2015年9月27日

「長谷川佳隆氏と歴史の里」

Posted by fische in History, Theory

志段味の自然と歴史に親しむ会の10月例会で、「長谷川佳隆氏と歴史の里」と題してお話します。

今月末に刊行される予定の『千葉大学人文社会科学研究』第31号に投稿した論文、「遺跡と人の交通誌―名古屋市守山区大塚・大久手古墳群」の一部に基づいてお話します。論文を書いている途中で気づき、あらためて書き起こそうと思ったことのあらましも、お話しする予定です。

どうぞよろしくお願いします。

戦前、志段味村の村長を二度務めた長谷川佳隆氏は、上志段味在住の郷土史家でした。志段味村や高蔵寺町などの遺跡を調査し、所蔵品は、現在の京都国立博物館に長く預けられてもいました。上志段味の古墳をたずねる人は、必ず長谷川氏をおとずれて、説明を聞き、案内を請いました。この地域の古墳時代の社会に関する長谷川氏の所論は、ただいまの歴史の里が喧伝する理論と同型であるだけでなく、歴史の里を超越する構造をもっています。例会では、このことをおはなししたいと思います。

Share
commenttrackbackRSS 2.0 • • Print

Leave a comment

:mrgreen: :neutral: :twisted: :shock: :smile: :???: :cool: :evil: :grin: :oops: :razz: :roll: :wink: :cry: :eek: :lol: :mad: :sad:  

Top