中志段味・湿ケ遺跡の狐塚

「中志段味B遺跡周辺遺跡等分布図 」
▲ 「中志段味B遺跡周辺遺跡等分布図(1)」(部分)

狐塚は、大字中志段味湿ケ2013番地。

▼野田一三さんの奥さんが、1957年頃にこの土地を購入した際、前所有者が10年程「地租」を滞納していた事が解かり、不審に思って調べられた。
▼それによると、昔「狐塚」と呼ばれたとても大きな塚があって、上志段味の方の人が子供を戒める時に「狐塚に捨てるぞ」と言ったように、昼中でもうっそうとした森だったという。
▼明治年間、県道多治見線の拡張時に、この塚を崩して軌道の盛土にした。この時、「土器や刀や槍(鉄でできていたものは錆びていた)」が沢山出土した。地元では、これは墓ではなく、小牧山の戦の時、武士を棄て百姓になった人達が、武器を隠した場所と考えていた。その後、軌道から外れた部分の土地を字の所有とし、青年会が耕作権を持っていた。そして、ここでお日待ちやその他の祭をしたという。
▼戦後、青年会が実質的に機能を停止した後は、個人が所有?又は借用?していたらしい。
▼出土品は、諏訪神社の社務所にあると聞いていたので調べてみたがそれらしいものは無かったとの事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼江戸時代、1792(寛政4)年の村絵図(財団法人徳川黎明会蔵)には、「狐塚」という字名が見られる。現在はない。
▼1888(明治21)年の「土地整理図」によれば、字湿ケ2013–1番地と2013–2番地にかけて、不整円形の区画が見られる。県道多治見線の軌道予定線が引かれており、破壊直前の図面と思われる。
▼「まず、湿ケの塚は、県道多治見線にかかったため、明治年間に壊されている。その際出土した土器と刀の鍔を、地元の青年団が保管したが、紛失してしまったという(野田実さんの話による)。」(岡本正貴1983 「守山区の古墳」)

【参考文献】
○岡本正貴1983 「守山の古墳」
(『もりやま』第2号 守山郷土史研究会(2)

  1. 『志段味の歴史を見て歩こう!』、志段味の自然と歴史に親しむ会、1984年、13頁。
  2. 同書、12頁。
Share

天白・元屋敷遺跡の「びぎゃあてん」

●
▲ びぎゃあてんのマウンド(赤色▲)撮影方向。数字は写真番号と同じ。

連載記事「天白・元屋敷遺跡の範囲」では、名古屋市守山区中志段味字東海道の西半にあたる「びぎゃあてん(弁財天)」について何度か触れた。そこでは、地図と空中写真による検証であったが、若干の地上写真が見出されたため紹介しておきたい。

写真は、耕作地のなかにあった土の高まり(マウンド、写真赤色▲)を多方向から撮影したもので、1985–1986年冬の記録である。このマウンドの性格は不明だが、状況から人工の構築物であることは明らかで、「塚」の可能性を考慮して撮影した。当時、この付近がびぎゃあてんと呼ばれることを知らず、「天白・元屋敷遺跡の範囲」で考察したような認識に到っていない段階での観察のため、マウンド周囲への配慮はおこなわれていない。しかし、偶然おさめられた周囲の景色に、びぎゃあてんのようすをかいま見ることができる。注意されたことを、以下に記す。

写真1:マウンドを南方から見る。撮影場所側の水田に比べて、マウンドの向こうが若干高く荒れ地、畑になっている。左の草むらの奥に字東海道の塚と字宮浦の塚があり、左後方に「うじがみやぶ」のクロガネモチの巨木が見える。

写真2:マウンドを南東から見る。マウンドの左側が水田、右側が畑になっている。左後方に字宮浦の微高地が見える。

写真3:マウンドを東から見る。マウンドの左側が水田、右側が畑になっている。左後方の建物は守山高校。

写真4:マウンドを北東から見る。畑の向こう(南)とこちら(北)が水田となっていて、びぎゃあてんの土地利用は入り組んでいた。正面遠方の建物は守山高校。

写真5:マウンドを北から見る。マウンドのむこう(南)は水田だが、さらにそのむこうは耕起された畝が見え、畑のようである。正面に鉄塔がみえる。

写真6:マウンド付近から南東、字寺林の方面を見る。

Share

天白・元屋敷遺跡の塚(5)

字東海道の塚(西から見る。正面遠方に見えるのは高座山。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)
▲ 字東海道の塚(西から見る。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)

●
▲ 字東海道の塚(北から見る。1985–1986年冬撮影。)

字東海道、通称びぎゃあてんにあった塚。「天白・元屋敷遺跡の塚(2)」の写真の③と④。字宮浦の塚と近接して3基あったことになる。現在は存在しないが、跡地はあるものと思われる。

Share

天白・元屋敷遺跡の塚(4)

字宮浦の塚(南から見る。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)
▲ 字宮浦の塚(南から見る。1985年4月14日、三浦明夫氏撮影。)

字宮浦の塚(西から見る。1985–1986年冬撮影。)
▲ 字宮浦の塚(西から見る。1985–1986年冬撮影。)

字宮浦の塚(南東から見る。1985–1986年冬撮影。)
▲ 字宮浦の塚(南東から見る。1985–1986年冬撮影。)

字宮浦の塚。「天白・元屋敷遺跡の塚(2)」の図の
野田農場のビニールハウスの南側農道に接してあった。現在は取り除かれて存在しないが、跡地は残っている。

Share