2015年3月

2015年3月30日

岸雅裕忌

Posted by fische in Homage

2012年3月30日逝去。

Share
2015年3月29日

犬塚康博「朝日遺跡の精神史」

Posted by fische in History, Theory

新しい論文、「朝日遺跡の精神史」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第30号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2015年3月30日、178–187頁、を発表しました。

要旨 愛知県清須市の朝日遺跡は、1968年の貝殻山貝塚と検見塚の愛知県史跡指定、1971年の大規模破壊–保存運動–貝殻山貝塚の国史跡指定、以後長期にわたる発掘調査を経て、2012年に出土品の国重要文化財指定を見た。この遺跡をめぐって、人びとは何を欲望したのか。遺跡名の変遷と、それにかかわる言説をとおして、この問題を検討した。特に1971年の大規模破壊と保存運動で、人びとの観念は、「貝塚」から「遺跡」への転換を果たし、「群」ならびにその論理的必然たる「全面」を獲得する。これにしたがい、遺跡の全面保存が叫ばれたが、一部の国史跡指定に結果した。保存運動の終焉によって、「全面」は保存から調査へと、自己実現の場を移してゆく。調査の「全面」は、行政–職業研究者の占有するところとなり、今日を迎えている。これを自賛する政治が、出土品の国重要文化財指定であった。では、「保存」はいかに。本稿は、この課題を爾後へ提出した。(1)

内容
1. はじめに
2. 朝日遺跡の名称
1) 朝日貝塚、朝日貝塚群
2) 朝日遺跡群
3. 「朝日遺跡群」の検討
1) 前史
2) 後史
4. 「朝日遺跡」の検討
1) 文化的連続
2) 政治的断絶
5. おわりに

  1. 犬塚康博「朝日遺跡の精神史」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第30号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2015年3月30日、177頁。
Share
2015年3月26日

赤松啓介忌

Posted by fische in Homage

2000年3月26日逝去。好學洞啓居士

Share
2015年3月23日

天白・元屋敷遺跡の保存と活用を求める署名

Posted by fische in Activity, Site

字元屋敷の塚とクロガネモチの木
▲ 字元屋敷の塚とクロガネモチの木

名古屋市長と名古屋市教育委員会教育長にあてた、天白・元屋敷遺跡の保存と活用を求める署名を、志段味の自然と歴史に親しむ会が募集しはじめました。賛同いただける方は、どうぞよろしくお願いいたします。第1次集約は4月10日です。

メールによるご賛同:リンク先のページにある、送信先メールアドレスをクリックするとメールソフトが起動します。

change.orgによるご賛同:いわゆるネット署名です。

Share
2015年3月22日

29年目の『古墳と自然観察のしおり』

Posted by fische in Activity, History

●
▲ 『古墳と自然観察のしおり』(表紙、新ウィンドウまたはタブで開く

29年前のきのう春分の日、志段味の自然と歴史に親しむ会は「古墳と自然の観察会」を、名古屋市守山区上志段味で開催した。当日の天候はよく、50名の参加があった。

この日のために用意した『古墳と自然観察のしおり』は、B6判、25頁で、イラストを多用し、見学や観察の結果を書き込むワークノートである。それは、世にありがちな、演者が専門的事項を一方的に述べ垂れ、聴衆が聴講する講座・講演会スタイルを避けて、肉体的かつ共同的に参加者が学習することを旨とするものであった。ただいま、これ見よがしの古墳ブームのずっと前から、古墳と人々のコミュニケーションは、静かに確かにおこなわれていたのである。

企画制作はわたくし犬塚康博。なお、PDFファイル復刻にあたって、25頁にある、会の連絡先の、住所、郵便番号、電話番号を現在のものに改め、郵便振替番号を削除した。これ以外は、29年前のままである。

Share
2015年3月15日

天白・元屋敷遺跡の塚(3)

Posted by fische in Site

前回紹介したパンフレット『志段味の歴史を見て歩こう!』の「中志段味A遺跡」の項目から、今回も引用する。

▽尚、この他にも塚はあったらしい。
◎「才井戸流の塚(1454番地―引用者註)は、現在守山高校のプールがある所で、プール築造の際、石組みが出たという(岡島豊彦さんの話による―原註)。」

(岡本正貴1983 「守山の古墳」)

・この塚は、「明治14年調の、東春日井郡中志段味村の地図に載っていた」(岡本正貴1983 「守山の古墳」)ものとして紹介されているが、1884(明治17)年の「地籍字分全図」では既に地目は「田」となっている。

・しかし、塚はあったらしく、野田幸子さんによると、「[4–付1]と同じようなものが守山高校のプールの位置する辺りにあって、その塚にはえていた木が、整地された後もしばらくそのまま残っていた」という。

・また、吉根の河本義孝さんの言う「守山高校を作る時に字大屋敷の塚を壊したが、その塚の松の木が切れないからといわれて、お払いをしに行ったことがあった。白い蛇も出たらしい」塚は、同じ塚の事と思われる。

・但し、才井戸流1454番地は、プールではなく、グランド東南隅に当たる。      [4–付5]

(略)

【参考文献】

○岡本正貴1983 「守山の古墳」(『もりやま』第2号 守山郷土史研究会(1)

前回掲示した地図の4–5が、この塚の場所である。守山高校が出来る以前の、都市計画図や空中写真には認められない。なお、野田幸子さんの話に出てくる4―1は、字元屋敷の塚のことである。

  1. 『志段味の歴史を見て歩こう!』、志段味の自然と歴史に親しむ会、1984年、7頁。
Share
2015年3月8日

第2回天白・元屋敷遺跡シンポジウム

Posted by fische in Activity, Site

2回目の天白・元屋敷遺跡のシンポジウムが開催されます。どうぞ、ご参加ください。詳しくは、次のURLのリンク先でご覧ください。
http://shitashimu.shidami.nagoya/tem-moto.php

第2回シンポジウム 天白・元屋敷遺跡
川湊・居館・志段味城を
考古学・古代史・中世史研究から検証する

日時
2015年3月21日(春分の日・土)午後1時~4時30分

会場
中部大学 名古屋(鶴舞)キャンパス 6階大ホール
JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ
地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100m

パネリスト
考古学研究から 伊藤秋男氏
古代史研究から 福岡猛志氏
中世史研究から 青山幹哉氏

主催
志段味の自然と歴史に親しむ会
名古屋歴史科学研究会

入場無料

Share
Top