「古代の志段味に関する覚え書き」

28年前に書いた「古代の志段味に関する覚え書き-野田鎮夫氏採集の円面硯4例」のPDFファイルを、「About me」で公開。

冒頭の章で、わたしは次のように書いた。

またこれは、現在的な動機をも促すものである。現在、志段味地区では特定土地区画整理事業を前提とした、埋蔵文化財の発掘調査が実施されているが、この調査はもっぱら行政的な動機で行なわれているものである。学術的な遺跡の評価が必要であることは言うまでもないが、近い将来、この遺跡が遺跡公園として整備・活用される計画のあることを考える時、この評価の作業は調査と併行して今から進められるべきであると考えた。こうした観点から、今私が考え得る限りの事柄を「覚え書き」として整理することを通して、まずは今後の調査に対する予察とすることと、引いては公園のイメージ策定のための検討材料とすることをも期待したものである(1)

この論文は、名古屋市教育委員会の「この遺跡を中心にした史跡(遺跡)公園等の構想について、近いうちに明らかにしてゆきたい(2)」という言明に、正しく呼応している。そして、より原理的に、「天白・元屋敷遺跡の豊かさ」を継承発展し、「天白・元屋敷遺跡の幸せ」を希う作業であった。

  1. 犬塚康博「古代の志段味に関する覚え書き-野田鎮夫氏採集の円面硯4例」『名古屋市博物館研究紀要』第9巻、名古屋市博物館、1986年3月30日、74頁。
  2. 名古屋市見晴台考古資料館編『天白・元屋敷遺跡発掘調査報告書』、名古屋市教育委員会、1985年7月1日、3頁。
Share

犬塚康博「古墳研究の精神史─1970年代名古屋から眺める」

近作出来。乞うご一読。

要旨 考古学研究は、この半世紀を見渡しただけでも、発掘調査の件数、出土遺物の件点数、関連図書の出版点数など、その物質性において増長していることは、あらためて言うを俟たない。それは、国家独占資本主義の反映であり、主体的には、職業考古学研究者人口の増加がこれを物語っている。では、その精神性はどうか。本稿は、名古屋の考古学における、吉田富夫、伊藤禎樹、三渡俊一郎らの古墳研究を対象にして、赤松啓介やV.G.チャイルドらの理論を参照しながら、1970年代と現代とを観望してみた。その結果、近代的地域研究から封建的郷土研究への再帰的到達が仮説されるところとなった。それは、「ブルジョア科学の観念化、神秘化、反動化の傾向」(赤松啓介)と言うことができる。グローバリズムのもとでおこなわれる、「お国自慢」と歴史修正主義とを特徴とする現状は、1930年代の再来のようである(1)

内容
1. はじめに
2. 歌謡と古墳研究
 1) 吉田富夫の場合
 2) 伊藤禎樹の場合
3. 神話と古墳研究
 1) 吉田富夫の場合
 2) 三渡俊一郎の場合
 3) 行政─職業考古学研究者の場合
4. おわりにかえて──「お国自慢」と封建的郷土研究
 1) 吉田富夫の反「お国自慢」
 2) 現在の「お国自慢」
 3) 封建的郷土研究

  1. 犬塚康博「古墳研究の精神史―1970年代名古屋から眺める」『千葉大学人文社会科学研究』第29号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年9月30日、176頁。
Share

『志段味の古墳を見て歩こう!』

『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、18頁。
▲ 『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、表紙。

「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討(1)」で引用した、『志段味の古墳を見て歩こう!』の大久手3号墳、同4号墳に関する記事(2)

  1. 犬塚康博「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討」『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、228-236頁。
  2. 『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、表紙・18頁。
Share

戸坂潤

 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)
▲ 戸坂潤「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」のブルーコピー(1972年)

過日刊行された『伊勢湾地域古代世界の形成』に、次のようにある。

この運動の過程で昭和堂クラブと呼ばれる市民の学習会を催す。昭和堂書店を会場に岡本俊朗君、桜井隆司、犬塚康博君たちと戸坂潤の『日本イデオロギー論』などを輪読したのを憶えている(1)

『日本イデオロギー論』は記憶にないが、「科学の歴史的社会的制約」「科学の大衆性」は憶えているし、そのときのブルーコピーがいまも手許にある。『イデオロギーの論理学』のなかの二章で、齋藤宏さんが用意された。この学習の成果が、「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―(2)」である。

このほかに、フリードリヒ・エンゲルス『猿が人間になるにあたって労働の役割』、考古学研究会編『新しい日本の歴史』を読んだ。

なお、『イデオロギーの論理学』は以下で読める。
青空文庫
Kindle版

  1. 伊藤禎樹「あとがきにかえて―わたしの考古学」伊藤禎樹『伊勢湾地域古代世界の形成』、株式会社アットワークス、2014年3月20日、375頁。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学―「職人の考古学」←→「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!―」伊藤禎樹・犬塚康博・岡本俊朗・小原博樹・斎藤宏・桜井隆司・村越博茂・安田利之『見晴台と名考会に関する問題提起-その2』、1972年11月26日、4-13頁。
Share

「大衆の考古学」を生きた人

この正月、「1970年代初頭―1972年だったと思う―、秀吉の朝鮮出兵に関する批判的な内容のプリントを抱え、小原さんは私の前にあらわれた(1)」と書いた。暮れ、年賀欠礼状に接して、1ヶ月ほどした頃のことである。このとき、「秀吉の朝鮮出兵に関する批判的な内容のプリント」は手もとになく、記憶にあるだけであった。

これがそれであろうか。1972年11月の日付から、見晴台遺跡第10次発掘調査のあとで、11月26日おこなう予定の、2回目の「名考会と見晴台に関する問題提起」の打ち合わせの際に持参されたものと思う。ちょうど41年前のいま頃である。多少、時間の誤差はあるかもしれない。補足すれば、発掘調査ですでに会っているため、このプリントを抱えて現れたときが初対面ではない。あるいは11月以前に、別のプリントを抱えて現れていたかもしれない。定かでないが、いずれにしても1972年のことである。

小原は考古学と朝鮮問題を併行させていた。やがて考古学は後景化するが、課題の中心や重心が、考古学から別の問題に移ってゆくことがあったとしても、それは「大衆の考古学」の立場からすれば、延長あるいは変差として理解可能である。次の定義が、このことを支持する。

西欧帝国主義のアジア・アフリカ人民の抑圧政策のなかで生まれた排外主義的性格、暴虐的な天皇制ファシズムに屈服し、日本文化の中の朝鮮的性格、沖縄的性格、アイヌ的性格を抹殺し、多くアジアの人々への犯罪的行為=侵略戦争へ加担していった日本考古学を、正しく綜括し、発展させていく内容が、「大衆の考古学」である(2)

日本史・世界史を、考古学に内在させる「大衆の考古学」は、それゆえ常に外部に開かれている。外部を内在しているのである。考古学から逸脱する契機を内在するということであり、無限の自己言及性を有することを意味する。考古学の解体をはらむ考古学である。だから小原が、「いつしか見晴台とは疎遠になってしまった(3)」あとも、彼に考古学の匂いや色を私が感じ続けたのは、小原がむかし考古学をしていたからではなく、ずっと「大衆の考古学」を生きていたからだと思う。

思想家や、理論家や、研究者を、ある種、蔑むまなざしの持ち主だった小原は、それゆえにキュートでナイーブだった。彼のなすレジュメ、プリント、ビラ、エトセトラ、活動家のそれではなかった。それでいて、小原の筆跡になるものの多いことにいまあらためて気づく。活動家っぽくない活動家。追悼してもしきれぬが、ひとまず小原の話題を積極的にすることは了おうと思う。いいかな?

合唱。



  1. 追悼 小原博樹さん」『ore nest : blog』、2013年1月2日。
  2. 「見晴台発掘と僕達の考古学─「職人の考古学」↔「趣味の考古学」を止揚し、「大衆の考古学」を創造しよう!─ 」伊藤禎樹、犬塚康博、岡本俊朗、小原博樹、斎藤宏、桜井隆司、村越博茂、安田利之『名考会と見晴台に関する問題提起─その2』、1972年11月26日、13頁。
  3. 小原博樹「韓国、朝鮮問題、差別撤廃運動と岡本さん」岡本俊朗追悼集刊行会編『岡本俊朗遺稿追悼集 見晴台のおっちゃん奮闘記─日本考古学の変革と実践的精神─』、岡本俊朗追悼集刊行会、1985年8月2日、179頁。
Share