堀越町遺跡発見44年

堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場
▲ 堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場

名古屋市西区の堀越町遺跡(1)が発見されたのは、44年前のきょう。東洋レーヨンのグランド入り口内側でおこなわれていた工事現場で。月曜日であった。私の人生を、少なからず左右することになる事件であった。

  1. 飯尾恭之・犬塚康博「名古屋市堀越町遺跡調査概報」『古代人』第24号、名古屋考古学会、1972年9月15日、13-22頁。
Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です