吉田富夫忌

その日私は、名古屋考古学会の定期大会にゆき、最新刊の『古代人』の記事と吉田富夫の欠席に異変を感じた。しかし、それ以上に思うことは何もなかった。出席の人の多くがそうだっと思う。

さて、本会発足以来会長として発展のため御尽力いただきました吉田富夫氏に11月より会長をやめていただきました。まことに残念なことではありますが、同人会にて数次にわたり討論しての結果ですので、会員各位におしらせ致します。
その理由は「見晴台遺跡発掘団」の性格が同人会の問題となりました。すなわち名古屋市教育委員会社会教育課は名古屋考古学会へ見晴台遺跡の発掘を一度も依頼したことはなく、名古屋市文化財調査委員の吉田富夫氏へ団長を依嘱したと言明しており、吉田氏自身もまた10月の同人会でその通りであったと證言せられた。すなわち名古屋考古学会が見晴台遺跡の発掘には一度も参加したことはないという解釈であります。これにより、当会は吉田会長により無視されていたという事実がはっきりしました。かかる誤解は吉田氏が会長である限りづっとつづき、無用の混乱をまねきますので会長の地位をさっていただいたわけです(1)

その日、奥さまが帰宅されると、ご主人は亡くなっておられた。奥さまはどうしてよいかわからず、隣家に助けを求められた。隣人は、そのままにして連絡されるようすすめた。

(筆者はさる21日に死去した市文化財調査委員吉田富夫氏、本稿は同氏の絶筆である)(2)

11月25日から翌年3月20日にかけて、『中日新聞』市民版の題字下に「遺跡ここかしこ」が100回連載される。主なきまま。

昨年の11月21日、定期大会を名古屋市瑞穂図書館で盛会裡に終了したが、同日夕刻元吉田富夫会長が急逝されたことを翌日知らされ、思いもかけぬ悲しみであった。23日午後2時、自宅で告別式があり多数の会員、同人がお別れに集り、会も御仏前を供えた。
本号では故人と永い御交際のあった北村斌夫先生におねがいをして故人の面影を綴っていただいた。吉田先生の御冥福を祈る(3)

みんな、イントラ・フェストゥム(木村敏)だったのだ。

8年後には見晴台考古資料館を見られたのに。
6年後には博物館が見られたのに。

  1. 三渡俊一郎「事務局だより」『古代人』第21号、名古屋考古学会事務局、1971年11月20日、14頁。
  2. 吉田富夫「遺跡ここかしこ はじめに・・・」『中日新聞』、1971年11月25日。
  3. 三渡俊一郎「事務局だより」『古代人』第22号、名古屋考古学会事務局、1972年2月20日、27頁。
Share

二つの写真

前回触れた、『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』の表紙・裏表紙(1)の写真は、40年以上にわたり見慣れてきたものである。荒木実、伊藤禎樹、大参義一、丹羽博各氏の姿が見え、私もいる。

ところで、見学会の写真には、公になっているものがもう一つある(2)

▲ 「市民見学会風景」『─第20次記念─見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』、名古屋市見晴台考古資料館、1981年7月20日、28頁。

見学会は、この日の午前、午後の2回おこなわれており、アングルの異なる二つの写真が、同じときのものか、別のときのものか、これまで特に気にすることはなかった。

今回、あらためて比較した結果、同じときのものであることがわかった。手がかりは、座る男子生徒a・bと立つ白いワンピースの女性cである。男子生徒dも同一人物と思われ、左の写真では立っているが、右の写真ではaの隣で中腰でしゃがんでいる。場所を移動した、あるいはこれから移動するがゆえの、落ち着かない姿勢と思われる(比較写真参照)。

『─第20次記念─見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』を編集したのは、同館職員の岡本俊朗であった。彼の視線が、この写真のどこに注目していたか、とてもよくわかるのである。

  1. 『見晴台遺跡第10次発掘調査の記録』、見晴台遺跡第10次発掘調査団、1972年12月1日、表紙・裏表紙。
  2. 「市民見学会風景」『─第20次記念─見晴台遺跡発掘調査のあゆみ』、名古屋市見晴台考古資料館、1981年7月20日、28頁。
Share

名古屋市教育館の展示

名古屋市教育館の展示 1969年

名古屋市博物館は1968年計画、1977年開館、名古屋市見晴台考古資料館は1971年計画、1979年開館である。これ以前、「大都市」名古屋に歴史系博物館はなかった。

「一九二〇年代後半、名古屋市は「大正天皇即位記念」「市民の精神統一」を掲げて史伝参考品陳列館設置を計画し、募金活動も進めたが実現していない(1)」。「一九三〇年頃、名古屋商工会議所による名古屋博物館計画や、名古屋郷土会による郷土博物館計画が登場する(2)」が、それ以上のものとはならなかった。

敗戦後の1950年4月、「塚本名古屋市長と徳川義知黎明会々長との間で文庫の購入契約結ばれ(3)」て開設された蓬左文庫は、博物館ではなく図書館であった。1930年に宮内省から下賜された離宮すなわち名古屋城は、翌年から公開され、国宝(のちに重要文化財)を擁し、戦後はそれ自体が特別史跡、名勝となるが、これを歴史系博物館とい言うには未分化であった。戦後、復元天守閣で歴史の展示を催したり、焼失した天守閣の跡地から出土した考古資料を展示するなど、歴史系博物館の様相を呈するも、基本的性格は古美術館だったからである。このように名古屋市は、1970年代後半まで歴史系博物館を自ら実現できずにいた。

そうした博物館以前、資料館以前、名古屋市教育館で見晴台遺跡の出土遺物が、小規模ながら常設で展示されていた。2階の暗いロビーの壁際に設えられた展示ケース(4)に、土器、石器などが列んでいた。いつからおこなわれていたのかは知らないが、博物館、資料館まだなき頃の、名古屋市における歴史および考古プロパーの展示、その嚆矢であった。それは、教育館の利用者の中心すなわち学校の教員を対象にした普及、宣伝だったのかもしれない。私たちが、学校から引率されて見学したことはなかったが。

この展示には、吉田富夫や三渡俊一郎をはじめ名古屋考古学会の人たちがかかわったのであろう。1964年に発掘調査が始まった見晴台遺跡をめぐる「ひと」「もの」「こと」は、ひとり名古屋市見晴台考古資料館に継続しただけでなく、同市における歴史系博物館的実践一般、その原像の一端を担っていたのではないか。そう思わずにはいられないのである(5)             

  1. 犬塚康博「一九四五年以前名古屋の博物館発達史ノート」『関西大学博物館紀要』第10号、関西大学博物館、2004年3月31日、286頁。
  2. 同論文、285頁。
  3. 「蓬左文庫略年表」名古屋市博物館編『名古屋市移管三十周年記念 蓬左文庫名品展』、名古屋市博物館、1980年12月1日、74頁。
  4. その後この展示ケースは、仮設考古資料館、考古資料館の地下で、それと意識することなく見ていたように思い起こすが、記憶違いかもしれない。
  5. このほかに、熱田図書館がよく展示を開催していた。初代館長・服部鉦太郎の尽くすところ大きく、館報『ライブラリーあつた』でそのようすを知ることができる。徳川美術館でも歴史の展覧会を開催していた。いずれも常設ではなかった。常設としては、1970年10月31日に開館した荒木集成館が先駆である。
Share