2014年9月21日

蛸畑遺跡〔7〕

Posted by fische in History, Site, Theory

蛸畑遺跡の「物語」は、少なくとも次の三項から成り立っている。

  • 近世の文献に記述があること。
  • 貝が出土すること。
  • 吉田富夫が関与すること。

この構造は、蛸畑遺跡が最初ではなかった。吉田が沢観音堂貝塚址(1)として紹介したものをはじめ、類例はいくつかあるが、西志賀貝塚と御塚を以下に見よう。

西志賀遺跡については、綿神社の西方に「貝塚」と呼ぶ場所のあることが『尾張名所図会』後編に記されていて、そのことを吉田が紹介している(2)。この報告以降に西志賀貝塚の前期弥生土器研究で、吉田が考古学界の第一線に登場していったことにあきらかなように、西志賀貝塚は吉田にとって記念すべき遺跡であった。紅村弘が書いた「この名所図会に記載あることは、吉田氏の父君が見出されたものという(3)」ことも考慮すると、吉田には格別の意味を持つ遺跡であったに違いない。

御塚は、『金鱗九十九之塵』巻九十に記述があること、貝が出ること、そして吉田富夫が熱心に調べていた。これに関連して、「昭和三十九年夏、沢上中学南西隅にプールを設けたとき、大量の貝殻が出たことを、同校卒業生で桜台高校生であった岡本俊朗君(今は岡山大学で考古学専攻の学生)から聞き、もしまた将来何か工事が行なわれるようだったら知らせてほしいと頼んでおいたところ、昭和四十一年七月体育館等増設工事のこと聞き、早速六日に実査した」が、江戸時代の貝塚だったため、「私はひそかに縄文の、それも古い時期のものを期待していたのに―(4)」と、落胆を隠さない吉田であった。

このように見来たるときに、蛸畑遺跡は、吉田富夫が見た最後の夢だったと言える。その最初は、言うまでもなく、正夢として始まった西志賀貝塚であった。

そして、吉田の夢をなぞる生徒たちがいた。御塚に岡本俊朗が、蛸畑遺跡に私が。構造的であるがゆえに、吉田じしんが御塚や蛸畑遺跡の虜になったように、生徒たちにもわかりやすかったのだろう。

私は、蛸畑遺跡を踏査したのちじきに堀越町遺跡に遭遇する。この遺跡は、西志賀貝塚に近く、吉田は船人夫町貝塚(5)と呼んでいた。西志賀貝塚が所在する地の一方の字名「船人作」と酷似するこの名の地の遺跡に、吉田が西志賀貝塚の夢を投影していたとしても不思議ではない。堀越町遺跡も、吉田の夢の最後のひとつだったと思うのである。

これにて、蛸畑遺跡の連載は終了するが、連載中、蛸畑遺跡について飯尾恭之氏から教示いただく好機を得た。かつて私が、『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図(6)』を手がかりに踏査した場所は台地上だが、飯尾氏が発見し吉田富夫に示した場所は低地だったとのことである。このことを当時のわたしは知らなかったため、同地図の指示する地点を現地に復しての作業であった。地図の誤差による誤解も含めて、「蛸畑遺跡」が人々にいかに伝えられ、理解されていったかという、いわば民族誌的な視点で行文してきたことを付記する。

  1. 吉田富夫「沢観音堂貝塚址」『名古屋の史跡と文化財』、名古屋市教育委員会、1970年3月1日、14頁。
  2. 吉田富夫「尾張国名古屋市西志賀貝塚に就いて」『考古学雑誌』第23巻第6号、日本考古学会、1933年6月5日、40頁。
  3. 名古屋市文化財調査保存委員会(吉田富夫・紅村弘)『名古屋市西志賀貝塚』(文化財叢書第19号)、名古屋市経済局貿易観光課、1958年1月3日、7頁。
  4. 吉田富夫「郷土の考古学入門(7)―中央部(東・中・熱田区)の巻(3)―」『郷土文化』第23巻第3号、名古屋郷土文化会、1969年3月、35頁。
  5. 吉田富夫「則武向貝塚・船人夫町貝塚」『名古屋の史跡と文化財』、前掲書、23-24頁。
  6. 『名古屋市古代遺跡・天然記念物地図』、名古屋市教育委員会、1968年3月31日。
Share
commenttrackbackRSS 2.0 • • Print

Leave a comment

:mrgreen: :neutral: :twisted: :shock: :smile: :???: :cool: :evil: :grin: :oops: :razz: :roll: :wink: :cry: :eek: :lol: :mad: :sad:  

Top