なにこれ、歴史の里?

●
▲ 『朝日新聞』、1969年5月20日(部分、一部改変、画像クリックで別枠オープン。)※大きな画像

古い新聞切り抜きを見ていたところ、「古墳群に大娯楽施設」の文字の踊る記事(1)が視野に飛び込んできた。ちょうど、「上志段味の古墳群に「歴史の里」という娯楽施設をつくるということもあって(2)」と講演したところであり、余計に印象深く、紹介することにした次第。

市長のコメント、「古墳だけでは人が集まりにくいので、施設をつくるようにした」は既視感がある。歴史の里も集客大前提の施設(ハードウェア)であり、さらに事業(ソフトウェア)も企てられる。基本的には、この市長と同じ思想「古墳だけでは人が集まりにくい」のあることが透けて見える。

「このままほうっておくより、多くの人に見てもらった方が文化財保護の関心も強まるのではないか」とは、皮肉であった。放っておかずに大娯楽施設計画をたてたら、文化財保護運動が起きて、関心が強まったからである。この発想は、意識を高めるために弾圧するというのに等しい。

それはさて措き、放っておいたのは誰かで、同市の文化財保護行政の怠慢であろう。市長としての自己反省がここにはない。歴史の里も、これと基本的に変わらない。放っておかずに歴史の里を作り、文化財保護の関心を強める、というコースである。この場合は、弾圧ではなく、生かす権力となる。

しかし、集客主義、観客至上主義は、演者を酷使する。サーカスなら動物を、歴史の里なら古墳を。視野狭窄的に、近視眼的に、刹那的に、いまこのときのためだけに消尽しようとする。上意下達、自己中心の官僚的な文化財保護は、葬送されてしかるべきである。

「原形保存か観光か」の設問はいかに。歴史の里では、原形保存よりも原形破壊が志向されている。志段味大塚古墳の復元造成然り、東大久手古墳の発掘体験然り。そして、観光である。歴史の里は、「原形保存か観光か」ではなく「原形破壊も観光も」というポストモダン戦略が敷かれていることになる。

記事は、あらためて言うまでもなく、高松市にある国指定史跡石清尾山古墳群が、県、市、民間による娯楽施設開発により危機的状況を迎えていた問題をあつかったもの。石清尾山古墳群守る会が結成されて、全国的な保存運動が展開され、古墳群の破壊はまぬかれ、現在は古墳群を活かした高松市峰山公園が経営されている。ただしそれは、歴史の里のように、古墳群を酷使しはしない。諸施設とは棲み分けられて、しずかに「永遠」の眠りに就いている。

  1. 「史跡 原形保存か観光か/古墳群に大娯楽施設/高松市石清尾山/文化人らは非難の声」『朝日新聞』、1969年5月20日、14面。
  2. 「志段味の遺跡をたずねて」、2015年6月10日。
Share

「天白・元屋敷遺跡の豊かさ」

28年前の1986年10月に書いた「天白・元屋敷遺跡の豊かさ」のPDFファイルを、「About me」で公開しました。ここからもリンクしましたのでご覧ください。

  • 犬塚康博「天白・元屋敷遺跡の豊かさ」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』第7号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1986年10月3日、19-26頁。

この小文では、「この遺跡を中心にした史跡(遺跡)公園等の構想について、近いうちに明らかにしてゆきたい(1)」という名古屋市教育委員会のことばを引用した上で、「天白・元屋敷遺跡の豊かさが明らかになっていればいる程、構想の中味も豊かなものになるでしょう」と期待を寄せています。しかし名古屋市教育委員会は、明言した「この遺跡を中心にした史跡(遺跡)公園等の構想」をいまもなお明らかにしていません。

ちなみに、現在上志段味に計画中の「歴史の里」は、「この遺跡を中心にし」ていないばかりでなく、「この遺跡」天白・元屋敷遺跡を含んでいません。

  1. 名古屋市見晴台考古資料館編『天白・元屋敷遺跡発掘調査報告書』、名古屋市教育委員会、1985年7月1日、3頁。
Share

天白・元屋敷遺跡破壊事件の根源は名古屋市教育委員会にあり

昨日、中日新聞が最初に報道した天白・元屋敷遺跡破壊事件は、公社の問題に焦点化されているが、その根源は、40年以上続く名古屋市教育委員会の文化財行政の構造的欠陥にある。

文化財保護の断絶は、天白・元屋敷遺跡破壊事件が明証する。天白・元屋敷遺跡は、上志段味に西接する中志段味の遺跡で、1979年度の名古屋市教育委員会の遺跡分布調査で初めて確認され、同委員会による発掘調査が数度にわたっておこなわれてきた。区画整理事業に際しては、「埋立保存」する旨同委員会が強弁していた遺跡である。その遺跡が、2010年から翌年にかけて広範囲にわたり破壊された。「埋立保存」の強弁をも裏切る、地山から根こそぎの破壊に見舞われたのである。

事件は、2011年6月13日付の「野田農場ホームページ/農場だより」に「土器」の記事と写真が投稿されて公然となった。筆者は、これをコメント付きリツイートしたのち、同月15日に現地で遺物を実見し撮影する。そして、13日の野田農場のツイートにリプライするとともに、遺物の写真10点をFlickrに投稿した。以後、事業主体と名古屋市教育委員会とのあいだで折衝がはじまり、前代未聞の「遺物回収作業」ほかの調査にいたる。

天白・元屋敷遺跡は、『志段味古墳群』刊行にいたるまでの数年間、数多関係者が繁く過ぎったであろう地区にある。しかもそれは、上志段味の古墳群と歴史社会的に密接な関係が予想されもしてきた。さかのぼれば、名古屋市教育委員会史上初となった遺跡分布調査の最初のひとつが守山区だったのは、志段味・吉根地区の特定土地区画整理事業を想定していたからである。その象徴的な成果が、この遺跡―最初の名称は中志段味A遺跡―の発見であった。それを、根こそぎ破壊したのは、文化財保護の断絶、否定、破壊と言わずして何と言おう。畢竟、『志段味古墳群』は、天白・元屋敷遺跡破壊と一対だったのである(1)

『歴史の里』のおためごかし、天白・元屋敷遺跡破壊事件という現実──。

たとえば、『志段味古墳群』と天白・元屋敷遺跡破壊とが一対であったことが、断絶されたサンプルであることを「歴史の里」に強いるであろう。これが初めてではない。今日の見晴台遺跡の端緒たる1971年の史跡公園計画もまた、1972年の桜本町遺跡破壊、1974年の六本松遺跡破壊と一体であった。文化財保護の厚遇/冷遇という南北問題が、隣接して発生した共通も指摘しておこう。見晴台と「歴史の里」の意味は、冒頭に記した「調査され破壊され尽くした累々たる遺跡」、ひとこと「断絶」に還元されるのである(2)

  1. 犬塚康博「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討」『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、2232頁。
  2. 同論文、233-234頁。
Share

八月の思ひいで

Share

古墳、サブカル、ポピュリズム

『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』と『歴史の里/志段味古墳群』。
▲ 『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』と『歴史の里/志段味古墳群』。

左は、過日引用した『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳(1)』。右も、先月発行されたばかりの『歴史の里/志段味古墳群(2)』。本文縦組み/横組みの違いはあるが、A5判、16頁、ホチキス中綴じ、オールカラーが共通する。対象が古墳であること、キャラクターを用いる点も同然である。

一時期アートマネジメントが流行し、その後どうなったか知らないが、なるほど、ふたつのパンフレット相似の背景に、古墳マネジメントのようなものの存在を強く感じる。それには、考古学の方法論のひとつ形態学的想像力を動員するまでもない。古墳の「保護活用」と言うよりは、マーケチング、マネジメント等々商売であり、グローバリゼーションと封建制の結合の産物と言える。

形式は無論のこと、内容もステレオタイプの物語であり、ここには構造しかない。古墳のサブカルチャー化である。

「いま、古墳はブームである」と唱えて、古墳をもてあそぶ宗教じみた騒ぎがある。それは、自然発生的にブーム化しているのではない。行政とその外郭による仕掛けに、人々がかかり(かかったふりをし)、動員されている(されたふりをしている)にすぎない。行政と外郭の自走化、保身化、持続化のための、ポピュリズム、トンデモである。

このサブカルチャー(さらにはポップカルチャー)の、決してカウンターカルチャーでないところが味噌である。サブカル古墳は、生権力のための官製ツールなのだ。

これは考古学ではない。博物館(収集保管、調査研究、公開教育)でもない。

  1. 豊橋市文化財センター編『馬越長火塚古墳群と穂の国の古墳』、豊橋市文化財センター、2014年3月16日。
  2. 『歴史の里/志段味古墳群 』、名古屋市教育委員会文化財保護室、2014年3月。
Share