2014年12月

2014年12月28日

天白・元屋敷遺跡の範囲(1)

Posted by fische in Site, Theory

天白・元屋敷遺跡の範囲(1980年)
▲ 図1 天白・元屋敷遺跡の範囲(1980年)
天白・元屋敷遺跡の範囲(1985年)
▲ 図2 天白・元屋敷遺跡の範囲(1985年)
天白・元屋敷遺跡の範囲(2014年推定)
▲ 図3 天白・元屋敷遺跡の範囲(2014年推定)

天白・元屋敷遺跡は、1980年の分布図(図1(1))の範囲が、その後の調査成果を踏まえて修正され、1985年の分布図(図2(2))では西にやや拡張された。これにより、期せずして、現在検出中の中世居館(推定・志段味城)全体を、遺跡範囲に含むことにもなった。

一方、天白・元屋敷遺跡の東限は、字天白の微高地の東端にほぼ重ねられていて、1980年以降変わらない。しかし今回、遺跡周辺の、人道、水路、土地区画の形状、地目、土地の呼び名など人文環境を参照して検討した結果、遺跡の東限はさらに広がることが考えられるようになった(図3(3))。これによると、天白・元屋敷遺跡は、東西、南北ともに約340m、面積約90000㎡の規模を有する大遺跡であったことになる。

分布調査は、実際に現地を踏査して、地表面で確認できる遺物の種類や量で、遺跡範囲を決定する。天白・元屋敷遺跡の東側は遺物散布が希薄だったため、遺跡範囲から脱落したものと想像される。しかし、地表面の観察だけで、遺跡の存否が決定できるわけではない。

(つづく)

  1. 『名古屋市遺跡分布図(守山区)』、名古屋市教育委員会、1980年3月、表面(部分)。
  2. 『名古屋市遺跡分布図(守山区)』、名古屋市教育委員会、1985年3月、表面(部分)。
  3. 『名古屋市遺跡分布図(守山区)』、名古屋市教育委員会、1985年3月、表面(部分)を改変して作成。
Share
2014年12月21日

天白・元屋敷遺跡の中世居館は志段味城である〔補訂〕

Posted by fische in Site

天白・元屋敷遺跡の空中写真
▲ 天白・元屋敷遺跡の空中写真〔加筆あり〕(クリックで広域の写真)

「天白・元屋敷遺跡考」について、以下のように補訂します。

まず、中世居館について、それまでに発表されている数値を尊重し、60m規模の場合と100m規模の場合とを考えてきましたが、筆者が空中写真で見てきた区画は、地図上で採寸すると東西約100m、南北約110mを数えることがわかりました。よって筆者は、今後100m規模のみを想定したいと思います。この数値は、東側の濠(後述)の外側での大きさになります。志段味の自然と歴史に親しむ会会報に掲載する際は、この点を修正し、改稿する予定です。

次に、掲載した「写真1 (略)下:天白・元屋敷遺跡(1)」について補足します。

赤色の点線で囲った区画が、想定した居館の輪郭です。区画の右側、縦長に白く見える部分が、濠の痕跡ではないかと思われます。

「大きな長方形状の区画の左下方に、小さい正方形状の区画が見える(2)」としたものには黄色の輪郭を記しましたが、南側がよくわかりません。

居館の西側を、旧河道が北東から南西にかけて走っています。その北東に「すいり(3)」と呼ぶ場所があり、「水利」の字をあてていますが、「砂入り」の意ではないでしょうか。だとすれば、名前が残っていることと、痕跡が明瞭なことから、比較的新しい時期(江戸時代?)の河道と思われます。

なお、この東方に「びぎゃあてん(4)」と呼ばれる場所があります。「弁財天」の字をあてていますが、大きな長楕円形の区画の中心に位置しており、これもまた何らかの施設の痕跡かもしれません。

  1. 犬塚康博「天白・元屋敷遺跡考」、2頁。(新ウィンドウまたはタブで開く
  2. 同論文、2頁。
  3. 野田美幸「中志段味の地名調べ」『私たちの博物館 志段味の自然と歴史を訪ねて』第31号、志段味の自然と歴史に親しむ会世話人会、1992年6月10日、10頁。(新ウィンドウまたはタブで開く)
  4. 同論文、10頁。
Share
2014年12月14日

「天白・元屋敷遺跡採集の磨製石斧」

Posted by fische in History, Site

27年前に発表した「天白・元屋敷遺跡採集の磨製石斧」のPDFファイルにリンクしましたのでご覧ください。

Share
2014年12月7日

天白・元屋敷遺跡の中世居館は志段味城である

Posted by fische in Site, Theory

天白・元屋敷遺跡について考えていることをまとめ、志段味の自然と歴史に親しむ会の会報に寄せるよう、11月7日に世話人の櫻井隆司さんから依頼があった。12月中の刊行予定、12月5日締め切りで、12月1日に脱稿、入稿したが、櫻井さんの了解をいただいたので、先行して本サイトで公開することとした。近日発行の親しむ会会報に掲載される予定である。

天白・元屋敷遺跡考
Consideration of the Tempaku-Motoyashiki Site

【要旨】
本稿では、最近の調査で検出されている中世居館が、これまで不確かだった志段味城である可能性を指摘するなど、天白・元屋敷遺跡を、次の諸段階に整理した。

1) 弥生時代後期後半の内乱受容における、既存の「吉根・神領の交差点」の戦略的要素に対応した東谷山山頂遺跡の形成と、天白・元屋敷遺跡における何らかの活動の形成。

2) 東谷山山頂遺跡の超絶性の定着としての、天白・元屋敷遺跡の祭祀遺跡的性格の形成と、東谷山の古墳群形成。

3) 天白・元屋敷遺跡における、寺院、官衙など政治・経済・文化的中心性の形成。

4) 中世の居館─志段味城の形成。

5) 近世・近代・現代における特殊性の後景化、普通性の前景化。(この項未定。)

Share
Top