2014年6月

2014年6月29日

「考古学の風景」開設1年

Posted by fische in Miscellanea

本サイト「考古学の風景」が開設1年を迎えました。この1年は土曜日更新を原則としてきましたが、2年目を迎えるこの6月から原則日曜日更新としています。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

Share
2014年6月22日

大久手4号墳の須恵器片

Posted by fische in Site

大久手4号墳の須恵器片(スケール上段:inches、同下段:Centimetres)
▲ 大久手4号墳の須恵器片

1981年2月14日(土)に表面採集。採集地点は、『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、18頁、参照。

Share
2014年6月15日

『志段味の古墳を見て歩こう!』

Posted by fische in History, Site

『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、18頁。
▲ 『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、表紙。

「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討(1)」で引用した、『志段味の古墳を見て歩こう!』の大久手3号墳、同4号墳に関する記事(2)

  1. 犬塚康博「経験と歴史の断絶―『志段味古墳群』の検討」『千葉大学人文社会科学研究』第28号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2014年3月30日、228-236頁。
  2. 『志段味の古墳を見て歩こう!』、住民本位で区画整理を考える会、1982年7月18日、表紙・18頁。
Share
2014年6月9日

沃野千里に眠る人

Posted by fische in Homage

2014年年6月8日
▲ 2014年年6月8日

昨夕、小原博樹さんのお墓参りをする。ご長男真史さんにあないいただき、齋藤宏さんと。

朝日遺跡群にじかに地続きの、沃野に眠っておられた。広い空、広い地面。

ずっと来なかった、あるいは二度と来なかったかもしれない朝日遺跡群。自発的に来たのは去年、40余年ぶりのこと。小原さんが呼んだからだろうか。東海の文化財を守る会、と。

Share
2014年6月8日

堀越町遺跡発見44年

Posted by fische in History, Site

堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場
▲ 堀越町遺跡発見の端緒となった工事現場

名古屋市西区の堀越町遺跡(1)が発見されたのは、44年前のきょう。東洋レーヨンのグランド入り口内側でおこなわれていた工事現場で。月曜日であった。私の人生を、少なからず左右することになる事件であった。

  1. 飯尾恭之・犬塚康博「名古屋市堀越町遺跡調査概報」『古代人』第24号、名古屋考古学会、1972年9月15日、13-22頁。
Share
Top