35年前の東谷山山頂遺跡レポート

愛知県瀬戸市の東谷山山頂遺跡については、2016年の拙稿「名古屋市守山区上志段味の古墳群に関する構造的考察(1) 」で出土遺物の実測図と写真を載せました。これを書くまでは、1984年の拙稿「志段味の遺跡レポート(2) 」を、この遺跡の参考文献として掲げてきました。『新修名古屋市史』第1巻の「古墳時代(3) 」の参考文献(4) にも、書誌情報を載せています。

ところが、この「志段味の遺跡レポート」が掲載されている『AICHI MUSEO NEWS』は会員向けのミニコミ紙だったため、会員でない人がご覧になる機会は限られていました。私の手許でも長らく行方不明だったため、紹介することができませんでしたが、このたびようやく出てきましたので、画像(拙稿部分のみ)を以下に掲載します。

35年まえのきょう、刊行されたものです。

  1. 犬塚康博「名古屋市守山区上志段味の古墳群に関する構造的考察」千葉大学大学院人文社会科学研究科編『千葉大学人文社会科学研究』第32号、千葉大学大学院人文社会科学研究科、2016年3月30日、47–62頁。
  2. 同「志段味の遺跡レポート」『AICHI MUSEO NEWS』8月号、AICHI・MUSEO事務局、1984年8月10日、9–10頁。
  3. 同「古墳時代」新修名古屋市史編集委員会編『新修名古屋市史』第1巻、名古屋市、1997年3月31日、327-461頁。
  4. 「参考文献一覧」同編、前掲書、25頁。
Share