあって、当時の古瓦が出ることを聞いて、実地に臨むと、破片が落ちていて、これを手にしたのが、考古学に足を踏み入れたはじめである。
その後その熱がこうじて、昭和2年に愛知県史蹟名勝天然記念物展覧会が開かれると、その出品物からいろいろな遺跡を知り、実査する日が多くなり、中学を卒業すると親に無理を言って、あこがれの京都帝大で浜田青陵博士の許で学習するようになり、家庭の事情で三年後帰郷すると、間もなく東京の森本六爾氏に知られ、当時新しく発見した西志賀貝塚を発掘調査した結果を、東京考古学会の「考古学」に発表して、同人に推薦された(1)

吉田の考古学のはじまりを知ることのできる、数少ない文章のひとつである。『吉田富夫コレクション(2)』でも引用した。家族、学校、展覧会、大学と、世界が拡大してゆくようすがわかる。事後的に吉田が、そう整理したものであってもよい。説得的である。就中、1927年5月、松坂屋で開催された「愛知県史蹟名勝天然紀念物展覧会」のくだりは、ミュージアム・スタディーズの観点からたいへん興味深い。

いまは、多様なテーマの展覧会が、全国各地で日常的におこなわれている。しかし当時はそうでなく、好むテーマの展覧会に観客が接することは困難だったに違いない。展覧会が、いつどこで開催されるか。つまり、観客の年齢や観客の居住地から会場へのアクセスといった具体的な条件、制約が、観客の人生に正負作用したであろう。結果論とは言え、多感な15歳の時に、自分の住む町で、吉田がこの展覧会に出遭ったのは奇蹟と言うよりほかはない。

卑近で想い起こされるのは、「目で見る名古屋の文化史展」である。1969年10月1日から26日にかけて、名古屋城天守閣を会場にして開催された。主催は、名古屋市教育委員会、名古屋市、名古屋城振興協会、中日新聞、名古屋タイムズ社、愛知県博物館協会。縄文時代から明治までの文物が多数出品された。同展の解説書『目で見る名古屋の文化史展(3)』に稿を寄せる吉田富夫、佐々木隆美、豊場重春、岡本柳英、市橋鐸、林董一、磯谷勇、坪井忠彦、舟橋寛治らのキュレーションによるものであったと思われる。少なくとも考古資料は、吉田のそれであったことは間違いない。

展覧会の光景は憶えていない。吉田が体験したような地理的拡張は、すでに図書などで果たしていたから、展覧会の私に及ぼすところではなかったように思う。「実物を見た」ということに尽きるだろう。その10年と半年後、展示された考古資料の多くを手にしておこなう仕事に就くとは、誰が想像しただろう。

吉田富夫にとっての「愛知県史蹟名勝天然紀念物展覧会」が、私にとっては「目で見る名古屋の文化史展」であった。

  1. 吉田富夫「私の考古学的収集」『集成館パンフレット』No.4、荒木集成館、(1971年6月)、1頁。
  2. 名古屋市博物館編『吉田富夫コレクション』、名古屋市博物館、1982年4月29日、1-62頁。
  3. 名古屋市教育委員会編 『目で見る名古屋の文化史展』、名古屋市教育委員会、1969年10月1日、1-43頁。
Share